プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第1回 西丹沢アドベンチャーラン(当日)

 
2013/06/08(Sat) Category : トレイルラン
さて、今日は第1回 西丹沢アドベンチャーランの日。

見て下さい、このランナーの数!

1スタート待機

正にトレランが一般的で身近な種目になりつつある光景ですな。


今日は42キロとトレイルランではミドル・レンジで、決して短くはない距離を何と嫁も参戦。
実は今までの嫁のトレイルランニング最長距離は23キロで、今回の大会でいきなり倍の距離への挑戦となる。
ですので本人も相当に気合が入る。

とは言っても、嫁にもしもの事があっては今後の生活に困るので、僕が並走する事に。
ま、どうせなら是非ともゴールさせてあげたいしね。

そんな訳ですので僕は自身のフォームの確認とLSDのつもりで走る事に。

それでは早速スタートゲートへ。

2スタート前



本来ならこのゲート前でスタートの合図を聞くまでが何とも言えない緊張感に包まれるのだが、今日の僕はレースをしないので、軽い気持ちでここに立つ。

とは言え、最初の20キロだけは思い切り走らせてくれと嫁に頼んだ。

3スタート前

それではスターターの合図と共に


     スタート!

4スタート


序盤の約20キロは舗装路がメインだが最初にリバーランが織り込まれている。



そのリバーランへ突入。

5リバーラン

リバーランの基本だが、シューズが水に濡れるのを躊躇していると、ドンドン後続選手に抜かされてしまう。
だから、豪快に「ジャブジャブ」と走り抜けるのが常識だ。




沢ではその他にも、ガレがゴロゴロとしており、集中力を高めないと足首をヒネってしまう。
だが、ここでもノロノロしていたら順位が下がってしまう。

6沢ラン




未だまだリバーランは続く。

7リバーラン




漸く川岸にあがり緩やかな登り坂を走る。

8序盤




折り返し地点を折り返し、来た道を下る。

9序盤

来た道を下るので当然おり返し地点に向かう選手たちとすれ違う。




今日は最高の天候に恵まれたが、少々曇り掛かっているので、何だか蒸し暑くなりそうだ。

10折り返し




一旦、先ほどのスタートゲート付近まで戻る。

11、15キロ地点




ここでスーツで走る選手を発見!

12スーツ男

こりゃ凄い。
あのスーツは果たしてストレッチが利いてるのかな?
もし、そうでなけりゃ登りは死んどいぞ(笑)




さて、ここから西丹沢に入り、本格トレイルランが始まる。

13ここから山中

ここまでで約15キロ。
ここで嫁を待つことに。

14いよいよ山中へ



そして、待つこと40分。
嫁と合流。
今から愛のスパルタ特訓が始まる。

山中でもしっかりと走る嫁。

16走る嫁

こういう時は僕のような引っ張ってくれる人が居るのと居ないのとでは全然違う。
要はコーチがいることにより強くなれるのだ。




気持ちの良いナイス・トレイルですね~。

17誰もいない

僕にとっては軽いペースなので山の風景を楽しめますが、嫁にとっては必至だ。

18上る嫁



先ずは最初の山である大野山山頂へ到着する。

大野山山頂



ここで水分と食料を充分に体に入れる。

貴重なエイド

それでは、再度山中へ。


40キロクラスになると、中盤にも差しかかれば、前も後ろも誰もいなくなる。

19誰もいない

この誰も居ないシチュエーションは慣れれば問題ないのだが、慣れるまでは不安感に襲われる。




中盤に入ると流石に嫁に異変が。
フラフラとフラつき始める。

20ふらつく嫁

無理もない、今日は予想通りの気温も上がり、蒸し暑い状況だからな。

暑い

只でさえ蒸し暑い上に、今の走行距離も30キロを越える嫁にとっては未知の距離だ。



一旦、嫁を休ませ充分に水分を補給させ、僕の携帯食料も譲り食べさせ、落ち着いたのを確認し。

「よ~し、未だまだこれからだ~!
腕を振って足を動かすぞ~!」
と、再度ランの開始。

21、30キロ地点



最後のエイドへ到着。
同時に最後の山が見える。

最後の山

あの山を越えればゴールが待っている。



よし、一気に行くぞ~!

22、32キロ地点


この激坂を越えればピークは終わる。
最後の踏ん張り所だ。

23激坂



そして、ピークを越える。

24ピーク越え

やったぞ~、後は下るだけだ。
さー、また走るぞ~!
と行きたい所だが、さすがにヘロヘロ状態の嫁。

25後は下るだけだ

ここで初めて平地で歩くことを許す。
しかも、この日は頑張る嫁のために、大サービスで暫し僕のバカ話を聞かせて上げた。

全然、笑ってなかった・・・。


そして、漸く麓に到着。
(終章へ続く)

関連記事
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

Trackback

 

Trackback URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
 

Comment

 

    
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード