プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

2012横浜トライアスロン(当日!)

 
2012/09/30(Sun) Category : トライアスロン
さー、いよいよこの日がやってまいりました。

本日はトライアスロン“オリンピック・ディスタンス”の憧れのレース2012横浜トライアスロン参戦の日です。

スタート直前

場所が場所だけに物凄くお洒落で、沿道でのギャラリーも沢山い、人気の大会の理由が分かる気がした。

台風が今日、関東に上陸するようですが午前中は晴天に恵まれた。

僕は早速、トランジションエリアへと行き、バイクとランのセッティングを済ませ、既にスタートを切っている戦友の応援に駆けつける。

この大会の一番最初にスタートするウェーブは「※パラ・トライアスロン」の選手たちで、そこに僕の戦友“西のアイアンマン”ことTさんは伴泳・伴転・伴走で出場している。
※身体にハンディを待たれている選手達で行われるトライアスロン

スイム・コースに行くと、ちょうどTさんが盲人の選手を伴泳し、目の前を泳いでいた所だった。

西のアイアンマンsim


「凄いよな~、目が見えない状態で泳ぐとなると相当怖いだろうが・・・泳げちゃうんだな~」

そして、そのTさんと選手が無事スイムを終了しバイク・セクションへと移る。

西のアイアンマン

「頑張れ!」

そんな彼らの勇士を見て更なる刺激とパワーを貰う。

それでは今度は僕の番だ。

今日は悪いが爆発するぜ。

いざ

やる気スイッチを入れウェット・スーツに袖を通しスタートゲートへと進む。

因みに今日の作戦はスイムは無理をせずに従来通りのタイムで終え、次のバイクでは無理はしない程度に軽く負荷を掛け、ほんの少々タイムを縮めて最後のランで42分台で走りゴールする、徐々にペース・アップする作戦だ。


おっと時間が来たので行ってきます。

それでは


     スタート!


今日はスイムは予想外に順調だ。
何が順調かと言うと、本来ぼくの一番苦手とするスイムの序盤は体に必要以上に力が入ることにより、心拍が急激に上がりツー・ストロークで息継ぎをするのだが、この日は心拍が落ち着いていたせいでフォーストロークを半分半分織り交ぜながら泳ぎ切ることが出来た。
方向も大きくズレることなくスイムを終える事が出来た。

スイムコース

恐らくタイムは34分ではないかと思う。
ま、それでも遅い方なのだが僕にとっては上出来だ。

スイム・タイム:38分51秒 スイム順位707位


-------------------
次はバイク。

今大会のバイク・コースは直線が余りない、コーナーの多いコースとなっていて、僕のようなハムストリングの決して強くないタイプからしてみると「加速から減速、そしてまた加速」といった場面が多くなり、大変不利な状況となる。

だが、今日は違った。

尿酸値改善で体重を減らしたせいなのか、序盤からぐんぐんとペダルが回る。

これまた予想外の1時間10分台でバイクを終了。

バイク・タイム:1時間20分30秒 バイク順位275位

-------------------
そして最後のラン。

最後のランは宣言どおりの42分台を狙いにワイド・ストライドで駆ける。

日頃から時速15.5キロ練をしていた御陰で最初の5キロは疲れずクリアー。
後半の5キロは勿論息は上がったものの足は動いた。


残り2キロの所でスパートを掛ける。

心拍はMAXだが腕と足は全然動く。

そして

       ゴール!


総合タイムはリザルトが出るまでは何とも言えないが※(実はスイム・スタート時にストップウォッチを押し忘れていたのだ)最後のランのタイムは宣言どおりとは行かなかったが42分台フラットで走りきった。

ラン・タイム:42分42秒 ラン順位136位

恐らく今日は自己ベストを出せたような気がする。

総合タイム: 2時間42分05秒

       順位:276位/完走者833人中

タイム的には自己新ではなく自己2位でした。



そんなこんなの

横浜トライアスロンでした。

ゴール後


さー、来週は個人的な練習の総決算である

「ハセツネCUP」だ。

この調子でハセツネも記録更新しちゃうよ!




関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード