プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

2010年度の主な参加競技

 
2010/12/22(Wed) Category : スポーツ
さて、今年ももう終わりを告げようとしている。

振り返るとやはり時の過ぎゆくのが早く感じるのは例外になく世のオヤジに共通することろか?

そんなこんなで今年1年間の参加競技はざっとこんな感じだ。


 1月 若潮フルマラソン

 2月 東京マラソン

 3月 房総丘陵トレイルラン  21K

 4月 lafuma青梅高水トレラン 30K

    ツール・ド八ヶ岳

 5月 春日部大凧ハーフマラソン

    アドベンチャーin富士見50+10

 6月 ツール・ド美ヶ原

 7月 葛西臨海公園ナイトラン 10K

    北丹沢山岳マラソン   44K

    東京ヒルクライム    10K

    富士登山

 8月 手賀沼トライアスロン

    槍ヶ岳登山

 9月 波崎トライアスロン

    SDA王滝 MTB  100K

    多摩川源流トレイルラン 30K

10月 ハセツネ        71K

12月 東京エンデューロ    6時間

    板橋リバーサイドハーフマラソン

    みたけ山トレイルラン  15K

-----------------------------------------
計20競技に出た。

案外出てるな~と我ながら感心する。

しかし2011年度は更なるバージョンアップと家族時間のシェアを増やすべく、競技参加数を大幅に削ろう考えている。

特に長野、群馬圏内の競技は・・・。

え?増やさず減らすのは何故かって?

その理由は長野や群馬で行われるヒルクライム競技の競技時間は大凡2時間。

しかし、千葉から現場までの往復の時間は最近の1000円高速料金のお陰で行きは4時間、帰りは8時間の計12時間。

たった2時間の競技時間のために12時間も時間を浪費していることになる。

もしこれを地元で賄ったなら練習場所までの往復の移動時間が2時間で練習時間を平均競技時間の2時間にプラスもう2時間の4時間こなしたとしても合計で6時間。

すると長野行くと費やすであろう14時間に対し6時間で終えれば8時間の自由時間が生まれ、オマケに練習量も増やせる訳だ。

それだけではない。宿に泊まる分が無くなるので、そのぶん家族と家で過ごせるし、平均宿賃7000円を削減したぶん飲みにも行ける。

用はどうしても余計に掛かる12時間の有効活用が2011年のキーワードだ。
さて、来年の参加予定競技はツール・ド美ヶ原、北丹、ハセツネ、セルフディスカバリー王滝(考え中)は出場するとし、それ以外は30Kクラスのトレイルランと千葉県内で行われるトライアスロンは基本全出場と極力近場で済ますよう考えている。

なんせ来年は見切り発車でビックな大会に出ようと企ているから・・・。






関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード