プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

富士登山

 
2009/08/02(Sun) Category : 登山
一日が過ぎてしまったっが昨日はアスリート仲間のAMEGROさんの経営する会社本社主催の富士登山に同行させてもらうことに。

では早速その時のリポートを。

時刻は23時。

待ち合わせ場所の目黒雅叙園前のアルコタワーへ行くと既にチャーターバスが。
バス

次々とバス内へ乗車する本日の参加者達へ挨拶をするのだが、AMEGROさんの会社の人達は皆若くて元気のある人達で気持ちの良い挨拶を交わす事ができた。

向かうバスの中、直ぐに睡眠を取らなくてならないのだが、中々寝付けない。

そうこうしている内に新5合目に到着する。

時刻は2時。

早速、全員登山の仕度に入る。

本日の登山ルートは「富士宮口」4ルートの内の3番目にキツいコースとなっており比較的登山者が多いコースでも知られているが、この日はまだ露が空けておらず登山者も未だ少ないらしい。

3時に近づき登山開始。

しかし、ここで僕はさり気なく一人焦っていた。

今日の登山開始時間は4時と思い込んでいたためライトを準備していなかったのだ。

「登山開始時間を確認しておくべきだった~どうしよう?」

3時だと辺りは当然の事ながら真っ暗闇でライトを持っていないのはどうやら僕だけ。

ん?と思い試しに携帯の照明を照らしてみると、これが案外いけている。

あまりにもの暗闇ゆえに微かな明かりが物凄く明るく感じられるのだ。

「よし!これで行けるぞ!」
※(他の人は絶対に真似しないで下さい)

そして、登山開始。

登山しながら思ったのだがAMEGROさんの会社の人達の顔を微かにしか覚えていないのと、どの道この暗闇では確認が取れないので一人だけの単独登山になる。

暗闇の単独登山は色々と妄想に耽る事ができて今日の登山イメージをする。

今日は44キロの北丹沢以降まったくランニングのハードトレーニングが出来ていなかったので10月予定のハセツネ70キロのための練習にしようと思っている。

登りは飛ばしもせず終始マイペースで登り下りはトレイルランのペースで駆け下りれる場所は常に駆け下りる予定だ。

そんな事を考えて1時間が経ち時刻は4時に。

ご来光が昇ってくる前の火が差してきた。
雲の上

既に雲の上にいた事に、この時に気づく。

ここでようやく携帯をしまう事ができた。

結構恥ずかしい物もあったので・・・

7合目付近で何やら登山者の皆様が太陽に向かって携帯や写真を翳している。

ご来光が出る頃なんだと察して僕も立ち止まり火の方向へ。
     御来光

「ありがとう~!生きているって素晴らしい~!」

俄然やる気が出てきて7合で休まず8号へ。

8合目に5時ごろ到着しここで本日の朝食であるオニギ2個を頂く事に。

何だか雲行きが悪くなってきたような。

腹を満たし天候不良になる前にと早速登山を開始する。

9合目を過ぎたところで休憩を小刻みに取る事を心がける。

結構ここまでハイペースで来たため高山病を避けるためだ。

頂上の鳥居が見えてきた。
     山頂間近

後はもう頂上までノンストップで行くだけだ。

そして、去年に引き続き2度目の富士山登頂!

時間は6時20分頃かな?

登山開始から3時間20分でこれた。
      山頂1






山頂


山頂の天候は雨がパラつきながら太陽も顔を出したり出さなかったりであったが悲願であった富士山の火口が見れたことで言い残す事はない。
20090801062649.jpg

とりあえず腹ごしらえのためカップラーメンを注文。

「げっ! 山頂でのカップラーメンは800円もすんのか~」

何故か上った後だと美味しく感じるカップラーメンを完食し下山の準備。

下りは予定通りトレイルランで降りることに。

山頂付近は登山者達の渋滞があるが登山道の道幅があるのでグングン追い抜くことが出来た。

走る、走る、飛ぶ、急ブレーキ、急発進、そしてまた走ると気持ちよく駆け下りる。

途中途中ですれ違う登山客からは
「あの人凄ーい!」

「走ってるよー」

「あれ、トレイルランってやつだぜ」


等々の話し声が聞こえたが、みんなそんな事を言ってくれてありがとう!

トレイルランナー達の中ではまだまだ屁タレレベルなのだが・・・(笑)

そして下山途中の9合目でAMEGROさんとすれ違う。

AMEGROさんの会社の社員さん達にも声援を送りたいのだが如何せん顔が分からないで不可能であった。

そして8合目もパスし天気にもなったので一旦止まって景色を堪能する事に。
     下山途中

再度ランを開始し無事本日のゴールである新5合目に到着!

時刻は8時丁度なので往復を5時間で走破。

チャーターバスの中で2時間ばかし仮眠をとり、一人下山用のバスで帰路の途へ着く事に。

次の予定で同級生のサッカーが入っているためだ。

バスの中で僕は今度の登山対象の山はどうしようかと考える。

結果、北アルプスの奥穂高を一泊二日で登る決意を固めた。

後は同行してくれる人探しだな~。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード