プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

「御岳山山岳マラソン2008」当日!

 
2008/12/14(Sun) Category : トレイルラン
いよいよ、やってまいりましたトレイルラン当日!
皆!景気が悪りいだの四の五の言わずに、これ見て元気出してくれー!

本日、5時に起床し5時半に車に乗り込む。

天気予報どおり雨だ。
朝5時半

しかし、昔からの晴れ男、向こうに着けば状況が変わってるに違いない。

そして約1時間50分掛けて青梅山奥の御岳山の麓、滝本駅に着く。

天候はと言うと・・・
7時半


状況は変わっていないかった。

残念!



とりあえずエントリーを済ませ車の中で気合を充電。

そしてスタート30分前になりアップを始める事に。

駐車場から先ほどエントリーを行ったスタート地点までジョックで走りこむ。

これがケーブルカーの始発駅の滝本駅から伸びる線路で、次の駅まではもちろん自走で駆け上がる。
     ケーブルカー滝本駅

既に大勢の参加者が今か今かと待ち構えている。

しかし今現在「ほんとーに、寒い!」

そしてスタートが近づき準備をするようにとアナウンスが入り、先ずは第1陣の手段がスタート位置に向かう。
     時間が迫るスタート


そしてスタート。
     先ずは第1班

次に僕のいる第2班目がスタート位置につく。

ここで本日のコースを紹介。

最大高低さ約700メートルの距離は15キロの舗装路あり登山道あり寺の階段ありとバリエーションに富んでおり僕は初参戦だが、結構人気のコースらしい。
高低図

ちょうどA地点が御獄時となりB地点が奥の院になる。

第2班の準備が促されスタート位置へ。
第2班


そして僕の班がスタート!

スタート序盤は舗装路が続くのだが、これが中々の急勾配で直ぐに息が上がる。
     舗装路1

心拍数が上がらないように注意をし、後ろから年配の人に抜かれようが女性に抜かれようが負けず嫌い根性を押し殺して我慢我慢。
     舗装路2

どんどん抜かれて行くが、ここで焦って着いて行き、いつも後悔するので、やはり我慢我慢。
     舗装路3

ここで思いもよらぬ出来事が!

なんと雪が降ってきたではないかー!

まだ始まったばかしで体が温まらない内に・・・

雪だとー!

まさか今年の初雪をこんな形で見るとは。

どうせなら、これをラッキーと受け止めよう。

そして、その雪がこれだー。
フラット雪が

手はカジカムがラッキーな事にここから僕の得意なフラットなコースに。

中盤に差し掛かった所で序盤に抜かれた分をここで取り返すため怒涛のゴボウ抜き。
     フラット2

やはり上りは僕の弱点だが平坦コースは面白いほど抜けるは抜けるは。
     フラット3

そして中盤最後に差し掛かり御獄寺周辺の集落を通りぬける。

これも、また激坂。
     御獄寺付近序盤
御獄寺への続く300段の階段を上る。
     300段中100段

と言っても100段を先ず上り残り200段を残し脇道へとそれ最後の難関である奥の院へと進む。

この奥の院へ続く二つ目の山が小川をジグザクに横断しながら登って行く山道でシャレにならないほど足場が悪い。
     第2の山へ1




     みたけ1


ここで何度も危ない目にあってしまった。

そして本コースの最高棒へと到達し今度はラストの下りへ。

さすがに蓄積された疲労とカジカンだ手と

“恐ろしい程の下りコース”ゆへ写メは封印することにした。

実際に今日は一度目まいがし谷側に落ちそうになったのをどうにか手をグルグル回しバランスを整えて急死に一生を得たのである。(本当に)

そして、終盤も終わりに差し掛かかった所で例の脹脛の攣りが襲ってくる。

「ち!こんな時に・・・」

して、今大会のクライマックスである先ほどの御獄寺の長階段の途中に出て、そこから残り約200段の階段を登る。
     ラストの200段を残し脇道へ

もう歯を食いしばって行くしかない!

もうここでは走しったり早歩きをしたりと、とにかく意識がモウロウとする中、必死に駆け上る。
     最後の200段

登りながら前日までの自身のオゴリを想い浮かべる。

「たった15キロの距離だから楽勝だ」とか「優しいコースだから」とか・・・。

しかし、まさか雪が降るとは・・・

だが自然でのレースは雨も降れば風も吹く、おまけに今日みたいな雪も降る、それらを全部ひっくるめてレースなんだと改めて思い知らされた。

既にゴールをし階段を下りる選手達から声援を受け

そして

無事ゴール



ゴール

タイムは1時間40分前半でネットでのリザルトを待ちたいところだ。

     ゴール後フォト

本当に疲れたー!

でも終わってみれば気持ちよかった~!


この後の民宿でのお風呂は今年最高に気持ちが良かった。

本日の「御岳山山岳マラソン」は距離としては僕が参加した中でも一番短い距離だったが、一番長い距離の「丹沢トレイルラン、21キロ」とは別の試練を味わった。

勿論、それは低気温と予想を反する急勾配と何と言ってもだ!

何はともあれ今年一年を締めくくるには色々な意味で良い競技になったことは間違いない。

風呂上り、ポカポカの体でボロボロの体を引きずるように下山のためケーブルカーの駅に向かう。

ケーブルカーを見て改めて思う。
     帰りのケーブルカー^

よくこれを下から登って来たもんだよなーと感心する。

PS
みんな!

最近、景気が悪いだの不況だのと唱えている野からが多いように感じるが不況の波は皆に平等に降り注いでいる物で決して自分一人だけに与えられた不幸ではないのだ。

こんな時こそピンチはチャンスと捉えて心身共に鍛え磨きをかけ空を向いて走って行こう!

そして、これからも

元気出して行こうぜ~!


面白かったなら、ここを押して下さい。
関連記事
 
コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

完走おめでとうございます

先日はコメントありがとうございます。

雪が降ってたんですね。
神戸はまだぬくぬくなのでビックリしました。

一年を締めくくるにはいい大会だったですね。また、一年間しっかりトレーニングを積んできたのが伝わりました。素晴らしいです!

来年、どこかの大会でご一緒できる事を楽しみにしています。



 

Re: 完走おめでとうございます

コメント有難うございます。

本当に寒かったんですよ。

それとお誘い有難うございます。

来年あたり何処かの大会で是非ご一緒したいですね。

因みに家の家内が「けんこう堂」にハマッてます。

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード