プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

何か一つに絞る

 
2010/01/05(Tue) Category : スポーツ
昨日のこと。

09年度の1年間、あれだけ練習を頑張ったにも関わらずタイムが伸びないと言う課題を乗り越えるため今年からは練習メニューをガラリと変えて臨む。

しかし、なんだか今一つ練習内容が明確にイメージが出来ない。

そこで、今いちど去年の伸び悩みの原因を探ってみる。

去年1年間は心拍系の練習であるインターバルを怠り持久系の練習ばかりをこなして来たが、果たしてそれだけが原因だろうか?・・・。

と、意外な悩みから原因が見えてきた。

その悩みとは今年のアイアンマンに見切り発車で出場しようかどうか迷っている時のことだ。

まずは悩みの内容。

--------------------------------------------
9月に行われるアイアンマンに出場するには少なくとも半年前の3月からは練習を始めなければならない。

となると、その前にトライアスロンでもっとタイムを上げなければならないことになる。

となると、今年の最初のトライアスロン出場予定が5月なので、それに焦点を置くと少なくとも3か月前の2月からの練習開始となる。

しかし、そうなると2月末に行われるフルマラソンのためのランニングの練習量が削れてしまう。

フルマラソンに限らず5月頃からのMt富士や美ヶ原のヒルクライムや8月頃からのトレイルランのシーズンのそれに特化した練習もだ。

さて、どうしたもんかなー・・・。
---------------------------------------------
「は!」とそこで、気付いた!

去年までの僕は真冬のフルマラソンシーズンにはタイムを伸ばそうと、それに特化した練習だけを必死にしていた。

そして春頃からのバイクシーズンになるとそれに特化し、夏のトライアスロンシーズンにはそれに特化し、秋頃からはトレイルランに特化する。

各種目に特化している間はそれ以外の種目の練習はないがしろにする。

結局、ぐるっと一周してまたフルマラソンのシーズンになると、それまでフルマラの練習をしていないので当然衰えている。

次のバイクシーズンもそのまた次のトライアスロンもトレイルランも同じスパイラルでグルグルぐるぐる馬鹿の一つ憶えで衰えた筋力とフォームを元に戻す練習からの一からのスタートとなる。

結局、振り出しに戻ってばっかりなので、いつまで経っても各種目に置いておいてソコソコの成績までは行くが、それ以上は行かない。



マーケッティングでもそうだ。

どのお客様をターゲットにするかを決めずに、欲張ってあの層もこの層もどれも呼び込もうとするから、戦術がブレて中途半端なお店が出来る。

組織においても規模が大きくなるに比例して各部署も設けないから、その部門のプロフェッショナルが育たない。




2010年度はトライアスロンの練習1本に絞ることに決めました。

途中に行われる東京マラソンやハセツネ等はトライアスロン用の練習の中でどうにか補う事により現状維持をする。
(多分タイムが落ちるデメリットも・・・)

その変わりトライアスロンでタイムを伸ばす。

「よし、そうと決まれば」

と海パンをバックに詰める。

久々のスイミング。

今日は行き成りの「ガンガンスイム60」というのに参加した。

文字通り60分間のあいだガンガン泳がされる。

案の定、二の腕が妊娠したように膨らんで付いて行くのに精いっぱいだった。

お恥ずかしい話、同じクラスに参加していた40代~50代の年配女性達に抜かれまくった・・・。

次にバイクの30分間インターバル。

これも疲れた。

最後は筋トレで追い込みフィニッシュ!

帰りは自宅から歩いてバーミアンで夕食。

全て野菜とタンパク質系を注文しビールも。
     バーミ

奥からマーボー豆腐(箸で豆腐だけをつまむ)、青菜炒め、豚肉と卵の炒め

以上。

--------------------------------------
PS
でも東京マラソンはタイム狙いますよ!



面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ

関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード