プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

店舗見学

 
2010/11/14(Sun) Category : パチンコ・業界
今日は大阪に来ております。

大阪で創意工夫で頑張っているホールを見に来ました。

先ずは天王寺。

お目当ては「スーパーホール天王寺」さん。
スーパーホール


このホール、主力機種の選択と適正台数バランスが実に上手く中年輩層の獲得に成功しているホールだ。

しかし数軒先のスロ専を覗いてビックリ!

「べゼル」さん。

今時の専門店では驚くほどの高稼働店だ。
ベぜル

お目当てのホールではなかったが目が釘付けに。

是非、このホールさんも必見。


お次はそこから電車で数駅移動し布施駅へ。

ここでのお目当ては「ダイエイ」さん。
ダイエー

決して新しいとは言えないホールなのだが。

見よ、この低貸し玉のデパートだ。
多種レート

全6種類。

この類の店は大体お客様がいないもんだが半信半疑でホールを覗くと・・・

いる! 高稼働だ。

だが驚きは全ての種類の貸し玉コーナーにお客様がおられる。

全てにだよ!

普通は何かに客人気が偏りもう片方の稼働が減ってしまうもんだが、これはそうとう営業戦略が上手なのだろう。

お次はここから電車で北に向かう。

場所はここ尼崎。
尼崎

駅を降りてお目当てのホールへと向かうのだが結構な距離がある。

その間、商店街を通るのだが、この尼崎商店街の商店のその殆どがパチンコ屋さんと言っても過言ではないほどホールが軒を並べている。

その証拠にこの写真を見てください。
    尼崎商店街

上から吊れ下がっている垂れ幕。

手前から奥に掛けて赤、黄色、赤、黒の垂れ幕全てがパチンコ屋さんの宣伝幕。

この両サイドが全てパチンコホールとなってます。

覗いて見ると何のなんの何処も高稼働だ。

土曜と言うこともあり高稼働なんだろうが

「ここ、かなりの激戦区だな!」

と目的地の場所へと歩いている途中、パチンコ店の名残を残す閉めた物件が目に入る。

そしてようやく激戦区の駅から一番遠くに位置する。

「Sビジョン」さんへ到着。
Sビジョン

店内へ入ると可なりの賑わいだ。

ここは低玉専門店で高稼働をさせていて驚くのは中年配層以外の若年層も遊技客に交じっている。

一体どうやって? 

スタッフのサービスもアットホームで心地の良い接客だ。

しかしこの尼崎という激戦区では戦いたくないと思うほどの熱い地域だ。

最後は加島駅へ。

ここの「マルハン」さんが凄いらしいので見に行ってみた。
    マルハン

確かに凄い!

過去に北海道のマルハン清田店さんのオープン当初に見に行った時に可なりの衝撃を受けて以来はこの数年は然程驚く店舗はなかったが、ここの「マルハン」さんは久々にド肝を抜いた。

これにて今回の店舗見学大阪編は終了だが、ここ大阪は北海道とは違った意味で大変参考になるお店が多く勉強になる。

北海道も大阪も共通点は出玉の演出には可なりのエネルギーとこだわりを持っている。

ただ違いはと言うと北海道は事実存在する玉を如何にお客様の目に訴えるかが上手だが、大阪の場合は出玉がそこに存在しないのに如何に出ているように見せるかが上手だ。

もっと分り易く言うと玉が無いのに有るように感じさせるマジック的なことが上手だ。

やはり商人の地域柄そこら辺の商いは上手だ。

未だ大阪は見に行ったことがないホール関係者は機会を作ってでも見に行く価値のあるエリアですので是非ぜひどうぞ。

※(毎度の事ですが、ここに書かれている各ホールのコメントはあくまで僕個人の主観ですので、当ホールの実際のコンセプトと相違があってもご理解くださるようお願いします)


--------------------------------
そんなこんなで気付くとここは道頓堀のようだ。
    食い倒れ

それではせっかくなので美味しい物でも食べに行きますね。

それじゃ!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード