プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第12回北丹沢山岳マラソン

 
2010/07/04(Sun) Category : トレイルラン
とうとうこの日がやって来た。

第12回北丹沢山岳マラソン。

因みにこれが前回第11回の様子

実は今日は二重丸の仕上がりではないので、物凄く不安のままこの日を迎える事となった。

しかし、雨にも関わらずついハンドルを握って丹沢へ。

そして、スタート前のこの盛況ぶり。
   スタート前

しかも晴れた!

それでは早速の

              スタート!
        スタート

前回の終盤でガス欠をしてしまった失敗を踏まえて序盤からスローに足を運ぶ。

この北丹沢レースは僕個人的には「ハセツネ」より過酷と思う。

なにせ上る山、下る山の全てにおいて勾配が急なのである。

よってスタートして直ぐに心拍数上昇地獄に襲われる。
        第一関門前1坂


このたまにお目見えする平地は本当に嬉しい、束の間の休息だ。
        第1前2


しかし直ぐに急勾配はやってくる。
        第①前3霧


ここで最初の給水所。
   給水所

頭から冷水をみなかけてもらう。

我輩も。

生きてるって感じだ。

霧が突然出てきた。

この霧の湿気がサウナのような現象を織り成し蒸せる。

濃霧の中の下り。
        第①前4霧下り



そして、第1関門だ。
   第1関門


ここでも頭から冷水をかけてもらいバナナももらいキャメルに水を補給し


早速出発する。


        第②関門1



ここから第2関門までは緩やかな下りを約11.5キロ下る。
        第②前2橋

   橋




途中に舗装路が顔を出しラッキーと思われがちだが、これが延々と続く。
        第②前3舗装路


飽きる。


        アスファルト

疲れる。



最後の給水所。


この直ぐ後に最終関門がある。
        給水所2



そして最終関門。
        第②関門


さて、この時点でもう足は既にガチガチでハムストリングは悲鳴を上げてる。

ここからは最後の峠に向けてラストの気合を。
        最終1



そして、ようやく最後の峠の頂に。
        最終2最後の峠



ここからゴールまでは、ひたすら下りだ。
        最終③下り


去年はこの最後の下りで電池が切れてしまった。

が、今年もそんな変わらない。

途中、過呼吸症状を起こしてしまい、なんとか持ち合わせのコンビ二のビニール袋で処置をする。

まだまだ下りは続く。
        最終4下り

ここを野獣のようにパワフルに下って行きたいんだけどな~。

そして、ゴールを近い事を知らせる麓へ到着。
        最終5麓


最後の力を振り絞りひたすら腕を振る。

そして、ゴールが見えてきた。
        ゴール手前


今年も長い長い激闘が幕を下ろす。

そして

      ゴール!
   ゴール


タイムは9時間08分

なんと去年のタイムよりも33分も遅い。

完全に練習不足による中盤の上りの力の無さが積もりロスに繋がったのだろう。

とりあえず笑顔で記念撮影。
        ゴール

それじゃ皆!

「明日かも元気出して行こうぜ!」


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No Title

うわさには聞いてましたが丹沢はきつそうですね。ナイスファイトでしたね。ハセツネよりきついとありますが、ハセツネって急な登りはないのですか?

 

kenkoudouさんへ

kenkoudouさんへ。
ハセツネにも急な登りはありますが、基本的には尾根伝いを走る感じです。
北丹は麓から大きな山の頂上へ、頂上からまた麓へと、これを二山登ります。
その山の傾斜が急勾配なのです。
一山と二山の間は弱勾配のアスファルト道の下りが約8.5キロあり、ここでみな飛ばし過ぎてしまいます。
そして二つ目の山で一般ランナーは体を壊してしまいます。

ハセツネが持久戦なら北丹が耐久戦ってな感じですね。

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード