プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

南房総ツーリング(御岳山トレイルランまで残り14日)

 
2008/11/30(Sun) Category : ロードバイク
昨日に引き続き本日は晴天なーり!
晴天

昨日も天気がよくロードの練習をしたかったのだが、あいにく家内が留守で僕が子供を見なくてはならなく惜しくも断念しスポーツジムでのスイミングで汗を流した。

しかし、今日のこの天気は逃したくはない!

時間は11時を回ろうとしている。

今日はどうしても、あの僕の大好きな千倉の海岸沿いを走りたくて仕方がなかった。

となるとモタモタしてはいられない。

早速、準備に取り掛かり自転車をそのまま車に放り込み出発!
     出発進行

高速走行時もダーッシュ!ダーッシュ!
     ダッシュ

そして45分掛けてスタート地点のスーパー銭湯の「里見の湯」に到着し休む間もなく準備をしてスタート。
到着

時刻は13時10分。

本日のコースは前回と同じく館山からイキナリの内陸部を通って逆側の九十九里側の白浜に出て、そこから海岸沿いを伝ってぐるっと南房総を一周し又館山まで行くコースだ。

しかし、前回と少し違うのが、このコースを2周回する約90キロの距離を走る。

なので現在が1時10分だからと言っても結構時間が足りない。

とりあえずスタート。

先ずは序盤の内陸エリア。
     内陸

そこどけー!そこどけー! おっさんが通る・・・

そして白浜の海に出る。
千倉の海

これが僕の好きな南房総の海だ!

「おっとイケねー休んでいる暇は無い。ゴーゴーゴー」

早速の絶景
絶景1

ガンガン行くぞー!

ほれ!またまた絶景!
これでもか

本来なら疲れているはずなのだが本当にこれで癒される。

そして折り返し地点へ到着。
     折り返し

ここから先は館山に着いてしまうので、ここから今来た道を逆走!

まだまだスタミナは大丈夫なのだが何だか日が沈みかけているので不安だ。

オマケに気温も下がってきた。

先を急ごう!

帰り道に富士山の絶景に気付く。

行きでは角度的に視界には入らなかったので分らなかったが、これまた綺麗だ。

写メに納めたのだが遠くて携帯写真じゃ限界があったので載せませんでした(スマン)

行きにも通ったがここも中々気持ちの良い直線だ。
     フラワー

ここは南房総フラワーラインと言う海岸沿いの道路なのだが、ここは来月1月に僕が出場する館山フルマラソンのコースでもある。

「気持ちよさそう」

しかし、刻々と日が沈んでゆく。
沈む

影がもう本体の真横に存在している。

太陽が真横に位置している様子が覗えるでしょう。

「マズイ、本当にマズイ。 何故なら夜間走行の装備を一切して来ていない!最後のダーシュだ」

何故かしら無意味な所で頻繁にダンシング、そしてまたダンシング!

もう、気分は“アームストロング”状態。
全く似ていないが!

しかし、これはこれで良かったのかもしれない。

何故ならこの時、実はハムストリングが悲鳴を上げていたのだが時間的余裕があったなら間違い無く頻繁に休んでいただろう。

そして、無事にゴール。

もう辺りは真っ暗で銭湯までの1キロ余りは歩道内でゆっくり自転車を引いて歩いた。

この時の銭湯は極楽極楽、本当に気持ちが良かったー。

フラフラする足を何とか動かし仕事に向かうも、もうこんな時間。
帰り

あー、行って良かったー!

この館山⇒白浜⇒千倉⇒館山の1回周約50キロ(実際に飛ばせるのは45キロ程)のコースは程好いアップダウンがあり程好い直線もありで中々バリエーション豊富なラインディングを楽しめるし何と言っても景色が最高だ。

因みに今日は昼食なしのストレートでツーリングし家路についたが途中とちゅうにある港に面した定食家に入ると美味しい海鮮丼も美味しく食べることも出来るので是非おすすめしたい。

これでロードの練習は今年最後になるだろう。

それでは皆!今年1年のカウントダウンが始まったが皆も最後に何かで完全燃焼できるように

元気出して行こうぜー!

因みに御岳山トレイルランのカウントダウンも始まったのでヨロシク!

ここを押してけろ


関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード