FC2ブログ
 
プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

信越五岳100マイル 沈選手のサポート

 
2017/09/16(Sat) Category : トレイルラン
今日は信越五岳100マイルレースに来ております。

と言っても、僕がレースに出るのではなく、韓国の沈選手のサポートです。


日本トレラン界のパイオニア石川弘樹さんと、韓国のレジェンド沈兄さんとの豪華なワンショット。

2017091601.jpg

石川さんは今日も格好良かったです(笑)



今年からコロンビア・モントレーの新たなスポンサーを付け、気合十分の沈兄さん。

準備完了です。

2017091602.jpg

それではスタート・ゲートへ。

2017091603.jpg

会場は大盛り上がりです。

「ふ~、何だか俺も走りたくなって来ちまったな~!」



そんな中、いよいよスタート!

2017091604.jpg

雨のために予定されていた160キロのレースだったが、102キロに短縮。

されど102キロのロング・レース。

2017091605.jpg

走られる全てのランナーさん達、頑張って行って来て下さいね~。



レースは序盤から外国のシェルパ選手がトップをキープ。

2017091606.jpg

このままトップを独走するのか?



沈兄さんはというと、出だしは10位に付けていたが、中盤に8位、そして終盤に6位と徐々に順位を上げて行く。

2017091607.jpg

これはトップ3に入れるかも??


しかし、結局順位を一つ落とし7位でゴール!

2017091608.jpg

とは言っても完全アウェーの上、御年なんと49才でこの順位はやはり沈兄さんは凄い!



戦友の石川弘樹さんとゴール後の熱い握手を交わす。

2017091609.jpg

何だか、同じ年の石川弘樹さんも特別な思いがあるように僕には見えて。


トップはやはりシェルパ選手だった。

沈兄さんとの時間差は約50分。



今回、サポートをしての感想だが、やっぱりトップ集団の争いはドラマチックで格好良い!

何をするにも凄い結果を出せる人は人々に感動を与える。

俺も早くにそんな人間にならなければ・・・。



そんなこんなの信越五岳 レース・サポート日記でした。

それではまた


SEE YOU!




今日は信越五岳100マイルレースに来ております。

と言っても、僕がレースに出るのではなく、韓国の沈選手のサポートです。


日本トレラン界のパイオニア、石川弘樹さんと、韓国のレジェンド、沈兄さんとの豪華なワンショット。

2017091601.jpg

石川さんは今日も格好良かったです(笑)



今年からコロンビア・モントレーの新たなスポンサーを付け、気合十分の沈兄さん。

準備完了です。

2017091602.jpg

それではスタート・ゲートへ。

2017091603.jpg

会場は大盛り上がりです。

「ふ~、何だか俺も走りたくなって来ちまったな~!」



そんな中、いよいよスタート!

2017091604.jpg

雨のために予定されていた160キロのレースだったが、102キロに短縮。

されど102キロのロング・レース。

2017091605.jpg

走られる全てのランナーさん達、頑張って行って来て下さいね~。



レースは序盤から外国のシェルパ選手がトップをキープ。

2017091606.jpg

このままトップを独走するのか?



沈兄さんはというと、出だしは10位に付けていたが、中盤に8位、そして終盤に6位と徐々に順位を上げて行く。

2017091607.jpg

これはトップ3に入れるかも??


しかし、結局順位を一つ落とし7位でゴール!

2017091608.jpg

とは言っても完全アウェーの上、御年なんと49才でこの順位はやはり沈兄さんは凄い!



戦友の石川弘樹さんとゴール後の熱い握手を交わす。

2017091609.jpg

沈兄さんとは過去にハセツネ、ウエスタン・ステーツと共に闘った石川弘樹さん。

何だか特別な思いがあるように僕には見えた。



トップはやはりシェルパ選手だった。

沈兄さんとの時間差は約50分。



今回、サポートをしての感想だが、やっぱりトップ集団の争いはドラマチックで格好良い!

何をするにも凄い結果を出せる人は人々に感動を与える。

俺も早くにそんな人間にならなければ・・・。



そんなこんなの信越五岳 レース・サポート日記でした。

それではまた


SEE YOU!




関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
 
 
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。