プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第7回 ハセツネ30K

 
2015/04/12(Sun) Category : トレイルラン
マラソン・シーズンが終わると同時に訪れるトレランとトライアスロン・シーズン。
案の定、4月に入り毎週のようにトレランの大会続きです。

そんな今日は人気の「ハセツネ30K」に出場。
実はこの大会の人気の秘密は、この大会で男子で1000位以内、女子で100位以内で入賞すれば、秋に行われるメイン・レース「ハセツネCUP」の優先エントリーの権利が得られるということなのだ。
よってこの大会は遠方から強者達がわんさか参戦しにくるハイ・レベルな大会だ。

意外だが、僕は本大会は初出場。

実は今まで「ハセツネCUP」は直接WEBでエントリーしていたのだが、近年のハセツネ・ブームによりWEBエントリーでも即定員オーバーとなりエントリーは困難になってきた。
よって、僕も優先エントリー権を得るための出場に至ったという訳だ。

スタート・ゲートに少し早目の20分前に行くと・・・。

もう数百人並んでいるよ!!

2015041201.jpg



何とか僕も間に合ってこの場所。

2015041202.jpg

因みに今日の出走者数は男子:1,653人 女子:161人だ。



それでは早速の


       スタート!

序盤は緩やかな上りが延々と延々10㎞続くオンロード。

道幅も広いし10㎞もロードが続くのだから最初は飛ばさないのが一般的だが、皆さん飛ばす飛ばす。

僕もそれに後れを取らないようするので精一杯だ。

どんだけレベルが高いのよ。


すると、突然大渋滞。

2015041203.jpg

いよいよトレイルに入るのだが、それによる渋滞だ。

しかし、嫁の伴走ではなく、ソロランにも関わらず渋滞にハマるのは初めてだよ。

僕よりも前方に数百人のランナーが存在するってことを意味する。

ここまでで約10㎞、ラップにして50分。


そして、いよいよトレイルに。

2015041204.jpg



ここからガッツリ上る。

2015041205.jpg

これを上り市道山まで上り切るとまたまたロードに出る。

ここからのロードだが、序盤のなだらかな上りロードとは打って変わってなだらかな下りロードが約7㎞続く。
なだらかな下りロードだが、これが実に脚に来る。



すると前方に大迫力の伐採林が。

トッキリ場だ。

2015041206.jpg

あれを上り再びトレイルに入る。

このトッキリ場を上り切った所で約20㎞。
ラップにして約3時間。

このトッキリ場を上り切った所で体力切れのパワー・ダウン。

実はここから5キロ先の25キロ地点でハンガー・ノックに陥り地べたに座り込む。
調子に乗ってエナジー補給を怠っていた悔しいミスだ。
この時点で540位。

意識はモウロウとしながらも僕の前を通り過ぎるランナーの人数はシッカリと数えた。

約7分後に回復し再びスタート。



そして漸くの


      ゴール!

2015041207.jpg

タイムは4時間28分
順位は606位

2015041208.jpg

辛うじて1000位以内に入ることが出来たが、606位ってどんだけレベルが高いのよ。


よし、この屈辱は「ハセツネCUP」で挽回だ。


そんなこんなのハセツネ30Kでした。





関連記事
 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No Title

こんばんは
レベル高い中、1000位以内の入賞!
おめでとうございます。

トッキリ場、見ているだけで吐き気がしそうです(笑)

私は捻挫で今週末の東丹沢は無理そうです(内心良かったのかも)
まだまだ脚力が足りません。

トライアスロンもなさるのですね!
その体力が羨ましいです。

 

ミントさんへ

トッキリ場を上り切った所で一度立ち止まり休みました(笑)
捻挫とは残念です。
道志村まで治ると良いですね。

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード