プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第1回 ULTRA-TRAIL Mt.FUJI「STY」後編

 
2012/05/21(Mon) Category : トレイルラン
幻想的にな富士に暫し心を癒し、気持ちを仕切り直す。

22富士の夕景

この後、この毛無山を一気に下るのだが、道は急坂、ぬかるみ、木の根っこと5,6回は豪快にコケた。
この下り坂では皆悩まされたに違いない。


そして、漸く第2チェック・ポイント(A9)に到着。

23第2ポイント

ここまでの距離36キロ。
時間にして9:02:39


ここでのエイド食は鹿肉カレーに三色丼、キノコ汁にお握りと「戦士達のオアシス」の言葉がピッタリのエイドだ。

24第2チェック(A9)

このエイドには豪華食料の他にも足つぼマッサージもあり、カレーを有難く頂戴しながら「もう、ここで止めても良いかな~」と、無意識に骨抜きにされてしまいそうな場所だ。

心が折れない内に足を前へと進ませよう。

ここからゴールまでは約26キロだが、比較的に緩やかでハードなコースはもうない。


サクサクと走り易い樹海の中を走り抜け
最終チェック・ポイント(W2)へ。

25最後のエイド残り14キロ

残すは小高い山を三つ越えれば後はゴールが待つだけ。
でも、もう足がガクガクだ。

河口湖の夜景を見ながら最後の下山を頑張る。

26下山時の夜景


「お?アスファルトが見えた。
麓に到着したぞ!」

27麓到着


湖だ!
間違いない、河口湖だ。

28河口湖湖畔

後はこの湖畔沿いの4キロ先にゴールが待つ。

この直後、安心感から一気に緊張が解れ、4度の嘔吐に見舞われる。


すると、目の前に我が家が見えた。

29ゴール手前

そして長く険しかったSTYの

ゴール!

ゴール

30ゴール後



タイム:16時間56分。

目標タイムには1時間半届かずだが、
まぁこんなもんだろう。




そして、戦友の大ちゃんも愛と涙と感動の

ゴール!

daiゴール

彼は山中を25時間も戦って、体はボロボロだ。

そんな彼を鏑木さんが暖かく迎える。

31大ちゃんゴール

大ちゃん、良く頑張ったよ、お疲れさん!
その笑顔は何ものにも代え難いね!



よし!
これでまた、ウルトラ・トレイル・デュ・モンブランに一歩近付いたな。
そんなこんなのウルトラ富士でした。

締め
(※ベンツは僕らのではありません)

それじゃ、皆。

また会おうぜ!



関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード