プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

1パチ店視察&深夜のマラソン(手賀沼トライアスロンまで後10日)

 
2009/08/13(Thu) Category : パチンコ・業界
昨日のこと。

お昼頃に近くにオープンした某駅前店を視察に。

このお店は元々存在した店舗を屋号を変えオープン。

次いで向いに同グループ店舗を居抜きで改装しての計2店舗同時オープンの店舗視察だ。

ここは既存店はオープン前と同様4円の貸し出しだが向えの新店は1円貸し70%、2円貸し30%の低玉貸し専門店となっている。

先ずは4円貸しの店舗を視察。

パチンコ稼動は4割といったところで盆期間が最近厳しいとはいえ、やはりリニューアルオープンは稼動アップの起爆剤にはならないようだ。

そして、視察メインの低玉貸しの店舗内を見ると1円貸しは5割稼動で2円貸しは2割と言ったとろで、これも随分と苦戦を強いられている様子だ。

まぁ、低玉貸しの場合はジワリジワリと稼動が上がって行くのがセオリーなのだが・・・

そしてオープン時期の機械の使い方をチェックするため2円貸しに座る。

低玉の基本だが元々が1玉4円のところを1円で貸し出すため初回投資時の玉の量が4倍になり、これだけで低予算でかなり長く遊べるのだ。

よってスタート回数はそう高くは使わないのがセオリー。

この店舗も例外に無くスタートを余り高くは回していないようだ。

すると毎度の事だが1000円内で

CR月影ゲット!
     つきかげ

MAXタイプゆえ「長くなりそう?」

しかし、3連で終了。

「ふ~」

次は迎えの既存4円貸しリニューアル店で遊戯を。

低玉店と打って変わってスタートをかなり高く使っていた。

「ん~、同グループ店だが低玉店と4円貸し店の相関関係を考えると僕もこの使い方は同感だ」

すると、またまた1000円内で!

今度はCRマジカルランプでゲット!
     あらじん

相変わらず視察時の引の強さは我ながらアッパレ。

これも単発で終わり一通り見て回り店舗を後にする。

しかし、今日のオープン店視察後に思う。

新規スタートから低玉専門店でオープンする店舗が僕の地元でも珍しくなく出現し始めているの関心を持たない訳にはいかない。

今後、更なる景気悪化と高速料金1000円均一で人々はこれからお金の使い場所を変えて行くことが予測される。

そう意味では低予算で遊べる低玉貸し営業は強い見方となる営業方法の一つとして無視は出来ない。

ともあれ、あの手この手と色々と模索し試さねばならないのは、この時代必須であるのは間違いない。

大事な事はやはり

諦めずに「元気を出して行く!」

この気持ちを捨てた時点で勝ち残りゲームはゲームオーバーとなる。

これからも ズーと・・・

--------------------------------------
手賀沼まで残り11日間と時間がなくなってきた。

本日はミッチリとスイムをする予定であったが緊急かつ重要な仕事が入り、このトレーニング予定が実行されなかった。

よって深夜のマラソンを。

しかし、今日は何だかスイムモードになっていたのをランニングモードにスイッチするのが億劫でたまらない。

「こういう時もあるさと」考えながらもウェアに袖を通す。

今日はハセツネで決めようと思っているウェアでのコーディネート。
     しんや1

上のオレンジのウェアは先日行なわれたTOKYOヒルクライムの参加賞のバイクウェアだ。

バイクウェアは背中にポケットがあるのが通常でトレイルランには欠かせない。

よってハセツネではこれを着用しようと思う。

下の短パンは今まで黒ばっかりだったので白を履くことでイメージを一新。

気持ちも晴れると思いこの格好をしてみたモノのモチベーションは一向に萎えたまま。

しょうがなく今日は幕張メッセ内を散歩感覚で35分間の6キロ走を。
     深夜2

しかし、何故このようなモチベーション状態に?

恐らくトライアスロンが近づくに連れ、不安感も襲って来ているのだろう。

明日はマッタリとスイムの練習をしなければ・・・


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード