プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第2回 身延山七面山 修行走!

 
2014/11/30(Sun) Category : トレイルラン
今日はトレランの大会のため、山梨は身延山へ来ております。

なんと今回は家内のペーサーから解放された単独走となり、心も身体もスコブる喜んでおります(笑)

そんな気持ちでスタート会場へと向かうと、見て下さい、こんな寒い時期にもか関わらず、これ程までの盛況ぶり。

2014113001.jpg


今日は単独走ゆえに本気モードですので、入念にアップを済ませ、いざスタート・ラインへ。

へへへ、すいません、今日は前列から2列目に立たせて貰います。

下の写真の僕の直ぐ右斜め前には招待選手達が並んでおります。

2014113002.jpg

何だか僕も招待選手になった気分(笑)



それではカウント・ダウンも始まり、待ちに待った“修行走”の


          スタート!



先ずは身延山町にある寺の門を潜る。

2014113003.jpg

この門を潜ると直ぐに身延山山頂へと一気に上る“女道”と入る。


心の準備もないまま直ぐに激坂とご対面。
もう既に心拍数MAX!

未だ息が続く内に今日のコースを説明しておこう。

スタート直後から先ずは身延山山頂目指してひたすら上る。

上り終えたら山の反対側の麓まで下りて、今度はその身延山よりも大きな七面山山頂の「久遠寺」を目指してまた更に上る。

修行走標高図1

七面山山頂へ着いたらそこを折り返しとして、また身延山を上り下りしてスタート会場へと戻ってくる計36キロの激坂設定となっいる正に“修行”の名に相応しいコースだ。


身延山では息をするので精一杯だったので写真は0枚です(笑)
勿論、本気モードですので全体の写真も少なめなのでゴメンなさい!




身延山山頂を無事にクリアーし、一旦は麓に下りて今度は七面山アタック。

この灯篭のような物に“二十丁目”と彫られているのがご覧頂けるだろうか。

2014113004.jpg

これは現在の位置を示していて、七面山の山頂は“五十丁目”にあるのだ。

ここは本当に苦しかった!!



漸く七面山の境内の門が見えた。

2014113005.jpg

ここを潜った先に山頂の寺がある。


その前に雲海に浮かぶ富士の絶景。

2014113006.jpg

富士山が見えますかね~。



これを下り切った所に見えるあの建物が山頂の「久遠寺」の境内。

2014113007.jpg

そして、そこが同時にエイドとなっている。



この住職達、仮装した応援団ではありません。

正真正銘の住職で、大会の名物らしいです。

2014113008.jpg

「エイドは~こっち!」
と叫んでおり、何だか元気もらいました。


この後、七面山を何とかクリアーし最後の身延山も足がダレることなく

20141130111.jpg

サクサク下れる。

いや、飛ばせる。


そして

         ゴール!

2014113009.jpg


順位は男女合わせて54位/308人出走。

2014113010.jpg

自分としては上出来の成績だ。


最後に「身延山七面山 修行走」の感想ですが、延々と続く登り坂と、延々と続く下り坂しかありません(笑)
丘陵伝いの道は殆どなく、正直言って結構キッツいです。
しかい、身延山も七面山も基本的には山全体が寺となっておりますので、コース上に大小様々寺が幾つも点在しており、その境内の中を走り抜けるシーンが多く「寺の境内マニア」には魅力的なコースだと思います。
境内マニアは是非どうぞ。


そんなこんなの修行走 トレイルランでした。



関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード