プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

他店舗調査

 
2011/10/28(Fri) Category : パチンコ・業界
先日、これからが見物の千葉市の浜野エリアに行ってきました。

ここは以前から強い「マルハン浜野店」がある場所です。

数ヶ月前に、そのマルハンさんがスロット増設工事?営業停止?(噂)で数ヶ月の店休をしている間に目と鼻の先に大手の「D’ステーション」さんがオープン。

その更に数ヶ月後には千葉が拠点の「フラミンゴ」さんが、その大手2社の間にオープンをした。

先ずは「D'ステーション」さん

Dすて

店内に入ると、まだ午前中だと言うのに5割強の稼働。

パチンコは520台の内160台の1パチは可動は6割。

ほか4円パチンコも新台、旬機以外にも稼働が良く6割稼働はしていた。

スロットも押忍・番長の手助けもあり、それを中心にジャグラー等の客付きが良く、見た目マルハンさんのお客様層が多くいるように感じた。

店内はD'ステーションさんお得意の御客様一人ひとりの空間の確保をしシッカリと提供している。

その他ではクリンネスが可也行き届いているこのに気付く。

これぞ「快適空間」の見本のような気がする。

スタッフの立ち振る舞いはマルハンさんと全く一緒と言って良いほど、俄ではなく真心のこもったサービスと決して押し売りでない距離感が印象深かった。

やはり、この部分を見ても“空間”を大事にしている印象を受けた。



次にフラミンゴさんに移動。

車で約1分で到着。

フラミンゴ

店内に入るとD'ステーションさんより後にオープンしたせいか、こちらも昼ごろにしては5割の稼働。

しかし、後攻のオープンにしては、もう少し稼働があっても良いきもする。

店内のハード(遊戯空間)は至って普通なのだが、先ほどD'ステーションさんを見た直後のせいもあり空間が狭く感じる。

スタッフ・サービスも極普通のだが、これまたD'ステーションさんと比較をしてしまうと劣っているような錯覚に陥る。

こちらのお客層は見た感じではあるがスロッターの類が多く見受けられた。

両ホール、これだけ距離が近いのにお客様の層の違い差は広告戦略の違いか?


それはさて置き、マルハンさんがオープンをした後に3者どのような攻防を繰り広げるのかが見ものだ。

それと、半径500mというこの小さなエリアに3ホール合わせって3000台を超える遊戯台数。

近隣のホールは何処まで打撃を受け、またどのようにして迎え撃つのかが見ものだ。


ここはマルハンさんがオープンしたら、また来るとしよう。



関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード