プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

他店舗視察 (ハセツネまで後9日)

 
2011/10/13(Thu) Category : パチンコ・業界
今日は松戸の「ガーデン」さんにやってきました。

ガーデン・ガーデン


ここは以前までは他法人さんだったのだが、そこを居抜きで最近新規オープンした。

ホールの巡回スタッフは殆どが女性で採用の段階で厳選されたことが一目で分る綺麗なビジュアルだ。

店内も白やパステルカラーを基調に明るい作りとなっており、何よりもクリンネスが行き届いている。

スタッフの対応はと言うと“近付かず離れず”の絶妙な距離を意識しながら常に意識はお客様に向けられていて、これには感心させられた。

設置機種は今が旬の話題機は全て網羅している。

パチンコの調整はと言うと今日の一日だけを取ってスタートが辛いだの甘いだのを決めかねるが、今日のこの日のスタートは渋かった。

でも、僕的にはこんなお店が近所にあったら間違いなくお気に入り登録はするお店にするだろう。

何故ならばスタートは多少渋くても“近付かず離れずのサービス”と“行き届いたクリンネス”のこの二つの条件が揃っているので僕的にはGoodだ。

パチンコ屋さんも飲食店と同じでサービスに自信の無い飲食店が値段を下げたり量を増やすのと一緒で“出玉”に走りがちになる。

サービスに自信があり差別化が出来ているお店が客単価を心おきなく頂戴する。またそうする権利がある。

因みに参考に補足しますが前者の方法を取ると“価格敏感性の高い”客層が集まり、後者の方だと“価格敏感性の低い”客層が集まる。

価格敏感性の高い人とは比較的経済力は高くない若しくは低く消費価格に関してあらゆる知識を持ち情報収集にも優れ、それに対しては妥協を惜しまない人達。
(パチンコで言うと「スロッター」「プロもどき」「セミプロ」「開店荒らし」)

一方の価格敏感性の低い人は比較的経済力には余裕があり消費価格に関してどちらかというと無頓着。
(パチンコで言うと「ギャンブル好き層」「ヘビーユーザー」「新台好き」「MAX好き」)

どちらを選択するかはその法人の自由だが、今日の視察店はそんな出玉ではなくサービスを提供するお店と僕は判断した。






関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード