プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

とうとう旧友までもが、この世界に

 
2012/08/31(Fri) Category : トライアスロン
今日は代官山は「アスロニア」にやってまいりました。

アスロニア

ここに来たのは単にお買いもに来た訳ではない。

実は高校時代に同じ空手部として道場の床を磨きあった旧友と20ぶりの再会をここ「アスロニア」ですることにした。

そう、彼はトライアスロンをやりたいとFBを通して僕にアポを取ってきたのだ。



僕もここに来るのは初めてで、先ず間違いなく衝動買いをするであろうと予測をし、買い物用に2万円を余分に財布に入れての入店。

店内は何台もの超攻撃的なバイクが格好よくレイアウトされており、その他アクセサリーも充実している。

店内

待ち合わせ時間の20分前にあえて到着し、先に買い物を楽しむ。


すると、緊張した様子で恐る恐る店内に入る懐かしい顔。

とりあえずは昔話はさておき、トライアスロンの基本的なイロハを説明しながらバイクに跨がせる。

成太

何かの雑誌にこう書いてあった記憶が蘇る。

「トライアスロンをやろうと決心をし、行動をしたその瞬間、もう君はトライアスリートだ」

僕も彼にこの一文をさも自分の言葉のように送ってあげた。




ひと通り店内での用事を済まし新宿は大久保へ。

韓流居酒屋に入り昔話よりも、やはりトライアスロンの話に花が咲く。

聞くと、彼は以前からトライアスロンを気にはしていたらしい。

だが、中々踏み込めなかった理由の一つは“泳ぎ”が出来ない事と、周りの“アンチ・トライアスロン”の人達に足を引っ張られていたらしい。
(トライアスロンは金持ちの道楽だと思っている類)


そんな彼には3点のことを説明した。

一つは本人が気にしていたとおり、トライアスロンも含め過酷なスポーツは間違いなくビジネスに役立つこと。

そして不安なスイムに関しては僕自身も3年前に基礎から習って今に至ることを説明。

最後にアンチ・トライアスロンな人間に関しては

「暗黒面に引っ張られるな、我らはジェダイの騎士!フォースを使え」

と説明してあげた(笑)




何はともあれ彼はもうトライアスロンのことで頭が一杯だ。

ほらね、ホルモン鍋などそっちのけで遠くを見ちゃってるよ。

ミーティング



こ~なに美味しいのに、このホルモン鍋。

ホルモン


ん?これマジで美味しいよ・・・。






関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード