プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第23回 野辺山ウルトラマラソン

 
2017/05/21(Sun) Category : マラソン
今回は野辺山ウルトラに参加するため、ここ八ヶ岳に来ております。

この大会、知る人ぞ知る国内最高難度のウルトラ・マラソンで、僕はウルトラ・マラソン5度目の挑戦でこの野辺山に挑む。

時間は早朝5:00。

スタート会場は既に大盛り上がり!

2017052101.jpg

今日は気温の急上昇が予測されたため、急遽ですが暑さ対策のために給水所で水を含ませ易いキャップをチョイス。

何も考えずに選んだキャップには「DNF」のロゴが。

2017052102.jpg

考えてみれば、これは何だか縁起が悪いよね・・・(笑)


そして、漸くのスタート!

八ヶ岳の麓を駆け抜けます。

2017052103.jpg

雲一つない、見事なまでの八ヶ岳連峰を正面に眺めながら走ります。

空気も美味しい!

しかし、スタート場所の標高が既に1100mで、最低標高が880mの最高標高地点で1900m。

そう、空気が薄いのである(笑)



ここは25キロ地点だったかな。

2017052104.jpg

まだまだ余裕です。



要所要所で八ヶ岳が姿を現す前半のトレイル区間。

2017052105.jpg

この時は未だこの野辺山ウルトラの恐ろしさを微塵も感じることは出来なかった。



9時を過ぎた頃から急激に気温が上昇。

2017052106.jpg

暑い! 暑すぎる!

体感温度で35度はあったと思う。

50キロの関門を6時間で通過。
残りの50キロを8時間で走ればクリアだ。
しかし、この50キロ地点から55キロ地点までの、たった5キロを走るのに1時間も掛かった。
そう、余りの暑さに堪えられず、日陰のある自販機を見つけて長らく身体の火照りを覚ます。
休憩後も身体が思うように動かず。

55キロ地点まで7時間。
この後の後半には更に難所が待ち構えている。
ここへ来てペースもダウン。

どうやら、今の僕の実力はここまでのようです。

ここで、自らゼッケンを外しました。

2017052107.jpg

ロングのアスファルトに弱い、暑さに弱い。

この野辺山はしっかりと練習を重ねて出る大会でした。

また出直します。


そんなこんなの、苦~い野辺山ウルトラでした。

ではまた

SEE YOU!






関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード