プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

誰のための掲示物? (表富士ヒルクライムまで残り5日)

 
2009/04/21(Tue) Category : 日記
ツールド草津競技後のスーパー銭湯でこんなのを見つけた。

目に付いたので見てみると(汚れたまま入るな、騒ぐな、飛び込むな等々)マナーを守ろうと促す掲示物だ。

一通り目を通すと、この掲示物が大人向けだけではなく主に子供達に働きかけているポップのようだ。
     子供向け注意書き


文字数は少なめに、そして分かりやすくイラストと共に行儀の悪さを解説し、それらを止めよう!と促すポップだ。
     

と、ここまでは良いなだが掲示している場所に問題がある。


ゆっくーり引き伸ばして行くと。
     しかし張っている場所

丁度身長182cmの僕のアゴの部分に貼ってある。

「これじゃ子供は見れんだろう。
  て言うか気付きもしないよ」

後、漢字にもカナをふって欲しいところだ。

~~~~~~~~~~~
パチンコ店でも例外ではなくターゲッティングしたお客様に向けた、お客様の立場に立った掲示がなされているかは非常に大事。

それがクリアーされていなければ、せっかくの最高の掲示物もただの紙クズになってしまう。



以前、とある某優良店で大変勉強になった事があった。

掲示場所によって掲示物の文字のサイズがどれも異なっているのだ。

最初は「何でかな~? 別に意味は無いのか?それとも意図的?」

と思いながら導線で一番お客様が集まる場所に足を止めると、その謎が一瞬にして解けた。

一番、人が集まる場所を基点にして見渡すと、近くの掲示物は勿論のこと一番遠くに位置する壁に貼ってある掲示物の文字をわざわざその場所まで行かずとも全て読めるのだ。

遠近法を上手く使った工夫だ。

このお店は中年配層をターゲットにしたお店で実際にも見事に集客層とリンクしている。

年配のお客様の殆どは視力が低下してるため、掲示物の真ん前まで行かないと内容が確認出来ない。

そういったお客様の立場に立った創意工夫の掲示法だった。



何事もお客様の立場に立つ事を改めて考えさせられる何気ない掲示物でした。


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード