プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

韓国弾丸ツアー in 良い夫婦の日

 
2013/11/23(Sat) Category : 韓国料理/グルメ
11月22日は「イイ夫婦の日」ということで、元々は一人で韓国へ冬物生活品を買出しに行く予定だった妻に「俺も着いて行ってあげようか?」と形式だけでも言うと、これが物凄く喜ぶではないか!?
想像以上に喜んでいたので、僕も着いて行くことにした。

そんな訳で金曜の最終の便で出発し日曜の早朝に帰って来る弾丸ツアーの始まり始まり~。

土曜の早朝から活動開始。
朝食を簡単かつ短時間に済ますため、東大門市場でお饅頭とおでんを頬張る。

朝


食後におでんの熱々の汁をたしなむ時間もなく家内に急かされ布団市場へ。

お買い上げ (2)

家内の頭の中には既にお買いものリストとタイムスケジュールがシッカリとインプットされているらしく、段取りよくショッピングが進む。

因みに韓国の布団は高性能マイクロ・ファイバーで良質で物凄く暖かく、しかも可なり安価なのだ。
この日も僕の実家の母や、その他何人かの人達にも布団を頼まれていたようで、これをお買い上げ。

家内の値切り交渉も中々のもんだ(笑)

お買い上げ (1)

これ全部を圧縮を掛けると可なりコンパクトにはなるものの、やはり可なりの量と重さになる。

僕:「これ、全部日本に送るとなると結構送料かかるな~」

すると家内。

家内:
「へ?あんた何言ってんの? 
 アンタが全部持つんだよ!
 だからついて来るって言った時、嬉しかったんだから」


僕がついて行くと言った時、何故あんなに飛び跳ねて喜んでいた理由が今わかった・・・。



漸く布団の買い物が終わり、重い物を持ちながら引き続き市場を移動。
まだ昼時だが、もうクタクタだ。
で、市場でも有名な「タッハンマリ」の店に入って腹ごしらえだ。

煮だった丸まるの鶏をぶつ切りに。

はんまり1

家内は腕を組み鬼の形相でマダかマダかと鶏肉をにらむ。


グツグツと煮だって。

た、2 (1)

はい、頂ます。

3

ん~美味い!
あまりの美味さにビールでも飲もうとしたその時!

家内:「さ~次行くわよ! 休む暇なんてないわよ!」

そりゃ無いぜ~・・・。


東大門市場いつ来ても盛り上がってます。

屋台市場


思いっきり僕の気を引くアウトドア市場。

登山通り

ノース・フェイスやマーモットやらを横目に家内に20分だけ時間を頂こうと嘆願をするも

家内:「東大門で高級品は買うな!全て偽物だから」

バッサリ断られスルー。

トホホ・・・。



お次はコーヒーを飲みに三清洞に移動。

重い布団を持つ手は、もう千切れそうで自称アイアンマンの僕も相当応える。

早く痛い手から解放されたくタクシーに乗ろうと沿道で手を上げると。

家内:「何で手を上げてるの? 
 誰か知り合いでもいるの?
 さ、地下鉄で移動よ」


地下鉄で移動

もうアカン、気が狂いそうだ。



さて、ここは以前から僕が一度は訪れて見たかった場所だ。
ここは景福宮(キョンボックン)の直ぐ脇に位置し、その昔に王様に仕えた「ヤンバン」達の屋敷が密集した場所。

三清洞2 (2)

僕の母方のご先祖様は“パピョン尹家”で実は“正二品”(チョンイプン)を努めていた偉大な方だったという。

だから、この何処かにご先祖様が住まわれた屋敷があったということになるので、そのご先祖から少々パワーを頂きに来ました。

三清洞2 (1)

暫し、余韻に浸ろうとしたその瞬間!

家内:「は~い、もうお仕舞~い。 
      つぎ行きますよ~」


僕:「チッ!」


おお~と、久々に“ホットッ”を食す。

サムぎょぷさる (2)

う~ん、美味い!


最後はアックジョンで“サムギョプサル”を夫婦で頂く。

サムぎょぷさる (1)

久々の美味しいビールを飲みながら

僕:「いやー、しかし今日の買い物は疲れたね~」

すると家内

家内:「は~? まだ1/3の残ってるんですけど」

僕:「・・・」

この後、元々人と会う約束の時間を2時間早く偽装し、その場を速やかに撤退した。

良い夫婦の日は家内にとっては良かった日だっただろうか?

でも間違いなく言えるのは僕にとっては

「LOSE-WIN」な一日だったよ(笑)

そんなこんなの韓国弾丸ツアーでした。

もう、二度と韓国の買い物には付き合わん!

では





関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード