プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第3回 スパトレイル(四万to草津)

 
2016/06/26(Sun) Category : トレイルラン
今日はスパトレイルに初参戦!

てな訳でスタート会場である四万温泉に来ております。

この大会、なんとここ四万温泉をスタートし、野反湖を経由し、最後は草津温泉でゴールする全長72キロのロング・レースだ。

只今の時刻は5時5分前。

2016062601.jpg

それでは行ってきます。


この日の天候は直前の予報とは打って変わってのカンカン照り。

しかも、スタートして直ぐは、下手でも走れる舗装路が約16キロも続くから、これがまた厄介だ。

第1エイド。

2016062602.jpg

この時点で早々に体が重く感じる。



30キロ地点で見たこともない素晴らしい絶景が広がる。

野反湖だ。

2016062603.jpg

草津には何度も足を運んだことはあるが、こんな素晴らしい湖があったなんて知らなかった。


暫くすると丁度中間地点の関門に到着。

そこでもダレていると「ブログの方ですよね!」とお声を掛けて下さいました。
格好悪いことに、何故だか何時も疲れ切ってウナダれている時にお声を下さる。
でも、このタイミングだから「頑張らなくては!」と気合も入る。
この時にお声を下さったランナーさん、気の利くお返事も出来ずに申し訳ございませんでした。
そして、ありがとうございます。
でも良く見付けられるな~、サングラスが特徴的なのかな?


一周、約12キロの野反湖を一周し、また山を上る。

丁度ピークから遥か遠くに見える町が草津温泉郷だ。

2016062604.jpg

見えるでしょう。

さて、あそこまで後35キロだ。


47キロ地点のエイド。

2016062605.jpg

まだまだ強い日差しは続き体温は上昇しっぱなし。



バナナを食べるのも一苦労。

2016062606.jpg

おじさん、もうダメダメですよ・・・。



途中、素晴らしい滝の横を通過する。

2016062607.jpg

暫しの癒しだ。



ラスト1キロのプレートが現る。

2016062611.jpg

このレースで一番うれしい瞬間だったかも知れない(笑)



72キロのプレート。

2016062612.jpg

残り数百メートル。



そして、漸くの


        ゴール!

2016062610.jpg

タイムはゴール制限25分前の
12時間35分

ん~、目標タイムよりも1時間も遅かった。
確かに走れるトレイルだったけど、今日のレースは僕にとって可なりキツかったな~。

最近ロングが本当に弱くなった。

体重が増えたからか? 逆流性胃炎もドンドン酷くなって行く。
ま、練習がまだまだ足りないってことなんだろうな(笑)

そんなこんなのスパトレイルでした。

ではまた

SEE YOU!



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

同級生で房総ツール 第2弾

 
2016/06/19(Sun) Category : ロードバイク
さー、今日は同級生ツーリング第2弾。

今回のコースは前回と同様に房総ツール。

第1弾は蘇我をスタートし内房を伝い南房総最南端までのピストンでしたが、今回は国道126号線に乗り内陸を突っ切り、一気に九十九里に目指し、そこから南下し安房天津駅までの100キロを初日目に走破する。

それでは、さっそく。

2016061801.jpeg

しっかし、今日は本当に暑い!!


先ずは蘇我を出発し約30キロを走り九十九里は不動堂に到着。
不動堂と言えば、やっぱり蛤焼きだよね。

2016061802.jpeg

蛤と北寄貝をたらふく食べて、ツーリングも初日目の後半戦へ突入!



さて、ここからは外房の海岸線を走ります。

2016061803.jpeg

同級生ツーリングと言っても、これが意外とユルくなく、結構なトレーニング強度で巡行します。

因みに僕はこの外房の途中でハンガー・ノックになりました(笑)

さーて、ここは勝浦あたりかな~。
残り10キロだ。

2016061804.jpeg



そして、今日初日目の100キロの行程を終了。
コースはこんな感じ。

2016061805.jpg

いやー、民宿に着くや皆さんバタンキュー。

身体もこんなに焼けまくり~。

2016061806.jpg



漸く、体も落ち着いたところで宴会スタート・・・。

2016061807.jpg

といきたい所だが程ほどに飲んで明日のために直ぐに寝ました。



二日目を迎えました。

2016061808.jpg

最終日の二日目のコースは約60キロ。
約60キロとはいえ昨日に100キロを走っており、何を隠そう実は、スタート早々に5キロのヒルクライムから始まるのだ。


それでは、いざ!

スタートして直ぐに激坂が現れる。

2016061809.jpg

斜度にして約14%はあるだろうか。

アップもしないうちに心拍はMAX(笑)

みんな頑張れガンバレ~!!

2016061810.jpg

ヒルクライムを終えれば後は下り基調のアップダウン・コース。

養老渓谷を眺めながらの快適山岳コースだ。

2016061811.jpeg

そして、漸くゴールである蘇我に到着。

コースはこんな感じ。

2016061812.jpg



さて、ツールの後はお楽しみ、ホルモン・ミーティング。

2016061813.jpg

ミーティングでの決議事項。

・ソウルでツーリング。
・7月か8月に奥多摩エリアでツーリング。
・来年、皆でアイアンマン釜山へ出場する?

とにかく次は奥多摩ツールだ。
いやー、しかし楽しいツーリングでした。

それではまた。

SEE YOU!



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第5回 飛騨高山ウルトラマラソン

 
2016/06/12(Sun) Category : マラソン
さー、今日は100Kウルトラを走るために飛騨高山にやってまいりました。

現在時刻は4時30分。

ご覧の通りの大勢の変態ランナー達が、今か今かとスタートを待ちわびております。

2016061202.jpg

因みに今日は僕の嫁も参戦。

実はうちの家内は密かに僕に勝とうとしております(笑)

それでは

        スタート!


先ずは高山の古い町並みの中を走ります。

2016061203.jpg

この通りは、全ての家屋が国の重要文化財に指定されており、何とも江戸を感じれる風流な空間だ。


この飛騨高山ウルトラマラソンは国内のウルトラの中でも難易度は高く、なんと累積標高は2500mにもなるアップ・ダウンの多いウルトラだ。

2016061201.jpg


序盤から上りが続く。

のぼって上って登りまくり、漸く40キロ地点の上りのピークに辿り着く。

2016061205.jpg

ここは関門でもあるのだが、この辺から一気に気温が上昇し始める。


この次は延々に下る。

この下り地獄も辛い。


すると、また上り。


そして、62キロ地点の千光寺へ到着。

2016061206.jpg


108段の階段。

2016061207.jpg

もうね、こういうのイイから。



65キロ地点を過ぎた辺りから一気にペースがダレる。

75キロ地点で少し調子が戻るも、また80キロ地点でダレる。

何だかんだで最後の20キロは歩いては走り、走っては歩いた。

そうして漸くの


     ゴール!

2016061208.jpg

キツかった~!

飛騨高山のウルトラは辛いよ~。

そう考えるとウェーブ・スタートで僕よりも15分後にスタートした嫁が心配になった。

が!?

なんと、僕のゴール後直ぐにゴールした。

「振り向けが奴がいた!」って感じ!?


そう、この日、嫁は初めて僕に勝ったのだ。

しかも10分も差を付けて。

2016061209.jpg

ま、この日は自身の完走よりも、嫁が僕に勝って完走したことが何故か嬉しかった。

少し悔しいがね(笑)

次から下剤飲まそっと・・・。



そんなこんなの

飛騨高山ウルトラ・マラソンでした。

それじゃ

SEE YOU!





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード