プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

WBC日韓戦を見て(青梅高水トレランまで残り11日)

 
2009/03/25(Wed) Category : アイデンティティー
WBCの決勝は凄かったですね~。

世紀に残る名試合でした。

しかし、その決勝を廻って日本国内では喜んだ人悔しんだ人との双方の観戦者がそれはそれは多かったこと。

前者の人達は勿論日本国民で後者の方は紛れもない在日韓国人の方達だ。

勿論、僕も韓国を応援していて(実際は野球は興味が無いので、さほど熱中はしていないが)韓国が負けた時は残念な気持ちがよぎったが、どうも他の在日の方達は違った思いで悔しがっているようだ。

それは「母国韓国が勝利できなかった」と言う残念感よりも「日本に負けた」と言う悔しさの方が大きく作用しているのは間違いない。(そうでない人もいるが大体がそうだ)

一方、日本の方達も韓国には相当なライバル意識を持っている。(そうでない人もいるが)

双方のプレーヤーの方達も見ていると「ライバル意識」と言うよりは「敵対意識がムキ出しでインタビューを執る記者の質問もそれを煽るような内容。

これはサッカーでも同じ事を言える。

15年前ならまだしも未だに反日感情が残っているのは本当に寂しく感じる。

これは余談だが先程パチンコ某メーカーの営業マンのブログを拝見して見付けた書き込み内容。

「今日は営業先(パチンコホール)でWBCの話題は絶対NGだ・・・」

これはパチンコホール関係者のその殆どが韓国人の人達なのでWBCの話題をしたら相手の気分を害すると言う意味の内容だ。(思わず笑ってしまった)

なんで憎悪にも似た感情で観戦するのだろうか。

もっと視点を変えて見れば、今回のWBCがどれだけ面白くてエキサイティングな代物だったか。
(実際、野球に興味の無い僕もかなりエキサイトした)

日韓戦も4試合戦って、どれもデットヒートを繰り広げ無意識の内に歓声を上げさせ、この暗い世の中に知らず知らずに元気を与えるた、どれだけ素晴らしい試合だったか。

そう考えれば在日韓国人の人達はそれを演出してくれた日本チームに感謝をしなくてならないし、日本人もまた韓国チームに感謝をしなくてならないと思う。

それと、もう一つは世界の視野で見ればファイナリストに日韓のアジア勢が残った事を大いに喜ぶべきなのである

しかも今回のWBCはまさに日韓劇場だったのは紛れもない事実。

スポーツに限らず日韓がもっともっと歩み寄って力を合わせれば、あらゆる意味でアジアの発展に大きな原動力になるのは間違いない。

なんせ、WBCを盛り上げた、こんなパワーを両国は持っているのだから。


しかし、改めて日本チームの優勝おめでとうございます!

イチロー選手 格好良かった~!

PS
Lafuma青梅高水トレイルランのカウントダウンを今日より始めます。

乞うご期待!


面白かったら、ここを押してね
にほんブログ村 その他スポーツブログ トライアスロンへ
にほんブログ村 パチンコブログへ ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

はじめまして!

こんばんは!はじめまして!
Apollo Graffittiと申します。
いつも、楽しく(こっそりと?)拝見しております!笑
(以前のマナーの記事なんて大爆笑でした!)

私は日本人ですが、大学時代はハングルを第二外国語として選択していました。
文法がとても似ていますよね。
いろいろ感情のもつれや政治問題があって韓日、日韓関係は複雑ですよね><
でも、韓国と日本がイイ所を認めあっていきたいものだと思います。

イチローも最高でしたが・・・
あの局面であえてイチローに勝負を挑んだ韓国チームも最高だったじゃないですか!
さすが北京の金メダリスト!(・∀・)/

 

No title

 こんにちは、戦後50年以上たっても遺恨が残っている?もしくはマスコミがあおっている?せいで、隣同士の国なのにギスギスとするのは悲しいですね。
 僕も、おっさんガッツさんと一緒で、隣同士もっと仲良くいけたらいろんな事がもっと上手くいい方向に回るのにな~って思います。スケートも野球もどちらも歴史に残る戦いををお互いにもっと称えあってほしいですよね。
 

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード