プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

青葉の森公園にて

 
2016/11/27(Sun) Category : マラソン
週末は山梨で行われる修行走に家族で行く予定でしたが、積雪のためコースが5キロに短縮。
迷いに迷って山梨まで行くことを断念。

突如、ポカーンと空いてしまった日曜日・・・。

そこで、千葉県民ならお馴染みの「青葉の森公園」に家族で行くことに。

実は僕達家族で行くのは初めてだ。

僕と家内は20キロ走と子供達はワンちゃんのお散歩に。

早速スタート。

2016112702.jpg

ここ青葉の森公園は園内に遊歩道があり、一周が丁度2キロあり程よいアップダウンがある木々に囲まれたランニングをするには最高の環境です。

僕と家内は半時計回りに、子供達には時計回りに歩かせれば約7分に一回はすれ違うので防犯上も安全。

10周を終え筋トレ。

2016112701.jpg

筋トレを終えた頃に家内も10周終了。

子供達は2週半の4キロのお散歩ウォーキング。

時間にして約1時間40分。

2016112703.jpg

これはネタ切れの週末時には持って来いの過ごし方を発見したよ。

これは使える!




夜は立石にてプロテイン補給のためのホルモン。

2016112704.jpg

ああ、4軒も梯子してしまった・・・(笑)



そんなこんなの週末でした。

それじゃまた。

SEE YOU!



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

家族で 紅葉狩り in 丹沢

 
2016/11/20(Sun) Category : 登山
今日は家族で紅葉を狩りに丹沢にやって参りました。

駐車場に車を停め、早速登山開始。

標高はまだ300mだろうに登山開始から雲海に恵まれた。

2016112001.jpg

ここ丹沢にはトレランのレースで毎年お世話になっている山なのだが、純粋なハイキングで登るのは初めて。

丹沢は「※バカ尾根」と名の付くほど長い急登で有名な山だが、歩いてもやはり丹沢の急登は応える(笑)

2016112002.jpg
※バカ尾根とは所説ありますが、物資を運ぶポッカ達が「この急登はバカに出来ない」、又は「バカみたいに延々と続く急登」ということから来ているらしいです。


上り始めて約3時間30分。

漸く頂上の塔ノ岳が見えて来た。

2016112003.jpg

今日は雲一つない最高の天気。

少々着こんで来ましたがTシャツに短パンでも十分です。



そして、漸くの頂上到着!

2016112004.jpg

何とこの塔ノ岳、1491mもあったんですね。

まぁ、娘も息子も今日はお前らよく頑張ったよ。



富士山の眺めが最高です。

2016112005.jpg

疲れが一発で吹き飛びます。



向こうに見える海は相模湾でしょうか。

2016112006.jpg

いや~、本当に癒されますね~。



さて、それでは十分に休んだので早速下山しますか。

下山ルートは鍋割山ルートで。

2016112007.jpg

落ち葉が何とも言えないフカフカなクッションとなって山歩きをより楽しくさせる。

家族らと離れ暫しトレランを楽しむ。

このクネクネしたトレイルなんかは楽しくて仕方がない。

2016112008.jpg

ウッホホ ウッホ~!


1時間程で鍋割山へ到着。

2016112009.jpg

丁度、お昼の時間なのでランチを。

ランチメニューは鍋割小屋名物の鍋焼きうどん。

2016112010.jpg

山風にあたりながら、富士山を含む360度の大パノラマの中で頂く鍋焼きうどんは格別!


子供達もこれには非日常だったのだろう。

可なりの興奮気味。

2016112011.jpg

フフ・・・。


ここから更に7キロ下って楽しい楽しい登山は終了しました。

いや~、丹沢は上り応えがあって本当に最高でした。

おかげで子供らは車に乗るや否や速攻で爆睡です(笑)

今度はそろそろ岩殿山か妙高山でもコンプリートしようかな。


そんなこんなの家族で登山でした。

それじゃ また


SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第8回 神流マウンテンラン&ウォーク

 
2016/11/13(Sun) Category : トレイルラン
今週末は夫婦で2年ぶり、2度目となる神流マウンテンに挑戦です。

神流マウンテン&ウォークは
「ミドルクラス27k、ロングクラス40k、スーパーペアクラス50k、スーパーシングルクラス50k」の全4カテゴリーある国内でもリピーター率が高く、エントリー開始から数分で定員オーバーになる人気の大会だ。
そして、実はペアーの部は売り切れになるまでが少々時間があるので、狙い目のカテゴリーだ。


僕らの初出場時は40k地点の第3関門で時間切れアウト!

決して嫁の責任ではありません。
バディーである僕が至らなかったのです。

それでは前回の屈辱をはらすため、早朝4時はかなり冷えますが、スーパー・ペア50キロ、情熱燃やして行ってきます!

2016111301.jpg

それでは


     スタート!




スタートから直ぐに日が昇り、1時間も経たずに体温は急上昇。

2016111302.jpg

着ているレインウェアを直ぐに脱ぐ。

今日は当初可なり寒いであろうと想定し準備した防寒対策ギアを持ち過ぎたか・・・。

ギリギリまで考えチョイスしたニット帽も今は後悔しております。

2016111303.jpg

僕の後方のお洒落なイエローウェアで揃えているランナー達もペアでしょうか。

因みに僕らは紅葉の紅のTシャツで揃えました。




おっと、僕の大好きな鳥居です。

2016111304.jpg

あ~イイ鳥居だ~。



第1関門到着。

2016111305.jpg

さて、ここで補給と給水を十分に済ませます。

ここから約1キロ急登が待っております。

それではスタート。

2016111306.jpg

この上りは心臓破りの延々上り地獄と後ろに見える絶景とがシンクロする気持ちの良い坂だ(笑)


嫁も頑張っております。

2016111307.jpg

漸く心臓破りの山を越え

次は一気に下ります。

前回はこの下り区間でモタモタしてたせいで第2関門の足切りにあいました。

2016111310.jpg

ですが、今回の家内は気合が半端じゃなかった。

嫁の苦手な下りを上級者なみに下りて行く(※上級者は言い過ぎました)

後ろにいる僕も付いて行くのに必死!

2016111311.jpg

嫁を撮ろうとしたら焦って自分撮っちゃったよ~!



すると、仲間であるUCNの「障がい者でもトレランを走れるぞ」の部門のメンバー達とバッタリ!

見て下さい。

義足です。

2016111312.jpg

格好良いい~!

思わず涙が出るぜ~。

2016111313.jpg

関門までギリギリですが、お互い頑張りましょう!

思わずお手伝いをしたくなったが

「あっ!? 嫁の存在を忘れてた!!!」

と急いで後を追う。


漸く家内と合流し課題であった40キロ地点の第3関門を制限時間10分前で通過。

2016111308.jpg

前回は20分の遅れだったので30分も早くここに到着したことになる。

今大会の嫁のゴールは90%がこの第2関門だったような気がする。


紅葉が最高です。

2016111309.jpg

何だか今日の僕らのウェアのチョイスですが、この神流の紅葉に溶け込んでおります。

なんてね(笑)




さて、ここからゴールまでの10キロは今大会名物の“町民達の手作りのトレイル”区間だ。

2016111314.jpg

見て下さい。

紅葉の中を走っております。

2016111315.jpg

なんとも不思議で幻想的です。

2016111316.jpg

ラスト5キロのプレートが現れた。

2016111317.jpg

この手作りトレイルともうオサラバだど思うと悲しくなる。


あの鳥居を潜れば後900mでゴールだ。

2016111318.jpg


そして、漸く

    ゴール!

2016111319.jpg

ゴール時、何故か最後の施設エイドで頂いた御団子を手に取ってゴールをした嫁。

相変わらずコイツはキテレツだ・・・。

ま、ゴール出来て良かったね。

おめでとう!



そんなこんなの神流マウンテンでした。

それではまた

SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

東京八峰 試走会

 
2016/11/06(Sun) Category : トレイルラン
今日は来月に行われる東京八峰の試走にやって参りました。

場所はここ「夕やけ小やけ」。

2016110601.jpg

大会のスタート場所がここなのです。



皆さんはウルプロのメンバーの方達です。

天候は雲一つない青空。

2016110602.jpeg

少々寒いですが、走りだせば暑くなるでしょう。



それでは

レッツゴー!

2016110603.jpeg

先ずは約5キロのアスファルトをひたすら上ります。

案の定、既に身体が火照ってきました。



そして、トレイルに入ります。

2016110604.jpg

皆さん、楽しそう!

トレイルに入ってもグングン標高を上げて行きます。



ここで一休み。

2016110605.jpg

我々以外、誰もいない静かな山中。



見て下さい。

この長閑な風景を。

2016110606.jpg

暫し癒され、また走り出します。



クライマックスは陣馬山をゴリゴリ上ります。

2016110607.jpg

心拍はずーとMAX(笑)



そして、漸く陣馬山山頂へ到着。

2016110610.jpg

見て下さい。 

見事な富士です。





この山頂で何とシャンパンで乾杯??

2016110608.jpg


富士を眺めながら、何とも言えない至福のひと時。

2016110609.jpg

これ、クセになっちゃうな~。



そして、気を取り直して、ここから高尾山まで走って今日の試走会は終了。

何とも贅沢な休日でした。


そんなこんなの八峰試走会でした。

それではまた

SEE YOU!






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード