プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

家族で南アルプス(鳳凰山)

 
2015/07/12(Sun) Category : 登山
今週末は家族で南アルプス登山にやって参りました。
上る山は鳳凰山。

実は今日、一人で来る予定でいたのですが、家内が子供達を登山させたいということになり、急遽家族も同行することになりました。
ならば子供達は家内に任せて、僕は一人トレランを楽しみたいと思います。

只今時刻は5:50分。
それでは、いざ!

2015071201.jpg

今日はそれまでの雨続きが嘘のような晴れ日和。
そのせいか、湿った草木に太陽光があたり、物凄い量の湿度と共に、森林の香りが山全体を覆い尽くす。

途中の夜叉神峠からは「北岳」が凛々しく聳え立つ。

2015071202.jpg


この夜叉神峠から次の南御室小屋までは結構な距離で延々上り坂が続く。

この延々続く上り坂は走れる程の傾斜ゆえに、それがまた辛い。

2015071203.jpg

だが、その辛さが快感になる。


今日は本当に最高の天気に恵まれた。
現在時刻は丁度8時。
横から強い日差しを浴びせられ、物凄い量の汗が噴き出る。

2015071204.jpg


約2時間掛けて南御室小屋に到着。

2015071205.jpg

ここから頂上の薬師岳までは目と鼻の先ですが、ここで少し休んで今来た道を引き返し、家族と合流します。

家族の中でも一番遅い娘を引っ張るためです。

それでは家族の元へと下り坂を猛ダッシュ。
ここでも汗が止めどもなく出でくる。



そして、家族と合流し登山ペースで南御室小屋へ到着。

2015071206.jpg

2人とも戦意喪失です(笑)


ここで南アルプスの本当の天然水を頂いてイザ頂上へ。


弱音を吐く娘に喝を入れてはプッシュ、激を飛ばしては引っ張る。

2015071207.jpg



そして、片道約10キロのトレイルを歩き
漸く鳳凰三山の入口である「砂払い岳」に到着。

2015071208.jpg

ここまで良く頑張った。



褒美にアッパ(パパ)特製のカップラーメンを作ってしんぜよう。

2015071209.jpg



疲労と空腹を満たすかのように
物凄い勢いでラーメンにカブリつく。

2015071210.jpg



エナジー補給の効果なのか、子供達に力が舞い戻ってきた!?

2015071211.jpg

それでは少し仮眠を取って
いざ、下山開始。

と、下山時も子供達を一旦家内に任せて僕は一人で麓まで一気に下る。

この写真はこの夜叉神~薬師岳ルートの途中にある僕の一番大好きなスポットだ。

2015071212.jpg

何故か、いつもこのスポットに差し掛かると、この数十メートル区間を何度も往復してしまう。



14時頃も日差しは強いまんまで、Tシャツと短パンとバックパックは汗でビショビショだ。

2015071213.jpg

実はこの所、少々ストレスが溜まり気味だった。
だからどうしても今日は一人で山に入りたかった。
結局は家族で来たが、家内がそんな僕に気を使い、一人自由に走らせてくれた。
最後の下りのトレラン中は、楽しくて楽しくてズーと笑みが止まらなかったよ。


麓へ到着すると少し休んでまた来た道を上る。
前半と同じ要領で家族と合流するために今来た下り坂を上り返す。
息が切れる、足も限界、でもこれが快感。

そして、家族と合流。

ここからは登山ペースで下る。
ま、僕にとってはクールダウンの代わりだな。

すると、子供達にも奇跡のサプライズが!
なんと野生の鹿の親子に遭遇!!

その時の本当に驚く様子がこれ

2015071217.jpg


オンマ(母)は熊だと思って相当ビビったらしい(笑)


だが、ミラクルはこれだけでは済まなかった。
今度は野生のサルの群れに遭遇。

2015071215.jpg

子ザルが木の上から僕らの様子を興味深そうに窺っている。
これには子供だけではなく、僕ら大人達も感動したよ。

これでから山は止められない。

子供達にとって最高の思い出になったに違いない。


とにかく今回のトレイルランは最高でした。
そんな今日も山に心から感謝です。


そんなこんなの南アルプス・トレイルランでした。

2015071218.jpg

それじゃまた。

See You!




関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード