プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

新台入替えで思いにふける

 
2009/03/23(Mon) Category : パチンコ・業界
今日は支店の閉店後に足を運ぶ。

中古パチンコ機の支店間移動の様子を見る為だ。
     20090322230833.jpg

機種は中古機なので少し前の機械。

CR北斗の拳、CR暴れん坊将軍、CRスターウォーズだ。

その中でも、このCRスターウォーズはビックメーカーの商品で4ヶ月前の年末の機械だ。

市場お目見えする前から散々話題になった機種だが導入した途端、ホール関係者の期待を裏切り1カッ月も持たずにお客離れをした機種だ。
     20090322232147.jpg


そんなCRスターウォーズを見つめながら、この機種を導入する数ヶ月前の風景を回想する

~~~~~~~~~~~~~~

このCRスターウォーズが市場に出る前、前評判の当時の流れに我が社も例外になく巻き込まれていた。

導入するか否かの会議で賛否両論あったが、その機械が実際に人気機種になりうるかどうかの予想は100%的中するのは無理だ

勿論、入念なる仮説は必要だが、それはあくまで100%に近づけるためと、駄目だった時に次なる対策を前もって準備しておくためだ。

今考えてみれば、スターウォーズが旬だった訳でもなく、又その当時この製造メーカーからヒット機が出ていなかったのを考えてがえて見れば、これを必ず導入しなくてならない理由など何一つなかった。

結果、長いものには巻かれろで導入を決定

以前にもブログで書きコしたが(クリック→店舗見学←クリック)パチンコ機種を売りにし提供する企業主導型ではなく、お客様が本当に求めている物を提供する顧客主導型の営業を確立しているホールではこのCRスターウォーズを入れる際に全く頭を悩ませなかったに違いない。

恐らく、顧客主導ホールの会議では議題にさえ挙げられていないのでは・・・

何故ならパチンコの商売に対する価値観が我々を含む一般のホールと根本的に違うので、これからも機種で頭を悩ます事はないだろう。


結局この機種、導入をするに至った我が社を含む殆どのホールでは1台当り約35万円で購入し結果1ヶ月も持たずに市場評価が下がり機械代回収も難しくなり出玉を抑えるといった負のスパイラルを起こしたはずだ。
※(顧客主導で導入をしなかったホールは機械代回収の必要がないのでその分を出玉にまわせる)


ホール側はメーカーに対して「また騙された」とブーイング

しかし、お客様にとってはそんな事は関係ない。

「出ない、遊べない、サービスが悪い」の矛先はホールに向けられる


商品力で勝負をするのは基本だが、それはあくまで自社製であればの話。

パチンコの場合はこれとは全く性質が変わってくる。

何せ現場を知らないメーカーの開発が作った、しかも導入する寸前までどんな動き(演出等)をするかが全く不透明な機械を高値で購入しお客様に提供するのだら。

しかし、お客様はホールの商品と見る

ズバ抜けて良い機種なら話は別だが、ここ最近はそうでない機種ばかりだ。

おまけに新台を提供する営業だとサービスの低下を生む場合が多い。

何故ならサービスを売りにしての集客をしていないので拘りが少なくなるからだ。

「面白くない機械」「サービスが良くない」「すぐにお金が無くなって遊べない」

結果、そんなホールに嫌気を差し少しでもまともな他ホールへと移ってゆく

そう考えると、まだまだ差別化のチャンスがある。

と言うより我々を含む差別化を生めていないホールほど知らず知らずの内にわざわざ無意味な苦労をしているように思えて仕方がない。

勇気を持って差別化をすればお客様も楽しくなる

ホール側も、もう機械で頭を悩ます必要がなくなる

そんなホールを確立すれば、そっちの方がよっぽど楽なんだよなー。


面白かったら、ここを押してね
関連記事
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No title

パチンコはやらないですが、この手のお話には大変興味があります(未知の業種ですし、うちに来院される方もパチンコやってる方が多いので)。

今度、一緒にビール飲みながらゆっくり語って下さいw

 

kenkouduoさんへ

あらゆる業種で言える事ですが、もう既にどの店や企業でもやってい事をまねしていては絶対に1番にはなれないと常々考えております。

アイデアが浮かんでいて勇気がなくて行動に移せないならまだしも、アイデア自体がないのは全くの勉強不足の表れです。

チームプレイの場合は皆のマインドのパラダイムを転換させる事が一番の難題です。

今度、本当に飲みながら語りましょう。

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード