プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

店舗見学

 
2009/12/23(Wed) Category : パチンコ・業界
今日は神楽坂へ行ってきました。

神楽坂なんて何年ぶりだ?

と、飯田橋駅で下車。

改札口までの通路両脇にはすかさずパチンコ店の広告宣伝ポスターが目に入ってきた。

どの店舗も新台やらイベントやらの集客ネタを特に代わり映えなく謳っている。

そんな中、一際目に留まるポスターが。
駅構内販促
                 (目隠し加工は僕のPCでしてます)

特に新台も謳うわけでもない、イベントを謳うわけでもない。

だが紛れもない生の“ 顔 ”を公開している。

この手の広告に適う物は無い。

ここに、名前と役職名が入れば最強だ!

因みに僕の見学統計上この手の顔公開を惜しみなく自発的に行なっている企業さんは9割がた繁盛店だ。

何故そうなのかと言う説得力のある理由もあるが、長くなるのでまたの機会にコメントします。

話は戻って神楽坂。
     神楽坂

このあたりは小型店から中型店舗までが犇き凌ぎを削っている激戦区だ。

早速、通りを歩くと祝日と言う事もあり一通りは多い。

とは言え半径100メートルと狭いエリアに5店舗連なる。

先ずはゴードンさん。
     ゴードン

そして、オリエンタルパサージュさん。
オリエンタルパサージュ

今日は祝日。

通りにも人通りが多くいたので何処もある程度の集客がされているだろうと思っていたが、この時点では以外に厳しい稼働率だ。

確かに行きかう人を観察して見ると学生が多い。

パチンコ層はいないのか?

と、次にオアシスさんを拝見。

ここにいた!
     オアシスS

先ずはオアシススロット専門店。

ここにお客様がいました。

スロット専門店にも関わらずマズマズの稼動。

大学生から中年までの若中年層で占められている、言わばスロッター?好みのお店だ。
オアシス

このオアシススロットから目と鼻の先にあるオアシスパチンコ店を続けて拝見。

ここは更に大勢のお客様でごった返す。

スロット専門店とは打って変わって中年配層で占められているが、若い女性層も目立っていた。

通路も狭く空間的には厳しいはずなのに、この稼動。

見ると幾つかのお店の拘りがあるのだが、一番目を引いたのは“ イベントプロを排除 ”を強調していた。

これは実際に徹底されているのならば常連客の強い見方だ。


最後は駅の反対側に店を構えるプレサスさんへ。

向う途中に気付いたのだが飯田橋を挟んで逆に行くと行き成り人通りが少なくなる。

そして、少し歩いてお店へ到着
プレサス

稼働状況はと言うとオアシスさん以外のお店と同様に決して楽ではないが、クリンネスもクリアーし接客もまずまず、空間も広々としており、僕的には良いと思うお店なのだが、やはり飯田橋の駅が導線を切ってしまっているのか?

一通り見学をして千葉へ帰るため駅に入る。

そして、またあの“ 顔公開 ”ポスターに目が行く。

あ、そうそう

顔公開を惜しみなくするお店の9割は繁盛店と言いましたが、

このポスターのお店はと言うと・・・

今日見たエリアの1番店でした。

------------------------------------------
<PS>

最近、僕は新たな習慣作りとして神社を見付けると参拝することにしている。

しかし、ある神や仏の信者になった訳ではない。

参拝する事により自分の目標、ミッション、価値観等を常に暗示をかけるためだ。

ですので賽銭を投げ合掌する際は願い事を念じるのではなく、決意表明を念じるわけです。

そして、ここ神楽坂でも神社を発見。

見ると四天王の一人“ 毘沙門天 ”を祭る神社だ。
毘沙門天

実はこの戦いの神、毘沙門天についてだが最近少々興味を持つようになっている。

何故かについては、近いうちにコメントさせて頂きます。

それでは!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード