プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

2011龍勢ヒルクライム(当日)

 
2011/11/13(Sun) Category : ロードバイク
今日は3年ぶりとなる龍勢ヒルクライムの日。

チーム・メイトはAMEGROのアニキとエイちゃんと本日が初ヒルクライムの新しいメンバーのIさん

僕を含めて計4人の参戦。

合流
(みさん準備に忙しかったので集合写真ではなく自転車を撮りました)

みなさん、何かと忙しい経営者や幹部達なので、この日もギリギリの合流。

アップなしで準備を済ませ

いざ、スタート会場へ。

参戦を前にボーラのカーボン・ホイールを新たに購入、装着したアップグレード・マシンのAMEGROアニキと奮闘前の一枚。

アニキと

今日はアニキも気合いが入っているようだ。


年内最後のヒルクライムと言う事もあり、見てのとおりのサイクリストの数。

スタート前

僕達はD組4番目のスタートだ。

天候は写真を見てのとおりの秋晴れ。

今日は良いタイムを狙えそうだ。

城峯山の麓から山頂までの標高差700メートル、全長16.4キロの坂をひたすら駆け登るこの龍勢。

参加するのは3年ぶりで、その当時の年齢は38でタイムは1時間02分だった。

その時のブログ⇒2008龍勢H・C

確か3年前は僕がバイクに乗りたてで、おまけに当日は雨だった。

よって天気の良いバイク歴3年の今日は55分のタイムを是非とも出したい。


それでは今シーズン最後のヒルクライムの

    スタート!

麓1

先ずは麓の平坦なコースを2キロほど走る。

しかし、今日から装着のDi2コンポの性能は本当に走りに集中できる。

一つ不安なのは今日からディスクがコンパクトではなくノーマルを使用していること。

実はDi2を購入しコンポ一式を付け替える際に店長から

「いつまでもコンパクトでやってたら強くなれませんよ!」

と言われ半ば強引にノーマルのディスクを装着された。

ですので本日はノーマルです。

そして最初の坂道。

麓2

斜度はキツくはないが腿筋がキツい!

龍勢序盤

今まで、どれだけコンパクトの恩恵を受けていたかを実感できる。

序盤からこんな調子で大丈夫か?


そして斜度はドンドンどんどん角度がついてくる。

正面に見える山のあの道を登るのだ。

3

間違いなくノーマル・ディスクのせいでレース中盤からダンシングをやるはめに。

やりたくはないのだが立ち漕ぎしないと登れない。

よって勿論のごとく心拍数もあがりまくりだ。

だが、すこぶる太股の筋肉が使われていて、これを続けていれば次のステージへステップ・アップできる理由が分る。

標高は一気に上がり途中に木々の間から見える麓の景色が暫し疲れを忘れさせる。

途中の風景


残り2キロの距離カードの隣を通過する。

ラップ・タイムを確認すると55分手前。

この時点で55分の目標はダメ、瞬時に1時間を切るという目標に切り替える。


後1キロ。

タイムは56分。

それと見覚えのあるゴール間近の風景。

ヒル

ゴールは近い!

ダンシングで急ぐ。
龍勢終盤

残り300m

  200m

  100m

そして

    ゴール!

ゴール


タイムはなんと!?

3年前の1時間02分を凌ぐ。

1時間00分28秒

え!?

2分しか縮んでないの?

あれから3年もやった結果が、たったの2分かよー!

何だかガッカリだ。


ま、気持ち良かったから良いか!

そんなこんなの

龍勢ヒルクライムでした。

やっぱ、ヒルクライム最高!



-----------------------------------
<PS>

今日、FBで知り合いになった朝高の先輩達とも初顔合わせをしました。

お二方とも引き締まった体でした。

朝高先輩達

4~5人のメンバーで本格的に自転車の練習や競技をやられているビジネスマン・サイクリストです。

先輩達の活動ブログ

実はFBで知り合うまでは在日で酷使系スポーツをやっているのは自分だけかと思っていたので、先輩達の存在を知った時は驚きでした。

しかも、皆さん僕よりも速い!

また新たなアスリートの輪が広がりました。








関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード