プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第13回北丹沢12時間山岳耐久レース 当日!

 
2011/07/03(Sun) Category : トレイルラン
さー、本日も元気にやって参りました。

国内五本の指に入るであろう過酷なレースに3度目のチャレンジにやって参りました。


会場はご覧のとおりの盛況ぶり。




さて、この大会は北丹沢の三つの大きな山を制限時間内に越える距離にして44キロを走破する文字通り耐久レースだ。

因みに今回僕のテーマはリベンジ。

実はこのレースのスタートは6時半と7時の分離スターとなっており前回の戦績が9時間台だと渋滞に巻き込まれる7時スタートとなるのだ。

僕は前回の第12回大会の結果が不甲斐なくも9時間台だったので7時スタートに降格させられたわけだ。

今日は奪われた6時半スタートを奪還すべく8時間台を出すため闘志を燃やす。


そして屈辱の7時スタートの部の


スタート!





先ずは山道に切り替わると同時に必ず起こる渋滞を回避するため、ここは心拍数が上がっても人より前へと突き進む。

思惑どおりに渋滞をギリギリで回避!

山道に入り呼吸を整える。




さー、ここからが北丹名物、終わりなき地獄のバカ坂との死闘。



しかし、今回で3回目の出場と言うこともあって、多少は慣れた感じだ。
でもやっぱり疲れるけどね・・・。



やっとの思いでピークを越える。
らん

第一関門まで下りだ。




最近、走り込んでいないせいか下りが辛い。


ここで何とか第一関門をクリアーするとお次は約10キロの平坦コース。



いつも、ここで調子に乗ってついつい飛ばしてしまっていたが、今回はセーブ。

アスファルトが砂利道に変われば第二関門が近い証拠だ。





そして第二関門に到着。

ここで約28キロ地点。

因みにラップタイムは5時間17分だ。





さて、ゴールまでは残り16キロ。

高尾山トレイル一回分だな。


この後も憎らしいほどに激坂は次から次へと襲いかかる。




フラフラになりながらも、ようやく最後の峠を終了。


ここらかはゴールまで7キロの下りだ。



実はこの最後の下りが地獄の下りで今までの2大会中の二度とも体が動かなくなるというジレンマの下りだ。




あの嫌な感覚が襲ってきた。

手の先がビリビリしてきたが以前よりは症状は軽い。

「よし、行ける!」

下る脚力はもう残ってはいないがピグモン走りで何とか両腕を降る。


ゴールが見えた!



最後の力を振り絞り

ゴール!
ゴール

タイムは何と2年前の第11回大会時の自己ベストを18分更新する

タイム:8時間17分。

記録更新!

しかし、40過ぎると若い頃の自分に勝つことが無性に嬉しくなる。

おまけに8時間台なので6時半スタート奪還成功!



そんなこんなの北丹でした。




あ~、しかし疲れた・・・。





関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード