プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

2017 奥武蔵ウルトラマラソン

 
2017/06/04(Sun) Category : マラソン
本日は奥武蔵ウルトラにチャンレンジ。

この奥武は以前からコンプリートをしたいと思っていた本命の大会。
だから、今日は本当にワクワクドキドキします。

と同時に、前回の野辺山ウルトラを55キロ地点でリタイアしておりますので、その屈辱を晴らすためのレースでもある。

先週、山で痛めた右太腿の筋肉が心配なので、今日はタイムは狙わずに・・・。



会場は既に大盛り上がりです。

2017060401.jpg

因みにこの大会の特徴は、距離は78キロとウルトラにしては短めの距離ですが、高低差は恐らく国内のウルトラの中ではトップクラスで、とにかく急勾配なアップダウンをひたすら繰り返す、心臓破りなコースとなっている。

今日の僕の目標はタイムは狙わずのあくまで完走目的ではあるが
「上りでは最後まで一度も歩かない!」をメインの目標にしチャレンジすることとしました。

それでは、いざ

   スタート!


最初の20キロは麓の緩やかなアップダウン・コースを走ります。

そして、それを過ぎると本格的な峠走に入ります。

2017060402.jpg

急勾配が伝わりますかね~。
僕の表情が辛さを物語ってますね(笑)



この後、55キロ地点の折り返し地点からの復路に差し掛かると、往路とは打って変わっての下りっぱなしのコースに。

心配していた右足太腿の筋肉に違和感が・・・。

ここは大事に大事に労わりながら下る。

2017060405.jpg

何とか無事に麓に辿り着いた。

そして、無事にゴール。

タイムは8時間42分。

僕としては満足のゆく結果だ。


さ、次からはいよいよトレランのシーズン到来。

頑張るぞい!

それではまた。


SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

第23回 野辺山ウルトラマラソン

 
2017/05/21(Sun) Category : マラソン
今回は野辺山ウルトラに参加するため、ここ八ヶ岳に来ております。

この大会、知る人ぞ知る国内最高難度のウルトラ・マラソンで、僕はウルトラ・マラソン5度目の挑戦でこの野辺山に挑む。

時間は早朝5:00。

スタート会場は既に大盛り上がり!

2017052101.jpg

今日は気温の急上昇が予測されたため、急遽ですが暑さ対策のために給水所で水を含ませ易いキャップをチョイス。

何も考えずに選んだキャップには「DNF」のロゴが。

2017052102.jpg

考えてみれば、これは何だか縁起が悪いよね・・・(笑)


そして、漸くのスタート!

八ヶ岳の麓を駆け抜けます。

2017052103.jpg

雲一つない、見事なまでの八ヶ岳連峰を正面に眺めながら走ります。

空気も美味しい!

しかし、スタート場所の標高が既に1100mで、最低標高が880mの最高標高地点で1900m。

そう、空気が薄いのである(笑)



ここは25キロ地点だったかな。

2017052104.jpg

まだまだ余裕です。



要所要所で八ヶ岳が姿を現す前半のトレイル区間。

2017052105.jpg

この時は未だこの野辺山ウルトラの恐ろしさを微塵も感じることは出来なかった。



9時を過ぎた頃から急激に気温が上昇。

2017052106.jpg

暑い! 暑すぎる!

体感温度で35度はあったと思う。

50キロの関門を6時間で通過。
残りの50キロを8時間で走ればクリアだ。
しかし、この50キロ地点から55キロ地点までの、たった5キロを走るのに1時間も掛かった。
そう、余りの暑さに堪えられず、日陰のある自販機を見つけて長らく身体の火照りを覚ます。
休憩後も身体が思うように動かず。

55キロ地点まで7時間。
この後の後半には更に難所が待ち構えている。
ここへ来てペースもダウン。

どうやら、今の僕の実力はここまでのようです。

ここで、自らゼッケンを外しました。

2017052107.jpg

ロングのアスファルトに弱い、暑さに弱い。

この野辺山はしっかりと練習を重ねて出る大会でした。

また出直します。


そんなこんなの、苦~い野辺山ウルトラでした。

ではまた

SEE YOU!






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第3回 上田バーチカル・レース

 
2017/05/03(Wed) Category : トレイルラン
GWのど真ん中は、真田幸村の里、上田にやって来ております。

ズーっと気になっていた上田バーチカル・レースに参戦するためです。

2017050301.jpg

このバーチカルレース、距離は短いが、とにかく急登を延々と上る心臓バックバクのスピードレースだ。


早速、レースは始まります。

と言っても一人ずつスタートするタイムトライアル方式。

これもバーチカルレースの特徴だ。

先ずは3キロ部の男子から。

2017050302.jpg

何だかドキドキして来ますね~(笑)



お次は女性陣。

2017050303.jpg

トレイル・ガールは本当に格好良いです!



ラン仲間のKさんがスタートしました。

2017050307.jpg

2017050308.jpg

頑張れ~!!!!



僕の番が近づいております。

ドキドキ、ワクワク!

2017050304.jpg

ラン仲間のNさんとの順番は直ぐ後ろ(笑)

共に頑張りましょう!




それではイヨイヨ僕の番。

計測チップをかざして。

2017050305.jpg

いざ、スタート!

2017050306.jpg

スタートして直ぐに太郎山登山道に入る。


これが中々の急登!

写真では分かり辛いと思いますが、結構な斜度です。

2017050333.jpg

もう、心臓が飛び出そう・・・。




途中にラン仲間のOさんと。

2017050344.jpg




そして、漸くのゴール!

2017050311.jpg

タイムは1時間10分台

早い人達は40分台でゴールしてます。

スゴ!




共に闘ったラン仲間と頂上での一枚。

2017050312.jpg


いやー、本当に心臓バクバクの後半は目眩もしましたが、最高のストレス発散になりました。

ありがとう、上田。

ありがとう、バーチカル!

ありがとう、真田幸村!

2017050313.jpg

それではまた


SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

人生初の足柄峠

 
2017/04/30(Sun) Category : マラソン
週末は念願の足柄峠へ峠走の練習に。


天気は峠走を更に盛り上げる28度の暑さ(笑)



早速、見えて来ましたよ。
激坂が・・・。

2017043001.jpg


ここから延々と上り続けます。

約10キロかな・・・、最大傾斜は14%もあります。

これは流石に応えたよ。



そして、漸く足柄峠山頂へ到着。

すると金太郎の銅像が。

2017043002.jpg

なにやら、ここは金太郎伝説発祥の地らしい。


ここから見える富士山は最高のご褒美でしたよ。

2017043003.jpg


さて、それでは下山開始。

下山は上りのロードとは打って変わり、足柄古道を利用することに。

2017043004.jpg

古道なので山道です。

山道ですのでトレイルです。

トレイルですのでトレランです。

クククッ(笑)

2017043005.jpg

これのコース・パターンは中々面白い!


麓に下りたら北本駅までの緩やかな下りのロードはカッ飛ばします。


そして、昼の内に電車に乗り千葉に帰省。


今日はそんな最高な昼練でした。

2017043007.jpg


それでは また。

SEE YOU!






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

飲み友とホルモン・ミーティング

 
2017/04/27(Thu) Category : 日記
今日は飲み友達のエミさんとホルモン・ミーティング。

二日後に聾者の活動のため北朝鮮に行くとのこと。

20170427.jpg

いや~、しかし、こんなご時世に北朝鮮とは脱帽します。

エミさん、気を付けて行ってきてね!





あ、そうそう。

このところブログの更新が少なかったですが、超多忙だったのが理由です。

僕は至って元気ですのですよ(笑)

それでは

また

SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード