プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

新台試し打ち(北丹沢トレランまで後3日)

 
2010/07/01(Thu) Category : パチンコ・業界
さて、大量導入の選択をしたホールでは今週から既に選考導入したエヴァンゲリオン。

我輩も早速の試し打ち。

前作のスペックとの違いは確変継続率が65%から70%。

大当たり出玉は1500発から1100発or2000発へとなった。

よって継続率からしてみても前作を超える辛さが予測されるのは必至!

案の定、10Kの投資金額がペロリと飲まれる。

もう止めようかとも思ったが今日は大当たりの体感をするため更に投資を続ける。

13K目でスーパーリーチ→ハズレ→スティック(動け動け)演出→暴走モード確変。
        暴走1

演出は大幅に変わったものの大当たりまでのフローは基本的には同じ。

大当たり中のフローもだ。

直感だが面白くはない。

出しているのに面白いと思えないと言うことは僕個人的には間違いなく面白くない機械と言うことだ。

ここは等価交換のお店なのだが良い反面教師を発見。

今回の新エヴァは一回の出玉が2000発もあることが売りである。

よって、店内の至る所にメーカー支給の2000発をアピールする販促品が貼られている。

勿論、その2000発がどんなもんか期待をしてしまう。

僕だけではなく他のお客様もそうだろう。

先程も言ったとおり、ここは等価のお店なのだが出玉をかなり削っている。

よって実際の出玉は1800~1850発くらい?

かなりのストレスと騙された感だ。

僕は削ることを否定はしない。

等価交換なので業界人ゆえに削る気持ちは良く分かる。

だが、お客様からしてみれば、そんな事は理解はしてくれない。

1850発まで削っているのは動かぬ事実であるわけだから、店内販促で2000発と謳うのはどうかと思う。

しかもそのお店はパーソナルシステムで大当たりの出玉を計測できる。

間違いなく、2000発とあえて謳うべきではないだろう。

だってお客様は、特に中年配層は「今度のエヴァは2000発!」なんて情報なんて知らない訳だから。

        暴走モード2

結局、このまま6連荘で終わった。

僕の所感。

機械的の人気による稼動は短命で終わるだろう。

よって早急なるお店側の販促イベントが要求されるのは必至。

それと、自店の実質出玉と販促表示の出玉数をイコールにしなくてならない。

僕ならば、例えば等価でないお店は逆に何処も2000発を強調している中

「当店では出玉は2100発です」

と100発をプラスアルファして大当たり出玉を引っ張って差別化を計るのも面白いと思う。

何れにせよ早く手を打たなければならない機種なのは間違いないな。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード