プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

ハセツネ30K 試走

 
2015/03/28(Sat) Category : トレイルラン
今、武蔵五日市に来ております。

再来週に行われる「ハセツネ30K」の試走にやって来たのです。

実はこの「ハセツネ30K」。
男子で1000位以内。
女子で100位以内に入れば、メインレースである「ハセツネCUP」の優先エントリーが出来るのだ。
だから、そのための試走に来たという訳だ。


時間は早朝5時。

2015032801.jpg

まだ肌寒いですが

レッツ・GO!



先ずは6~7キロの舗装路をひたすら上る。

するといきなりの激坂が行く手を阻む。

2015032102.jpg


一気に刈寄山山頂まで標高を上げる。

2015032103.jpg

心拍数は早々にMAXだ。



先ずは刈寄山山頂到着。

2015032104.jpg

武蔵五日市の街並みが一望できます。



次はトッキリ場へと向かいます。

2015032105.jpg

この時点で約1時間半が過ぎるが誰ともすれ違わない。

間違いなく僕が今日この山の一番乗りだ。

一番乗りは気持ちが良い。

何だか山を僕一人で貸し切った気分だ。



おっと!?

トッキリ場を下から上がる?

2015032106.jpg

確かここは復路のルートだったはずだが、ルートを間違えたか?


トッキリ場へと出て市道山方面と刈寄山方面とを標す標識を発見。
丘の頂から辺りを見廻す。

2015032107.jpg

ここで自分がルートの順路を間違えていたことに気付く(笑)

この時、携帯でもう一度ハセツネのHPでマップをチェック。

「なに! 今年からルートの若干の変更と順路に変更があるではないか!!」

そう、僕は去年のルートMAPを参考に走っていたのです(悔し~!)



とりあえず市道山まで正しい順路で進む。

2015032108.jpg


いやーしかし、のどかですな~。

20150322109.jpg

この間も誰ともすれ違わず。
こんな体験も不思議な気持ちになれて何だか良いもんだ。



市道山まで進み引き返すことに。

ルートの順路を間違えたので、それが時間ロスに繋がったからだ。

ま、ルートを間違えたのではなく、順路を間違えたので、頭の中で本番のイメージは出来る。


本番終盤のこの入山峠から今熊神社までの下りは“飛ばしゾーン”だな。

2015032110.jpg

途中、野生の鹿に遭遇して心臓が止まるかと思ったよ!


この標識もハセツネ・リスト達お馴染みですね。

2015032111.jpg



そして、麓へ到着。

2015032112.jpg

到着時間は9時。

まだまだ一日を有効に使えそうです。

さて、帰って子供らの相手をせんとね。

いや~、しかし一人っきりの山でのトレランは最高でした。



そんなこんなの「ハセツネ30K」のデタラメ順路の試走でした(笑)






関連記事
 
コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

No Title

こんばんは
なんだかものすごいものを毎回見させて頂いてます!
実は初心者ですが2週間後に
東丹沢での32kmエントリーしてしまいました・・・
今更引っ込めないので、出場はしますが(笑)
第一関門だけでも通過出来たらラッキーって思ってます。

今からでも何かしておけば良いことってありますか?
体調管理くらいかしら・・・

 

ミントさんへ

返事が遅れました。
こんなへっぽこアスリートねたを見て頂き光栄です。
僕も東丹は毎年出ていたのですが、今年は宮古島トライアスロンに出場のため出ません。
東丹沢はトップランナーにとってはスピードコースで初心者にとっては走り易いコースとなっております。
コースの特徴はというと、前半の約8キロは舗装路で緩やかな上りです。中盤の約14キロがトレイルですがキツイいですのでそこが踏ん張り所です。そして、終盤はゴールまでは上っては下り、上っては下るを繰り返してゴールです。
アドバイスとしては前半の舗装路は走り易いので結構ここで皆さん飛ばしてしまいますが、焦らずに息が上がらない程度で軽く走ることをお勧めします。中盤のトレイルは踏ん張り所ですが、終盤の脚を残しておくために下りは飛ばさずに余力を残して下ってください。最後の終盤は残っている力を振り絞って下さい。
要は前半と中盤は余力を残して走り、終盤は無理をしてみる。
です。
あんまり役に立ちませんね(笑)

 

No Title

こんばんは
アドバイス、ありがとうございます。
ホームページ見ながらなんとなく分かってきました。
最初の関門までがスタートから2時間ですが焦らずに走っても
大丈夫そうな気がしてきました。
山の上りはひたすら止まらないように心がけて、楽しかった下りは先日の峰山ではやはり足に力が残っていなかったので無理しないように気をつけて後半へ余力を残しておくのですね。
こうしてアドバイスもらえると前回が如何に無知だったかがわかります。

道志村42kmですか!
私はハーフでこれも無茶ぶりですが出ます(笑)
そのあとの忍野32kmで時間内完走出来れば、すこしはトレイルの走りの足に
なりそうですので頑張ってみます。


 

ミントさんへ

トレイルランに限らずですが、30㎞以上のトレランは基本前半は抑えて心拍数を上げないように心掛けます(乳酸が上がるのを抑える)。
で、特にこの東丹沢は前半の約8㎞が舗装路なので皆さんどうしても飛ばしぎみになるようです。

特例で最初に飛ばす場合もあります。
それは北丹沢とかハセツネのようなスターとして直ぐに細いトレイルになるコースは渋滞にはまるからです。
※これにハマると結構なロスになります。
よって渋滞組よりも前でトレイルに入りそこでやっとペースダウンするのです。

道志村は僕もでます。ロングですが。
ハーフも終盤の上りはキツいのでお互い頑張りましょう。

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード