プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

富士山トレイル・ラン(富士宮口)

 
2011/07/23(Sat) Category : トレイルラン
今年もやって参りました、AMEGROの兄貴の経営する会社主催の富士山登山。

今年は東京遊技部会青年部も集まり賑やかな一行となった。

てな訳で早速富士宮口へ。




毎度のことだが初心達の多いこのツアー、みな不安顔。

僕はと言うと今回は富士宮ルートと言うことで比較的難易度の低いコースなので火口一周と宝永山の寄り道コースを。

それでは早速5合目スタート!

スタート時刻は2時30分。

ご来光は9合手前でお目見えかな?


だが結局2時間08分で頂上到着。




頂上でのご来光は格別だ。



と、余韻に浸る間もなく次のミッションである火口一周へ。


ここで朝飯のおにぎり二つとソイジョイ2本を口にカチ込む。




初のお鉢周りだが、これ抜群に楽しいよ!




途中の御殿場ルートの10合はご覧の通りの盛況ぶり。




そして、約40分で火口一周を完了し後は宝永山目指して下るだけだ。


時刻は5時。

混み始めて来たかな?



新9合目までは慎重に下る。

その新9合で今回の登山研修の主催会社社長AMEGROの兄貴と交差。
新9号

兄貴は今日は何だか体調がよろしくないようだったが、それでも僕の次の登頂順。


それでは、気を取り直して

GO!





約1時間30分で6合に到着しいよいよ念願の宝永山へ。




あの右の山がそうだ。

一度降りて一気に登るのだが結構な勾配だ。




登りに差し掛かり分かったのだが地べたが土ではなく少し大きめの花崗岩のため足をかなり取られ全く前に進まない。

その横を自衛隊の人が二週間後に行われる富士山駅伝の練習で小刻みなピッチで過ぎ去る。



僕もそれを真似て40分掛けて何とか目的地である宝永山に到着!


見よ!この絶景を!



しかし、この宝永山は先ほどの富士頂上とは打って変わって人っ子一人いやしない。

でもね、ここは必ずコンプリート必至の穴場ですよ。

この後、6合に戻り本日の富士登山は終了。

合計タイムは5時間33分。

そんなこんなの富士登山でした。

因みに明明後日は弊社主催の富士登山です。



ーーーーーーーーーー
PS
あっ、そうそう。

宝永山へは富士宮ではなく御殿場ルートから行くことをお勧めします。

下って行けますので。




関連記事
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No Title

こんにちは!
よさそうな、練習コースですね♪
宝永山♪
自分も、そのうち行ってみようと思います♪
でわ~♪

 

No Title

なかなか走り応えのあるルートでした。
僕もファイフィンは悩まみましたが寸前でビビリました。

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード