プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第11回lafuma青梅高水トレイルラン

 
2009/04/05(Sun) Category : トレイルラン
さて、やって参りました

今日は第11回lafuma青梅高水トレイルラン当日!

この競技のために照準を合わせていなかったとは言え、やはり本番は燃えてくる。

6:30分に家を出て車を車庫から出す間、空を見上げると気持ちの良い晴れだ。
     マイカー

高速も混むことなくスムーズに進み約1時間45分掛かって青梅に到着。

駅前に車を停め準備したバックを手にし会場へ向かう。

ここからトレイルランナー達がチラホラと現れてくる。
     青梅に着く

約1キロほど歩き会場へ。

すると既に1000人以上の獣達でごった返す。
会場到着


早速、僕もエントリーを済ませアップに取り掛かる。


スタート時間が迫りアナウンスが流れる。


それと同時に僕もスタートラインへ向かう。


すると見よ、これを!
     スタート30キロの部

既に長蛇の列。

しかし、これは30キロの部の選手達で、僕のエントリーは15キロ部の20分後スタートだ。

一瞬、焦った。

まだ時間があるのでアップ再開。

このスタート直前のギリギリまでのアップが特にトレイルランでは重要になってくる。

時刻を見ると15㌔の部のスタート10分前。

アップを切り上げ気合を入れる。

今日は15キロという事と給水場も2箇所設けられていると言う事でキャメルは背負わずのアタックを試みる。

それでは、そろそろ我輩も戦場へ向かうとするか。




     「いざ、出陣!」
     いざ出陣

30キロの部のランナー達の最後尾が出走して次に15キロの部のスタート準備。

そして、勿論ぼくのポジション取りはスタートの幕の直ぐ目の前を!
15㌔の部のスタートに着く

まともな練習もしていないのに本当に僕は身の程知らずだ。

すると、そこへかなり遅れて会場入りしたアスリート仲間のAMEGUROさんと合流。

AMEGOROさん、スタートラインに着くや否や第一声が

AMEG:「ブログの写真いつも誰に撮って貰ってんの?」

ガッツ:「ギク!

続けて「自分で撮ってます」

二人で:「ハハハハハ」  
     合流




そうこうしている内にスタートのカウントダウン。




そしてスタートの幕が切って落とされた!
     レース序盤




最初は決して急ではない勾配を上って行く。
     青梅最初


練習不足のせいか心拍数が既にマックス状態。



     レース序盤2



まだまだ登山道に差し掛かる前からヘロヘロ状態。
     レース序盤桜

せっかく桜も、正直どうでも良い。



そして登山道へ。
     レース序盤幼稚園生

しかし、山道に入っても勾配がそれほど急ではない。

「これは気持ちよくタイムを狙えるかも・・・?」



そしてレースも中盤に差し掛かりアスファルトが顔を出す。
     レース中盤

ここで、いつものカッ飛びなのだが全然抜けない。

スピードは出しているのだが他のランナーも間違いなく速い!

今日はレベルが高い気がする。

勿論、僕も練習不足なのだが。

途中、幼稚園児に追い抜かされる。
     レース中盤幼稚園抜かれる

実際は園児のコスプレのランナーなのだが

女性だ・・・

どんどん差を広げられ小さくなって見えなくなってしまった。

トホホホ

「しかし、ここまで急勾配がないなー」

と思っていたが、やはり考えが甘かった。

ちゃんと用意されていたではないか!
     踏ん張り所

これはキツイ!

何とか歯をしばり登た所で後ろを振り向くと後に続くランナーもヘロヘロ状態。
     最初の激坂

この後にロープを持って登る激坂があったが流石に写メは撮れなかった。

しかし、激坂を登り切っても、まだまだ登りは続く。
     レース折り返し間近

やっと折り返し地点を通過し後は基本的に下りのコース。

見よ、この岸壁を。
     折り返し直後の岸壁

落ちたら一溜まりも無い!

転ばないように細心の注意をはかり何とかこのエリアをクリアーした途端、気が抜けたのか今日の第一発目の尻餅。

「やっぱコケたか」

テクニカルなコースはまだまだ続き一時も気は抜けないと言う事だ。
     ゴールまで下り

そしてレース終盤の踏ん張り所。

いくら下りとはいえ、こう下りが続くと膝に負担が掛かるが足をクルクルペダルを回すように回転させる。

     ゴール間近

徐々に沿道から声援を送る人たちの数が増えてくる。

ゴールが近い証拠だ。

するとゴールが見てきた。

最後に歯を食いしばって
     青梅ラスト


     ゴール

ゴ・ゴ・ゴ  
     
     ゴール!



時間 1時間32分

15キロの部 出走者868人中 143位

「んー、まあまあじゃないかな」

ゴール後の記念撮影。
     ゴール後

そしてアスリート仲間のAMEGUROさんを待つ事に。

すると、僕のゴールの約10分後にゴールしてきた。

「トレイル初出場なのに速いぜ!アニキー」

しかし今日は本当に良い天気に恵まれ風も無く程好くポカポカ陽気だったこともあり、凄くコースコンディションが良かった。


PS

次の競技からは重点的に自転車に移行して行きますので乞うご期待!

「それじゃ皆!元気出して行こうぜ!」

面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment10  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No title

トレイルお疲れさまでした!
山道走るの大変そう…
上り地獄に下り地獄。
私にはマネできそうにないですね。
自転車も楽しみにしてます。

 

お疲れ様でした

 走行中も こんなに撮ってたんだ (笑)
 
 「いざ出陣」も良く撮れてるよお~
 岩に置いて撮るから 下からのアングル  が、多いんだ。。。  
 
 今度、やってみます。

 

お疲れさまでした

なんか高水山トレイルは毎年混んでいってます(^^;)
前に走ってからそんなに経ってないんですけどね。
自分撮りの後ろ姿は、タイマー?
下からアングルがいい感じです(^^)

 

マポさんへ

コメント有難うございます。

トレイルランは確かに疲れますが自然に触れられて楽しくてクセになること間違いないです。
それと自転車で言うヒルクライムと一緒でやれば結構出来ちゃうもんですよ。

僕もこれから自転車ですが一緒に頑張りましょう!

 

AMEGUROさんへ

最初はこれで結構コケてたんですよ。

これからのトレイル参戦を楽しみにしております。

後、5月末のトライアスロンの練習も
頑張りましょう!

 

どららさんへ

コメント有難うございます。

高水トレイルは参加数が多い分、レベルの高い一般人もいましたねー。

出陣シリーズのお褒めのお言葉有難うございます。
写真はタイマーです。

どららさんも頑張って下さい。
ウルトラマラソン凄かったですよ。

 

No title

おつかれさまです~。
関東はトレランの人気がすごいですね。スタートラインの前に並ぶのも一苦労な感じ?

奇麗ないいコースですね。
私も走ってみたいですぅ~。

幼稚園のコスプレの方は男性?



 

kenkoudouさんへ

参加するたびに100人単位で増えてます。

本当に大人気ですよ。

因みに園児のコスプレは女性です。

ただでさえ走り難いはずなのに、かなりのアスリーターですよ。

こんな人がわんさかいました。

神戸でもトレイルランの競技はありますよね?

 

すごいなぁ~~

よく15kmも走れますねー。
しかも山道を...
うらやましい限りです。
それにしても、こんなバリバリアスリートのおっさんガッツさんを千切ってく幼稚園児?って...(笑)
世の中にはすごい人がいるもんです。

 

KeiBoさんへ

コメント有難うございます。

レベルがかなり高かったと思います。

幼稚園児の方は女性ランナーです。

その他でも6人程の女性ランナーに抜かれました(笑)

でも、とっても楽しいレースでしたよ。

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード