プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第3回信州小谷ヒルクライム 当日!

 
2009/07/19(Sun) Category : ロードバイク
今日は「第3回信州小谷ヒルクライム」当日!

今大会は18日のMTBと今日行なわれるヒルクライムのダブルエントリーをしていたのだが仕事の都合上、初日目には出場は果たせなかった。

が、今日のヒルクライム1本も長らく楽しみにしていた大会だ。

何故ならロードを始めた頃の丁度1年前に同大会である「第2回小谷ヒルクライム」に出場していて先月のMt富士ヒルクライム同様、1年間の上達ぶりを知る絶好の競技なのだ。

休みながらの約5時間のドライブを経て5時頃白馬に到着。

何だか天候が嫌な予感・・・
     雨の白馬

現場に着くと先ずは受付のまでの約2時間、仮眠をとる。

     すぐ寝れた・・・

       

携帯のアラームに起こされて外に出ると既に各方面から来たレーサー達が集まってアップ開始の準備に入っていた。
朝

微妙に日は差しているが雨もパラ付く。

車の台数を見る限り前回大会時よりも車の台数も人数も半分以下のような気がするが、これも昨日からの雨が降るとの天気予報のせいなのだろう。

と時計を見ると「う!もうこんな時間だ」

と、僕も直ぐに準備に取り掛かる。

ローラー台は持ってこなかったので自転車に乗り直ぐに舗装路に出てのアップ。

既にアップしているレーサー達が。
アップ

この間、雨は降ったり止んだりで7割降ったり3割止んだりの何だか雨になりそうな気配だ。

そのままスタート時間も迫って来たのでゴール地点へ向う事に。

体も暖まったので自転車を置き小屋の中でスタートのその時を待つ。

続々と他のレーサー達も集まり始める。
     後続グループ

スタート5分前のアナウンスが入る。

さて我輩もスタート位置に付くとするか。

それでは

     「いざ、出陣!」
     我輩も

早々に自転車を引きスタート位置に着くとスタート1分前のアナウンスが入る。

みな自転車に跨ぐ。
スタート1分前

緊張のせいか心臓がバクバクし始める。

毎度の事だがこれがタマラない。

因みに今日の僕のタイム目標は

1時間を切ることだ。

去年の同大会のタイムが1時間03分だったため今回はとりあえず50分台を出すを目標にだ。

そしてスタート10秒前・・・

  スタート

前回の反省点はロード初心者時期だったためスタート直後からかっ飛ばし終盤にバテてしまった。

特に小谷のコースは序盤は比較的飛ばせる程の緩やかな上りになっているので尚更気を付けなくてならない。

よって今回は序盤はスローで行き中盤に待つ激坂の難関を過ぎるまではイーブンのペースを守り終盤はビルドアップする作戦だ。

しかし、序盤はスローとは言え、みんな物凄いスピードで小さくなってしまった。
     レース序盤


「焦るな、焦るな、マイペースだ!」

と中盤に差し掛かり、あの美ヶ原に引け劣らない激坂が立ちはだかる。
     最難関

この坂が小谷温泉まで延々とジグザグに伸びている。

しかもカンカンに日差しが照り始める。

恵みの晴れ?それとも地獄の太陽熱?

まぁ良い

それでは いざ、トライ!

とにかく死んどい!死んどい!

去年もそうだったが、このエリアで第2スタートグループのトップレーサー達に追い抜かれて行く。

気持ちの中ではその人たちに何とか付いて行こうとするのだが足が回らない。

何とか小谷温泉まで到着。

ここからは坂の角度が多少軽減されるのでラストのゴールまでは残った気力を振り絞りペースアップをするゾーンだ。

残り5キロの看板が見えて来た。

同時にタイムを確認。

すると・・・

「何!45分だとー
 残り15分で5キロは無理だろう!」


とりあえず足を死に物狂いで回す。

残り2キロの看板。

タイムは55分。

もう泣きそう・・・

残り1キロの看板。
     ラスト1キロ

タイムは59分。

この時点で夢崩れる。



     ゴールが見えてきた。
     ゴール




そして


   ゴール

既にゴールを終え下山の準備に取り掛かるレーサー達をかき分け、適当な場所に腰を下ろし残った水をがぶ飲み。

ゴール様子

気持ちが落ち着きタイムを確認しようと先程のゴール時に止めたストップウォッチに目をやると・・・

何と!

1時間03分・・・

去年と全く一緒・・・

何をやっているんだ俺は!

片道4時間以上かけて、わざわざ長野まで来てゼーゼーハーハー大変な思いして。

これじゃ、まるでドリフの大爆笑だろうが!

しかし、何でだろう?

マジで凹む・・・

でも まぁ、大自然に触れる事が出来てストレスも発散できたから、これはこれで良いか!

そして、直ぐに僕も下山しそそくさと都会へ帰る。

都会に近づくにつれ、自然が恋しくなる。

「はーまた都会か~」とモチベーションがなえる。

そんな時、立ち寄った都内某所の支店近くで思わぬ光景に足を止めた。

     虹だ!
     虹

「何年ぶりの虹だろう?奇麗だな~、都会も満更悪くは無いかも?」

と、思わぬ形で僕の心を癒してくれた虹であった。

それではみんな!

明日か元気出して行こうぜ!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No title

天気の写真が本当に綺麗ですね~。でも、気が遠くなる様なすごい坂ですね。

「もう泣きそう・・・」はかなりウケましたっw

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード