FC2ブログ
 
プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

UCN活動 「済州島ウルトラ100km」

 
2018/03/10(Sat) Category : マラソン
3回目の訪韓となる「UCN」の活動で、今年もここ済州島へとやって参りました。

「UCN」のホームページに是非一度目を通して下さい→※UCNとは

2018031001.jpg

今年は日本人同士のブラインドランナー、伴走者で一組、そして僕が韓国人の盲人ランナーを伴走します。


ブリーフィング会場にやって来てます。

2018031002.jpg

ここでの説明を聞くのは韓国語の分かる僕の仕事。
この後、部屋に戻りUCNのメンバーとミニ・ブリーフィングを行い本番に備え直ぐに消灯。



そして、いよいよ本番を迎えました。

只今、時刻は午前06:00。

2018031003.jpg

それでは済州島ウルトラ100k

行って参りま~す!


先ずは序盤。

日本チームのぐーた君とカオリン組は順調なペースで進みます。

僕達もまずまずの滑り出し。

2018031004.jpg

今日は本当に天気が良くてウルトラには最適な気候です。



世間話をしながら走っていると、あっという間に30キロ地点に到着。

2018031005.jpg

すると、直ぐにぐーた君ペアも到着。

2018031006.jpg

皆さん、元気そうで余裕がありますね。


毎度のことですが、走っていると他の韓国人ランナーから本当に沢山の声援を送られる。

「ファイティーン」

「ガンバッテ~」

本当にこの声援は励みになります。



暫く二組が並走する。

2018031007.jpg

日本での伴走方法は上の写真を見ると分かるとおり、比較的短めの丸いロープを互いが握り、伴走者はブラインドランナーのリズムに合わせて走り、声掛けや舵取りを行い誘導します。

一方、韓国式は下の写真のように、比較的長めの伸び縮みするロープをお互いの肘上あたりで固定し誘導します。

2018031008.jpg

こうすることにより、日本式のように相手のリズムに合わせることなく自分のリズムで走れるのだ。

ま、どちらの方式にも一長一短はあるがね。



今は済州島の10時の方向でしょうか。
風は殆どなく、快適なコンディションは続きます。

40キロ地点ぐらいからぐーた君ペアが僕らよりも先に進んで

2018031009.jpg

とうとう見えなくなるぐらいに先へ行ってしまいました。

ま、100キロだからお互いマイペースで。

50キロ程でしょうか、先程とは打って変わって風が出て来ました。
風があたると、これが結構寒く一気に体力が奪われます。


そのせいでしょうか、韓国ブラインドランナーのヨムさんが、腹が減って動けないというのでコース上の商店にお邪魔しカップラーメンを食べることに。

2018031010.jpg

頼んだは良いが、少しだけ口にしただけで麺が喉を通らないらしい。
僕は全部完食したが(笑)


15分程休んで再度走り出す。

2018031011.jpg

ですが、明らかにペースダウン。
表情も厳しそうだ。
現在55キロ地点。



立ち止まってストレッチをする場面も徐々に増えてくる。
聞くとヨムさん、3週間前と2週間前にフルの大会を一本ずつ、計2本をこの3週間以内に走っていたらしい。

2018031012.jpg

そりゃ疲労も残るはずだよ~・・・。

結局、ヨムさんは60キロ地点でリタイアすることに。
残念ですが、無理は禁物。
勇気あるリタイアでした。


そして、僕もヨムさんと一緒に収容バスに乗ろうとするとヨムさんが「君に悪いからゴールまで走りなさい」と。

僕は「いえいえ、最後までヨムさんをサポートしますよ。。だって、そのために来たのですから

すると、バスに乗っていた大会関係者達も「僕らがサポートしておくからアンタは最後まで走りなさい」と・・・。


実は前を行くぐーた君ペアのことも気になってしょうがなかった。
何せ韓国語が全く分からないので少々不安であったからだ。

なので、ヨムさんや大会スタッフに甘えて一人で走ることに。

前を走る二人に追いつくため猛追する。




70キロ地点のトルハルバンイの前で一枚。

2018031013.jpg

済州島にいると至る所でコイツを見る。
何だか親近感を感じるのよ(笑)



80キロ地点手前のサンバンサンをバックに一枚。

2018031014.jpg

済州島の観光名所です。


そもそも、前の二人に合流するために1人で走ったのに、ここで珍事が。

どういう訳が二人に会えずに僕はゴールしてしまった。
後で聞いたら二人がトイレに行っている間に、それを知らずに僕が抜き去ってしまったらしい。



だが、その二人が見事にゴール!

2018031015.jpg

ぐーた君もカオリンも物凄く格好良かった!


大会関係者も沢山彼らに群がる。


ヨムさんも一緒にゴール出来れば良かったけど
まぁでも、これはこれで大成功だ。

2018031016.jpg


僕達以外にもこの日は韓国人盲人ランナーが二組走り、その内に一組が完走。

ゴールした盲人ランナーも、そうでなかった盲人ランナーも一緒に写真。

2018031017.jpg


メダルは如何にも済州島らしいデザインです。

2018031018.jpg

「ヘニョ(海女さん)」の銅像の写真です(笑)



とりあえず、メンバーでミニ打ち上げ。

美味しい海鮮と焼酎でカンパーイ。

2018031019.jpg

ぐーた君、カオリン、完走おめでとう!
そして、本当にお疲れ様でした。



帰るとぐーた君はものの数秒で寝落ちしました(笑)

2018031020.jpg

こうして、レース当日は大成功で終えました。

それでは次の日の後編は後日アップします。







関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
 
 
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード