プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

追い込まなきゃいけないのに(トライアスロンまで後7日)

 
2009/08/16(Sun) Category : スポーツ
先ずは昨日の休日のことから。

義理の姉の息子も預かっての忙しい一日が始まろうとしてたこの日。

まだ家族サービスが始まる2時間前に二日酔いの目を覚ましバイクモードに。

屋外でのバイクの練習はかなり久々だ。

それでは準備を整えいざ!
     自転車スタート

今日のコースは月並みの幕張湾岸コース。

先ずはマリンスタジアムから千葉方面に進み千葉港の行き止まりまで行く。

Uターンして同じコースを逆送しマリンスタジアムをパスし船橋方面へ。

そして、第二折り返し地点の札幌ビール園へ到着。
札幌ビール園

ここで休憩を取る。

反対側は東京湾を挟んで東京のビル群が見える。
東京湾

ここまでで約19キロの走行。

速度のアベレージ32キロ。

我ながら(ビギナーレベルで)まずまずのスピードだが高が19キロでもう体はバテバテのヘロヘロ状態。

とり合えずゴール地点のマリンスタジアムへ全力で走る。

家に付近に着き総距離を確認すると28キロ。

残りの2キロは普段のマラソンコースを回り30キロで本日のバイク練習を終了する事に。

あと10キロプラスの40キロは走りたい所だが、今日は終始フォームの確認が目的の走行ゆえ、無理はしないことに。

久々の屋外バイク練習だったが感想はと言うと全体的にスピード感が感じられなかった。

細かな部分では上半身がぶれペダリングも足を引き上げる動作をどうしても忘れてしまう。

足を引き上げる動作が体に染みこんでないのは普段ジム内のバイクマシンで練習をしているのが理由だろう。(足が固定されないため踏み込むペダリングアクションしか出来ないため)

バイクも課題が残るな~。

---------------------------------------
そして今日。

昼食を摂る前にマラソンの練習を。

昨日に引き続き天候はカンカン照りの晴れ。

本番も恐らくこんなカンカン照りが予測されるだろう、それを想定しての練習だ。

せっかくなので“チビガッツ”も連れて行くことに。

本人も行きたいと言うので家族サービスも兼ねて一石二鳥と連れて行く。

しかし、流石にこの炎天下の中、マラソン10キロは娘には無理なので自転車で並走することに。

それではイザ!
     マラソンスタート

久々に並走して思ったのだが、自分の知らない内に自転車がかなり速く漕げるようになっているのに気付く。

小学1年だが時速13キロで走ることも可能だろう。

付いてゆくに精一杯だ。

フラットなコースでは競走→登り坂では追い抜き→下りで追い越される。

中々強いトレーニングパートナーだ。

昨日と同様の5キロ地点の千葉港の海で3度目の休憩。

二人してバテバテだ。
     折り返し地点

自転車とて子供に炎天下の5キロは応えるだろう、充分に水分を補給させる。

10分は休んだだろうか再度残りの5キロをスタート。

途中の僕の大好きな幕張の海。
帰り


突然、娘が「ポニョだ!」と叫ぶ。


コイツは何を言っているんだと娘の指の指す方向を見ると!?

     くらげ

本当だ  ポニョだ。

と言うより 気持ち悪いし怖いぞこれは・・・

家に着くと二人で“ガリガリくん”に齧り付く。

今日の練習は10キロ走というよりは

5キロ×2本のジョギングって感じだったが正直言って疲れた!

トライアスロン本番まで残り7日。

本来なら追い込まなきゃいけない時期なのに追い込めていない。

スイム、バイク、ランの各2本ずつ追い込まなけりゃ本番が心配だこりゃ。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード