プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

2016 UTMF

 
2016/09/24(Sat) Category : トレイルラン
さて、今日は待ちに待ったUTMFの日。

20160923001.jpg


河口湖をスタートし富士山をグルッと一周する全長169キロのロングレースだ。

20160923002.jpg


この日のために、半年前からフィジカル、メンタル、装備品とシッカリと準備をしてきた。

後はタイムや順位は余り気にせず、とにかく怪我なく完走することに専念するのみ。





業界のメンバーとも合流。

2016092301.jpg

皆、やる気マンマンです。




スタート前から雨が降る。

天気予報だと今晩までは雨らしいが、ドンドンと雨は酷くなる。

その時、大会側からアナウンスが入る。

大雨警報が解除されないため、コースを49キロに短縮するとのこと。

「ガ~~ン!」

一瞬、頭が真っ白に。

この日のために入念に準備をしてきたのに・・・。

2016092302.jpg

まぁでも、自然相手ですから仕方がないね。

さて、そういうことなので、ロング・レースからスピード・レースへと気持ちを切り替えましょう。



それでは行って参ります。

スタートと同時に皆さん飛ばす飛ばす。

2016092303.jpg

169キロのレースなら本来はゆっくり行くのだろうが、49キロになったことにより、皆さん可なりのスピードで走る。

雨の量は次第に強くなる。

ですが、全ランナーが雨の中、泥の中を攻めて攻めて攻めまくった。



約32キロ地点にある本栖湖のエイドに到着。

169キロのペースなら恐らく6時間30分は掛かるだろうが4時間53分で到着。

2016092304.jpg

ここで更に、もう4キロコースが短縮されたとアナウンスが。

残り約10キロで今年のUTMFは終わりだ。

残りの10キロを悔いのないよう走ろう。



そして、漸くのゴール!

累計距離:43㎞…かな?

タイム:6時間32分 385位/1384人

2016092305.jpg

100位以内には程遠いが、十分に完全燃焼出来たよ。


風呂上がりの一人で乾杯。

2016092306.jpg

2週間ぶりのビールは最高だ。

そして、今年の僕のUTMFは終わった。


------------------
〈翌日〉

次の日はUTMFのハーフであるSTY、距離にして71キロのレース開催日。

僕は時間が空いたので、ここに出る嫁のサポートをすることにした。

STYにも業界メンバーが参戦しております。

2016092401.jpeg

写真、左から2番目のブルー・ゼッケンのIさんはUTMFとSTYをダブルで出場する。

僕は遠慮するよ(笑)


STYのスタート直前は、前日のUTMFよりも数倍酷い状況だ。

2016092402.jpg

ドシャ降りに雷までなるありさま。


それでもスタートしたよ。


STYはUTMFよりも状況は酷く、残念なことにゴールのない中止となった。


STYのコース・コンディションはこんな感じ。

2016092403.jpg

普段は単なるトレイルが川になっている。

中止となった時点でここを越えられなかったランナーは引き返し、越えたランナーは次のエイドである太郎坊で終了となる。

果たして、うちの嫁は越えたのか・・・。



そして、太郎坊に嫁が登場!

あの川を越えたのか!

2016092404.jpg

しかも笑顔で。

ここまでの距離で、たったの17キロだが、あのコース・コンディションから可なりの疲労困憊はしたと思う。

STYの全ランナーもお疲れ様でした。


これで嫁のSTYは消化不良のまま終わってしまった。

ま、来年また頑張りましょう。


そんなこんなのUTMF/STYでした。


SEE YOU!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

多摩川源流トレイルラン

 
2016/09/11(Sun) Category : トレイルラン
週末は多摩川源流トレイルランに出るため、小菅村に来ております。

最近、お世話になっている「ウルプロ」のメンバーと合流。

2016091101.jpg


今日、この大会はトレーニングの要素で出場します。

2週間後に行われるUTMFのための最終追い込みです。

それでは行ってきます。

2016091102.jpg


      スタート!

2016091501.jpg


スタートと同時に強い日が差し、体温上昇と共に身体が重くなる。

もう“グダグダ”の“グデングデン”だ。

まあ、それもこれが最後の練習と考えれば何だかモチベーションは途切れない。

2016091502.jpg


この日までの数週間は結構追い込んだせいか、身体も重い。

その証拠に去年は楽しかったのに何故か今回は苦しい!


そして、漸く
ゴール!

2016091103.jpg

タイムは去年のタイムを3分縮める2時間54分

僕としては大満足だ。

さて、それではUTMFの本番までは、もうキツい練習はしません。


そんなこんなの多摩川源流トレイルランでした。

それじゃ

SEE YOU!







 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

南アルプス・トレーニング

 
2016/09/03(Sat) Category : トレイルラン
さてさて、UTMFの練習のため、坂を求めて南アルプスへやって来ました。

今日のルートは下図の右下にある夜叉神峠登山口から入山し「鳳凰三山(薬師岳→観音岳→地蔵岳)」と、更に白鳳峠までを縦走し、そこから広河原まで下るコースを初日目とし、二日目に北岳を目指す行程だ。

2016090301.jpg


只今、時刻は05時00分。

辺りはまだ真っ暗ですがスタート!

僕は幽霊の類は全く怖くないが、健康を脅かされる類は本当に臆病で・・・。
要やクマが怖いので、このようにクマ撃退スプレーを携帯しイザ!

2016090302.jpg



漸く日が差し始めるが一向に怖いです。

2016090303.jpg

クマ鈴だけでは不安なので、走りながら何度も大声を張り上げた(笑)



恐怖もさることながら、心肺もアゲアゲで漸く薬師岳山頂へ。

2016090304.jpg

でも、ご覧の通りの辺りはガスってます。



ここから観音岳もガスって・・・。



結局、地蔵岳までの縦走中はずーっとガスりまくり。

正面には微かに見えるオベリスク。

2016090305.jpg

ここからの景色が絶景で好きなのにな~・・・。



さて、気を取り直して、今日はこの更に先の白鳳峠まで進みます。

僕は初めて行くルートです。


地図では地蔵岳から白鳳峠までは目と鼻の先のように見えるのだが、ルートはご覧の通りの難所続きで

2016090306.jpg

途中にルートはロスするは、膝を強く打つアクシデントに会うわで

結局、1時間も掛かった。

2016090307.jpg

ここまでの所要時間は4時間。

予定通りだ。



ここから広河原まで一気に駆け下りるぞ~!

と意気込んで臨みましたが、このルートは無理です。

2016090308.jpg

ガレはあるは、突き出た根っ子はあるは、梯子はあるは、斜度はキツいうえに滑り易いはで場所によっては早歩きも出来ないほど。

2016090309.jpg

先ほど打った膝も痛いし、この下りは色んな意味で痛かった~!



そして、漸く広河原へ到着。

2016090310.jpg

結局、白鳳峠からこの広河原まで2時間も掛かって今日の全行程時間は6時間。

結構、疲れましたよ~。

しかも広河原に到着した途端、晴れやがったよ(笑)



この吊り橋を渡った先が次に目指す北岳の登山口。

2016090311.jpg

あ~、腹減ったな~。

とりあえず昼飯だ。



吊り橋を渡り、広河原山荘へ到着。

2016090312.jpg

ここの名物であるカレーを頂く。

2016090313.jpg

これは最高に美味い!!



さて、それでは北岳ルートを行ける所まで進んで、適当な山小屋で泊まるか・・・と思ったその時、現場に居たお巡りさんが「明日は荒れるよ」とのこと。

急いでインフォメーション・センターに行き情報を聞くと「台風が進路を変えこちらに向かっているので明日は荒れますよ」と。


一応、カッパやらは持って来ているが、あくまでトレラン用なので本格装備ではない。

先週も北岳は台風で、その時には登山者が低体温症で二人亡くなられている。

残念だが潔く北岳登山はやめることにした。



ま、鳳凰三山の縦走だけでも、実はもうお腹一杯だ(笑)

2016090314.jpg

さ、帰ってルービーだ。




そんなこんなの南アルプス・トレイルランでした。


SEE YOU!

2016090315.jpg





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード