プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

第3回 身延山・七面山「修行走」

 
2015/11/29(Sun) Category : トレイルラン
今日は七面山トレイル「修行走」距離36キロ。

寒いです。

7時40分スタートの15分前ですが、気温は0度。

20151129.jpg

この「修行走」は開催時期がら、僕の年末前の喝入れ恒例行事に指定しておりますゆえ、寒かろうが短パンで気合を入れて行きます。




あそこに見えるのは身延山。

2015112902.jpg

先ずはあれを一気に上り、今度は更にその先にある地獄の七面山を上ります。

まさに“修行”だ。



それでは早速

     スタート!




正直、このところ練習不足だ。

そのせいで体重も最近は74キロ台だ。
※ベスト体重は72キロ。

よって上りが豪く応える。

ようやく七面山山頂。

山頂から見る富士に暫し癒される。

20151103.jpg



この境内を潜って・・・

2015112904.jpg

後ろを振り返ると・・・

2015112905.jpeg

絶景かな。




最後は大きなコース・ロストもあったが、無事に

     ゴール!

2015112906.jpg

タイムは5時間57分

なんと、去年のタイムよりも12分も遅れました。

情けない・・・。

でも楽しかったからOKとしましょう。



そんなこんなの「修行走」でした。

SEE YOU!




スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ウルトラ・チャレンジャーズ・ネットワーク「KOREA100K」プロジェクト

 
2015/11/21(Sat) Category : マラソン
さて、いよいよ待ちに待った「KOREA100K」の幕開けです。

この日のために数か月も前から準備をしてまいりましたが、実現の日が遂にやってまいりました。


先ずは前日に韓国入りし、一緒にプロジェクトを遂行する韓国メンバーとの初顔合わせ。
自己紹介と明日の実践の打ち合わせをします。

2015112101.jpg

皆さん、真剣です。

僕もしっかりと通訳をするため、それに集中します。

へー、韓国では絆ロープは手で持つのではなく肘同士で繋げるのか~。

2015112102.jpg

韓国盲人の伴走者は韓国式に、日本盲人の伴走者は日本式に。
伴走者の方達も明日は大変な集中力が必要となりますね。


そでは明日は100Kのレース。
只でさえ大変な距離。
それに輪をかけて未知の方式の伴走法でのガイド。
とにかく今日は早く寝ましょう!



そして、大会当日。

6時スタート時のソウルは肌が切れるように寒いです。
そんな寒さではございますが、5人の選手達はレースに集中。

それでは障害者のため、日韓友好のため、5人の勇士達が発進します。

2015112103.jpg



滑り出しは良いペースです。

日本の盲人ランナーの“たいちょう”と伴走者の“リーさん”、順調そうです。

2015112104.jpg



韓国の盲人ランナー“シンさん”と伴走者の“ヤマタカさん”も問題なく順調です。

2015112105.jpg

直ぐ後ろを走る元気な女子は今大会のチームの一人で、日本を代表するトレイルランナーの“宮﨑さん”です。



半分(50K)を過ぎた頃、そろそろ皆さんに疲労が見え隠れしてきます。

“たいちょう”は序盤に飛ばし過ぎたのか足が攣り始めてきたようです。

2015112106.jpg

すかさずマッサージとケアに当たるプロジェクト・メンバーで自身もウルトラ・ランナーである亀井さん。
因みに亀井さんは外科医の先生。
心強いです!

頑張れ、たいちょう!



すると、先ずは今プロジェクト・チームの一人である“沈在徳”選手が1位でゴール!

2015112107.jpg

沈選手は韓国を代表するウルトラ・ランナーで、この世界では知らない人はいないほど有名な生ける伝説です。
因みに日本でも有名です。


そして、お次は“宮﨑さん”も元気な笑顔で女子4位でゴール!

2015112108.jpg

これで順当にアスリート級の選手達がゴールを終えました。

残すは今プロジェクトの主人公である視覚障害者達の戦い。


辺りも暗くなって来ました。

6時にスタートをして既に約11時間が経過しております。

大会制限時間は残り1時間のところで“たいちょう”が残り1キロのところまで来ました。

2015112109.jpg

頑張れ~、ファイティ~ン!


プロジェクト・チームの“三州ツバ吉”も頑張ってます。

2015112114.jpg

三州さん、結構辛そうだ。

皆さん辛そうです。

そりゃそうだ、なんてったって100Kだもんな。



そして、先ずは韓国の“シンさん”がゴール!

2015112110.jpg

見事ゴールは果たしましたが、残念なことに制限時間を超えてしまっていた。

だが、初出場で12時間30分は凄いよ。



そして、日本の“たいちょう”は93キロ地点で電池切れで体が完全ストップ。

三州ツバ吉さんも90キロ地点で時間切れ。



競技のルール上、チームとしては失格となったが、今大会の参加選手や大会関係者の皆様からは沢山の労いとエールの声を頂きました。
そういう意味では今回の趣旨である
「視覚障害者もその気になれば何だって出来る!」
「民間レベルでは日本人も韓国人も簡単に絆を深められる」
ということは証明できた。
ミッションは成功と言えよう!


大会が終了後はプロジェクトに携わった全ての関係者達で打ち上げ。

今日、走ったパートナー達は打ち上げの間もお隣同士で座り親睦を深めます。

2015112111.jpg



今回、戦ったブラインド戦士達二人。

2015112112.jpg

写真左から“シンさん”に“たいちょう”です。



今回、プロジェクトに沢山のご協力をして下さった韓国の関係者皆様、本当にありがとうございました。

そして、100Kを戦った盲人ランナーと伴走者、選手達、本当にお疲れまでした。

2015112113.jpg


そんなこんなの「KOREA100K」でした。


SEE YOU!







 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

同級生と房総ツーリング

 
2015/11/13(Fri) Category : ロードバイク
先日、同級生とツーリングに出掛けて来ました。

蘇我を出発し南房総までの片道100キロの一泊二日のピストンです。


それではいざ!

2015111001.jpg

先ずは産業道路を走ります。
この時点では皆さん余裕綽々ですね~。



君津を過ぎた辺りから漸く右手に東京湾の海が見えてきます。

2015111002.jpg

千葉の内房の海は波がなく、外房の海とは違う静かな雰囲気です。



距離にして60K地点でしょうか。

2015111003.jpg

ここから徐々に皆の口数が減って来ます。
疲れてるからね(笑)




南房総に近づくに連れてトンネルが増えてきます。

2015111004.jpg

ここは道幅も狭いので慎重に。



アップダウンも増えてきます。

2015111005.jpg

さて、少々疲れましたが、気の許す仲間と気持ちの良いロケーションを走ると自然と疲れも半減します。



夕日も落ちかけた頃、漸くお目当てのお宿へ到着。

2015111007.jpg

良い湯に浸かり、美味いもんも食って、さてお次は宴会!・・・
と行きたいところだが、明日も100Kを走るので皆さん21:00に消灯(笑)



折り返し地点でもある旅館の所在地の南房総「洲の崎」

2015111008.jpg

初めて来たけどここは本当にのどかで素晴らしい!
千葉人だけど、まだまだ知らない素晴らしい千葉が沢山あるな~。


さて、一日が明けて二日目も100K。
またまた贅沢な一日の始まりです。

また行こうね!
みんな~!


それでは
SEE YOU!






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

同胞タルリギ(マラソン)フェスティバル

 
2015/11/08(Sun) Category : マラソン
先日「同胞タルリギ・フェスティバル」に参加して来ました。
在日コリアン達のマラソン大会だ。

大会では2Kの部、3Kの部、5Kの部と駅伝の部とが用意され、僕らは中学校時代の同級生で5人チームを作り駅伝の部に出場した。

既に各個人は3Kの部や5Kの部に個人エントリーで出場しており、駅伝の部は午後からのスタートだ。

そんな僕も5Kの部にエントリーしての直後の駅伝の部のスタート。
担当区間は第1区だ。

休む間もなくスタート!

僕ら一般の部も学生の部と一緒に走る。

2015110701.jpeg

現役の高校生や大学生には流石に勝てなかったよ(笑)



2区の担当は友情出演のJ先輩。

2015110703.jpeg

あまり無理せずにね!



そして、その後も3区の秀才ランナー。

2015110702.jpeg

彼、ああ見えて結構走れます。


その後も順調に4区とタスキを繋ぎ最後はアンカーのYちゃん。

2015110704.jpeg

見事、1等でゴール!



表彰式。

2015110705.jpeg

アットホームな表彰式ではあったが、表彰を受けるのは何年ぶりだろう。


そして、優勝トロフィー。

2015110706.jpg

こんなの貰うのも久しぶりだな~。



そして、今大会の目玉、優勝賞金!

2015110707.jpeg

中身は・・・なんと5万円!!!

2015110708.jpg

これには一同ぶったまげだ~!


この後は大会主催者側が用意した焼肉大会で、一同楽しく屋外で七輪を囲み焼肉を美味しく頂きました。


いや~、久しぶりにはしゃいだよ。


それじゃ、来年も出ような~。

2015110709.jpeg

SEE YOU!





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第23回 ハセツネCUP 嫁の戦い!

 
2015/11/01(Sun) Category : トレイルラン
さーて、やって参りました~。
今日は恒例行事の「ハセツネCUP」の日。

ですが、今日は僕ではなく家内の戦い。
UTMFの参加資格ポイントがとうとうゼロ・ポイントとなり、再度出場ポイント獲得のため、仕切り直しとなる2度目のハセツネへの挑戦だ。

先ずはウルトラ・チャレンジャーズ・ネットワークのメンバーと合流。

2015103101.jpg

メンバーの皆さんは強豪揃いです。



僕の業界仲間のIさんとも合流。

2015103102.jpg

気合入ってます。



そして、今日の主役の家内と一枚。

2015103103.jpg

今回が2度目なので、最初ほどの緊張はありませんが、少しビビっているようです。
僕は家内のペーサーを努めさせて頂きます。



それではスタート準備に入ります。
ご覧ください。
今大会出場人数はなんと2500人以上。

2015103104.jpg

相変わらずの人気を誇ってますね~。


それでは全長71.5キロ、制限時間24時間、UTMF出場獲得ポイント2P、エイドポイントは一か所のみの水だけ。
そんな過酷なハセツネCUPの


         スタート!


先ずは後方選手達だけの名物である大渋滞。

2015103105.jpg

この渋滞で50分は走ることが出来ない。
前方選手には縁遠い現象ですが(笑)



漸く渋滞も解けた頃の今熊神社へ上る石段。

2015103106.jpg

この序盤から心拍数を上げさせられます。




今熊神社到着。

2015103107.jpg

僕は一旦ここにあるトイレに駆け込む。
その間、家内には先に行かせる。
タイム・ロスをなくすためだ。




まだまだ上りは続く。

2015103108.jpg

今回の家内のハセツネの戦略だが、2度目の出場ということもあり、前回よりも大きく上回るタイムで完走すること。
※(一昨年のタイム23時間18分→今大会の目標21時間内)
それに伴う戦術として、作戦名「森の亀さん」を実行。
遅くても良い、但しコース上では一度も止まらない、休む時は歩きながら休む、関門エリアでは5分だけ止まって休む、睡魔が襲ってきたら10分だけ寝る。
以上が作戦内容だ。



あっという間に時刻は17時になり、辺りは暗くなり始める。

2015103109.jpg

いよいよ夜ラン突入。
これぞハセツネだ。




第一関門到着。

2015103110.jpg

ここまでの距離で22.6キロ

ここで5分腰を下ろして休憩。

2015103111.jpg

前回タイムとの比較を共有する。
前回タイム6時間30分に対して今回タイムは5時間58分。
32分の短縮だ。
ヨシ! 序盤から順調だ。



次の第2関門までは約20キロある。
家内の脚では恐らく6時間は掛かるだろう。

ここでペーサーである僕にアクシデント。
あろうことか、先ほどの第1関門でバックパックを下ろした際に大事な大事なネック・ウォーマーを落としてしまった。
只今の時刻は深夜の12時。
気温は恐らく5度前後。
寒くて寒くて体の芯から冷えて、これには可なり応えた。



漸く第2関門へ到着。

2015103112.jpg

ここまでの距離は42キロ。

前回タイム14時間13分に対して今回タイムは12時間06分。
約2時間7分の短縮。

2015103113.jpg

前回ではここから更にタップリと休んだが、作戦「森の亀さん」を実行。
5分だけ休んで先へ進む。


次の第3関門までは約16キロ。
現在時刻は3時。
もう、かれこれ15時間走りっぱなしだ。

実はうちの家内が僕よりも長けた部分がある。
それは持久力。
僕はこう見えて馬力(スピード)はあるが燃費(持久力)は悪い。
その反面、家内は馬力はないが燃費が良い。

いくら家内の遅いペースのペーサーと言えども、15時間も走ると僕の胃はボロボロ。
只の水ですら飲んだら直ぐに吐いてしまう。
なので当然パワージェルの類は匂いを嗅ぐだけで嘔吐する。

しかし、家内は水は好きなだけ一気飲み。
パワージェルも美味しそうに食べる。
なんとも内臓が強くて羨ましい!!



漸く夜が明けたころの大岳山から望む展望。

2015103114.jpg

皆さん、暫しの癒しタイム。

2015103115.jpg

しかし、僕達は先を急ぎます。




そして、最後の関門である第3関門へ到着。

2015103116.jpg

前回タイムは20時間16分に対し今回タイムは18時間14分。
約2時間02分の短縮。

この関門では一切休まず先を急ぎます。
何故なら、21時間切りが掛かっているからだ。



ゴールが間近という目安となる御岳神社。

2015103117.jpg

ここから家内、魂の走りが炸裂。


痛い膝も泣き言一つ叩かず、少しの上りも走ります。


すると、山道の終わりらへんに「残り2キロ」のプラカードが。

2015103118.jpg

残り2キロの時点でのラップはなんと20時間45分。
21時間切りまで後15分。
キロ7分で走れば目標の21時間切りだ。

ゴーゴー!

残り1キロ。
ラップ20時間55分。

ゴールが見えた。

残り500m。
ラップ20時間58分。



そして


     ゴール!


2015103119.jpg

先ずはタイムはさて置き。
2度目となるハセツネ、2度目の完走おめでと~う!

タイムは目標よりも02分程足りませんでしたが、前回タイムを2時間16分も上回る、
21時間02分の見事なタイム。

UTMF獲得ポイント2Pも見事獲得。

あっぱれ!

でもね、実はこれ、半分はペーサーである僕のお陰かな。



そんなこんなのハセツネCUPでした。
これで来年こそは自分のための戦いが漸くできます(笑)


SEE YOU!



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。