プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

店舗見学 (房総トレイルランまで後3日)

 
2010/03/04(Thu) Category : パチンコ・業界
今日の見学する店舗はゲームセンター。

実は月1~2回はゲームセンターを覗くことにしている。

理由はゲームセンターに設置してあるパチンコマシンで遊戯されているユーザー層は、パチン店で言う「1パチ」ユーザーと限りなく近いタイプの層であるがゆえ、ユーザー層の動向の研究に訪れる・・・と、いうわけだ。

今に始まった事ではないが、ゲーセンもパチンコ店と同様で新台に稼働が集中する傾向。

しかし、最近はゲーセンも新台以外に「※名機」を導入している傾向だ。
※(ベストセラー機)

例えばこれなんかは、行政の指導で施行された「みなし機」で外された懐かしの名機

ビッグシオ ゴッドバージョン。
   ゴッドバージョン

しかも設定4,5,6確定!

でも僕は1パチユーザーでないので遊戯はしない。

ゲーセンも数年前から勝ち組と負け組の2極分化が起こり始めている。

色々とゲーセン視察をしている中で、長時間遊戯し易いホールは、やはりパチンコ店と同様で

①空調(空気清浄とエアコン調整)

②クリンネス

③適度なゆとりの持てる空間

④チャラ男達がいないこと

⑤遊戯したい、面白いマシンがあること

かな。
※(これはあくまで僕を含めたユーザー層好み)

不思議とスタッフの接客は必要以上に求めはしない。

①~⑤まで見るとパチンコ店と全く一緒だ。

④番はチャラ男達からして見ても僕達みたいなオッサン達がいる場所は嫌だと思う。

要はお店側が「あの層もこの層も」と言う具合でどれもこれも取り込もうとするから各ユーザー層とお店のコンセプトにズレが生じる。

やはりターゲッティングはしっかりされているゲーセンが安定稼働をしているようだ。

ついでなので社会勉強の一環でコインゲームを始めて(正確には幼少時期以来)経験してみる。
   コインゲーム

現在時刻は23時頃だが見ると物の見事に僕と同年代の35歳~50歳の俗に言う中年サラリーマン層。

因みに昼間の層は更に平均年齢の高い年配層で女性が大半を占める。

面白いほどパチンコ店の時間帯別ユーザー層の変化と合致する。


話を戻し、早速コインを購入するため1000円を投入。

これでコイン300枚と交換だ。

遊戯している中年サラリーマンは実に静かに遊戯している。

そして僕はこの台に腰を下ろす。
       コイン アップ

先ず、三つ穴が空いているその上の前後運動している台にコインを流し込む。

すると流し込まれたコインが既存のコイン群を押し出し、そのコインが下の台に流れ落ち、その落ちたコインがまた下の台の既存のコインを押し出し最終的に落ちたコインが手元に払いだされる。

そして、その過程で3つの穴にコインが入ればデジタルが回り、見事数字が揃えばボーナス特典が与えられる。

そんな単純なゲームである。

早速、開始。

ゲーム自体の感想は、至って単純で面白いとは言えない。

しかし、つまらない訳でもない。

ただ気付いて見ると40分も遊戯をしてしまった。

何故、こんなに時間を費やしたかの理由は直ぐに分かった。

“想いに耽たれる”だったり、ただ“ぼーとできる”等が出来るのだ。

確かに店内では一切のBGMは流れておらず、マシンからも大げさな効果音は出ずに気付くとコインに無意識に集中してしまう。

それでいて40分間で使ったお金はたったの1000円。

「これ、ありだな~」

と、ぼーっとしていた頭を元に戻し

「この人達をどうやったら

 パチンコの1パチに誘導、

  移行させられるのか」


競合店以外のゲーセンにもまだ取り込める1パチユーザーがいる事を認識し、ユーザー獲得にチャレンジする。

これも今後の課題だな。



あっ、そうそう。

それと、こんな時間になるまでコインゲームで一人想いに耽ているサラリーマン諸君。

「元気出して 行こうぜー!」

確かに気持ちは分かるが・・・。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード