プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

最終調整(房総トレイルランまで残り2日)

 
2009/03/13(Fri) Category : スイミング
今日は最終調整。

トレーング前に

古いファイテン(紺色)からイメージチェンジで新たに購入した小豆色のファイテンを装着する。
       ファイテン

ジムにて先ずはランニングマシンでのランニング

トレイルを意識して傾斜を20%(かなり急)で時速8キロでの20分走を目標に。
     ジム

しかし軽い流しのつもりだったが、これがかなりハード

もう息は「ゼーゼーハーハー」

気付くと僕の周りだけ人が寄り付いていない。

かなり迷惑かつ浮いていたのだろう。
「でも、そんなの関係ね~!」

じゃなくて、ごめんなさいね~。
(筋肉痛が心配だ・・・)

何だかんだ言って、つい酷使してしまうのが僕の悪い癖だ。

次は筋トレ。

トレイルランを実際にこなしてみて分かる事が翌日になると上半身も筋肉痛におそわれる。

上半身も使っているという意味なのだが最初は「何でだろう?」と思った。

その謎が解けた。

急な上り坂では膝に手を当てて腕の力を借りて膝を伸ばして一歩ずつ上って行く。

この際に上腕三頭筋(二の腕)と甲背筋(カッパ筋)に付加が掛かると言う訳だ。

てな訳で上半身の筋トレをいつもと同様ハードにこなす。
(結局、軽いつもりがここでもハードに・・・)

最後はスイミング。
     スイミング

本来は筋トレ終了で帰って子供達が起きている間に遊んであげたい所だが

男には、やらなければならない事がある。

そう5月末のトライアスロンのためのスイミングの練習だ!

今日は目標700m泳。

この頃だが長く泳ぐコツを三つ掴んだ。

一つは肩や腕に力を入れずに軽く漕ぐ。
少々スピードは落ちるがこれで泳ぐと疲れない。

次に下半身が沈むのを防ぐ方法を見つけた。
肺に息を溜めて置く事により下半身というか全身が水面に浮き前へ前へとスムーズに進む。

最後に息継ぎを少なめにする。
今まで二漕ぎで息継ぎをしていた

今までは、こんな具合に(1・2・1・2・1・2)のテンポで2で息継ぎをしていた。

僕は息継ぎを早く沢山したほうが疲れないと思っていたからだ。

しかし、試しに息継ぎの数減らしてみた。

こんな具合にだ。

(1・2・3・4・5・6)で1~4まで息を肺に思いっきり溜めておき5で息を全部吐き出し6で息継ぎをする。

これだと3回の息継ぎで25メートルを泳げた。

しかも疲れない。

知っている人からすると当たり前の知識かも知れませんが、僕からしてみたら大発見だ!

疲れながらも元気が出た瞬間だ!

1時間半の練習のつもりが結局

約2時間半のハードトレーニングに・・・

それじゃ、明後日の房総トレイル

乞うご期待!

PS
明日はマラソン仲間のAMEGUROさんとトライアスロンショップに関連グッズを買いに行く。

ワクワクするぜ!


面白かったら、ここを押してね

関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード