プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

ミニミニトライアスロン中に出会ったベテラン・アスリート(手賀沼トライアスロンまで残り12日)

 
2009/08/11(Tue) Category : スポーツ
昨日の事。

手賀沼トライアスロンまで残すところ2週間に迫る。

よって今週は比較的ハード目のトレーニングをといつものようにジムに。

先ずは順番通りスイムを

距離は1.1キロだが終始ヘッドアップクロールでこなす。

そんな中、ジムのインストラクターが僕を呼ぶ。

何かと思いトレーニングを一旦中断し駆け寄ると隣に体のゴツイ40代の男性が。

なんと一般参加だが20年以上の経験者ベテラン・トライアスリートだ。

聞くと数々のタイトルで入賞もしている名の知れた人らしい。

インストラクターが気を利かして僕の事を紹介してくれたのだ。

せっかく出会ったので、ここぞと色々と質問を投げた。

主な質問はやっぱり不得意なスイムに集中する。

その人はトレーニングは終わっていたにも拘らず、またプールに入って丁寧にプチ指導をしてくれた。

〈内容〉
①ヘッドアップは疲れるのでコマ目にやらずに、たまにやる。

②初心者はヘッドアップより一旦立ち止まり平泳ぎで前方確認そして再度クロール。

③ヘッドアップクロールの練習をする前に先ずはクロール自体を徹底的にマスターすること。
  でないとフォームがおかしくなるから。

んー、シンプルな内容だがベテランが言うと疑問を一切感じずに素直に従える。

そして、ベテラン・トライアスリートは去っていった。

因みにこの人、次の手賀沼トライアスロンには夫婦で出場するらしい。

今度、礼を言おう。

探せたら・・・

てな事で練習を再開。

とりあえずヘッドアップは最後のラストら辺で行なう以外はノーマルクロールに集中する事に。

やはり基本のフォームが大事なんだなー。

スイムが終わるとウェアに着替えそのままジムへ行きバイクにまたぐ。

ケイデンス95~100で20分走。

距離は約11キロ。

次いでラン。

時速13キロの5キロ走。

この時点でかなり体はフィーバー状態。

そのまま筋トレに入り脹脛と二の腕、後背筋を追い込み今日のトレーニングは終了。

-----------------------------------------------
帰りの車の中、先程のベテラン・トライアスリートを思い出す。

やっぱり本物と実際に会って話して見ると、なんだかベテラン・トライアスリートへの道がそう遠くないように思えてきた。
(錯覚かもしれないが)

でも何事も「あっ、何だかオレにも出来そうだな!?」的なキッカケは非常に大事である。

ビジネスでも同じ事が言えるが凄い人のお話を人伝で聞いたり本で読んだりするよりも実際に本物の人と出会う事の方が感じ方が全く違ってくる。

ビジネス界でもアスリート界でも大体の凄い人と呼ばれている人は実際に会ってみると極普通の人だったりする。

すると「オレにも出来るんじゃないか?」と感じ一時だがモチベーションが上がる。

やはり凄い人と実際に会うという行為は凄く大事な事だと思った。

ある実業家がこんな事を唱えていた。

「100の書物を読むよりも一人の凄い人と会え」

今日はキッカケを作ってくれたインストラクターに感謝だ。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード