プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

2014 横浜国際トライアスロン

 
2014/05/19(Mon) Category : トライアスロン
さてさて、今日は約1年と8ヶ月ぶりとなるトライアスロン大会。

今までUTMBとUTMFの出場と完走のため、あえて山に集中しておりましたが、そのノルマも達成されましたので、今シーズンからは再びトライアスロンに復帰しようかと思っております。

よってスイムも久々、バイクも久々ということで、何だか初めてトライアスロンに出るような、わくわくドキドキな感覚です。

横浜2014

ですが、そんな楽しい気分も会場トランジションエリアで一変する。

最終チェックをしていると・・・何と!!

DI2(電子制御ギアチェンジ)のバッテリーの充電をし忘れているではないか~!!

完全に忘れてた。

どうしよう。

今、大会本部に言えばピスト・バイクと見なされ失格となってしまう。

今のギアを見ると時速37キロでケイデンス100ぐらいの位置。

しょうがない、もうこれで行くしかない!

と覚悟を決めてスイム・スタート位置に急ぐ。



そして、久々のトライアスロンの


      スタート!


先ずはスイム。

久々のオープンウォーターに不安はあったが何とか大きな問題もなくクリアー出来た。

2年前の横浜大会と比べて1分遅れのスイム・アップでスイムを終える。

39分

--------------------

お次はギアチェンジの出来ない問題のバイク。

この横浜大会は他の大会と比べて圧倒的にターンや右左折が多い。

よって、スピードを減速し再び加速するシーンが必然的に多くなる。

なので、減速後の加速時にギアが重いままのため、ダンシング(立ち漕ぎ)を余儀なくされる。

14横浜バイク

沿道に観客が多いことで有名なこの大会。

だから決して皆の前だからといって張り切ってる訳でなく、泣きそうなくらい必死なのですよ(笑)

それだけではない。

向かい風の時も当然ダンシングだ。

廻りのアスリートからは

「なんだ? こいつ?・・・」

みたいな感じで見られる(笑)


でも終わってみれば、これまた2年前の横浜大会のバイク・タイムに比べると約3分だけの遅れ。

1時間23分

これは日ごろのトレイルランで付いた脚力のお陰だと痛感した。

---------------------

最後はラン。

ランは目標の40分を切りたかった。

14横浜

40分を切りたかったけど、足が全然動かない。

言い訳するけど40キロを重い単ギアでほぼ立ち漕ぎしてたらか、もうハム(腿)に力が入らんよ。


そして

なんとか


      ゴール!

14横浜ランラスト

ラン・タイムは2年前の大会よりも1分20秒遅れの

44分ジャストでした。



まー、終わってみればイメージしたよりも良いタイムでした。

正直、もっと悪いタイムを予想していたので。

さて、これからスイムの練習を少しずつ始めますか。

そんなこんなの横浜トライアスロンでした。


=========
番外編

自宅に帰り、暇そうにしている子供達をみて訳もなくシゴキたくなりました。

3キロのラン。

子供と練習14


最後は階段登り。

子供と練習14.2



コイツらへのシゴキも本格的に始めて行きたいと思います。










関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード