プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第6回 道志村トレイルレース

 
2014/05/13(Tue) Category : トレイルラン
本日は第6回 道志村トレイルレース。

と言っても、今大会は嫁の戦い。

僕はそのサポートです。

道志村トレイルレースは実は僕も初めてで、第1関門と第2関門が厳しいで有名な大会らしいです。


とは言え今日は嫁のとってのメインレースで僕はそのお供なので気楽なもんです。

当の本人はご覧のとおり、顔に笑顔が完全に消えております。

道志村1

ま、距離も42キロとトレイルランにしてはロングになりますからね(笑)

しかも、今日の天気は雲一つない晴天。

暑いレース展開が予測されます。

道志村2





それでは

満を持しての


     スタート!


ですが、後方スタート組なので直ぐに渋滞にハマってます。

道志村3



結構な上り坂で、上がる標高と同時に気温もどんどん上昇しております。

道志村4



序盤は急な傾斜を登っては降り、降りては登りの連続で、ランナー達は序盤から心拍数を急上昇させられる。

道志村5


やっとの思いで序盤のピークの頂きに辿り着く。

見て下さい。

最高に綺麗な「富士山」です。

道志村6

先々週はUTMFであの富士山を当分は見たくないと思っていたが、なんのなんの、やっぱり富士は最高だ。



ふと辺りを見渡すと前にも後ろにもランナーの姿が少なくなる。

道志村7

これは全走者ランナー達の中間よりも前よりか後方よりかに位置していると起こる現象で、僕達は正に後者の方ということを意味する。



ここは恐らく10キロ地点だろうか、暑さに弱い家内が早々に体調を崩しはじめる。

道志村8



完全にふら付いていて、何時ものタフさがない。

道志村9


「ガンバレ、頑張れ!」

道志村10


麓を見渡せるのどかで心が癒される風景ですが、嫁にはそれを堪能する余裕はなさそうだ。

道志村11




漸くですが、丘陵伝いになり歯を食い縛り、腕を振って足を動かす。

道志村12


そして、15キロ地点であろうか、約1キロに渡る激坂を登る。

道志村13

毎度の事だが、後方組には後方組の戦いがあるんですね~。

僕もトレランに出場したてを思い出します。




そして、僕の推測からして、もう第1関門には間に合わない。

そのことを嫁に告げる。

が、残り約3キロ程なので練習のつもりと最後は山を楽しむことにした。

富士山がこんな間近に。

道志村14


そして、漸く第1関門に到着。

ここまでで約21キロ地点。

道志村15

ま、この道志村トレイルレースには“ハーフの部”も設けられており、そのゴールがここなのだ。

そもそもハーフに出るかフルに出るかを迷っていた家内を僕が半ば強引にフルに出させたので、それを考えれば第1関門まで来れたのは上出来だ。


「ま、お前には道志村は3年早かったな」


すると、家内から意外な言葉が!?

「私、来年は絶対にゴールする!」

だって。


やるな、コイツ!



そんなこんなの道志村トレイルレースでした。








関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード