プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

今月の読書

 
2011/07/15(Fri) Category : 読書
今月の読書はビジネス書ではありませんが大変良かったので紹介します。

著者:彦井浩孝

「アイアンマンのつくり方」


リンクに表示されるテキスト


内容はアイアンマン完走を目指すため、日々練習に明け暮れるビジネスアスリート達が普段のビジネスの傍ら、限られた練習時間の中で、どのようなトレーニングを積めばより効果的な成果を得られるのかを運動生理学博士と同時に自身もトップトライアスリートとしての研究と経験に基づきアイアンマンをサイエンスで捉えた大変勉強になる一冊だ。

※アイアンマンレースとはスイム3.8キロ、バイク190キロ、ラン42.195キロを一度に走破するレース




本書を読んで初めて知ったことがスイムにも自転車で言うドラフティングが有効だということ。(ある選手の真後ろを泳ぐと空気抵抗ならぬ水の抵抗を軽減できる)





そして、バイクでは水分補給、糖質補給、電解質補給の摂取作戦が重要な事と、ここまでのスイム、バイクを如何に体に付加を掛けずにクリアーし最後のランに繋げるかが重要でその方法が記されている。





本書の第6章は国内の伝説を残したトライアスリート達のインタビューとなっており、僕が個人的に気に入った文章の幾つかを抜粋します。


「非常識なことをしないと強くなれない。
トライアスロンの原点は我慢、楽しちゃいけない。」
           中山俊行


魂を入れない練習はただの「作業」でしかない。
「2番だけど、がんばったから許して」
それでは、プロとは言えない。
           宮塚英也


ん~、スーパー・ストイックだな。

でも言葉の意味とストイックさはビジネスで言う強い理念を持って自身の描いたビジョンを必ず達成させる経営者にとって必要な心得に非常に通ずるものがあるなと感じた。


でも、やっぱこれは変態の書かな?(笑)



関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード