プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

UTMF 2015 

 
2015/09/27(Sun) Category : トレイルラン
さー、待ちにまった年に一度の国内ビッグレース「UTMF」当日。

去年に引き続き、またこの地に立てたことを本当に光栄に思っております。

2015092501.jpg



受付も済ませました。

2015092502.jpg



知人にもお会いできました。

2015092503.jpg
(けんこう堂さん)



今日、ここに立てるチャンスをくれたアニキとも合流。

2015092504.jpg



さー、いよいよです。

ワクワクするぜー!

それでは満を持して2度目のUTMF

     スタート!

2015092505.jpg



去年は前半に飛ばし後半にダレて制限時間ギリギリでのゴールだったのを踏まえ、今回は序盤からスロー・ペースで行く。

胃も長持ちさせるために上半身が上下動しないフォームを意識しながら慎重に走る。



31キロ地点のCPに到着。


2015092506.jpg

脚力よし! 胃袋も良し! 眠気も良し!

まぁ、始まったばかりだからね。

ここではほんの少しだけ休んで直ぐにコースに戻ることに。




46.5キロ地点のCPに到着。

ここまでの時間で約7時間40分。

2015092507.jpg

ここでも脚よし! 胃袋よし! 睡魔よし!
これはもしや行けるのでは!?
ここでもほんの少し休んでコースに復帰。
ここからが序盤最大の山場、天子が待っている。



しかし、前回同様この天子は僕にとっては大きな壁となった。
先ず、延々と続く上り坂。
信じられないですが、この上りが本当に延々と続くのです。
これには心が折れかけました。

漸く上りが終われば勿論下りが待ってます。
「やっと下りだ!」とホッと一息つくも、これがとんだヌカ喜び。

前日から降った雨のせいで、赤土(粘土質)が足首まで浸かる泥んこ状態。
しかも急勾配でこれだ。
上りの次に、今度はこれが延々と続くのだ。

両脇に生えるクマ笹をロープ代わりにシッカリと掴み、恐る恐る下る。いや、滑る。
他の選手達がそこいらじゅうで転倒。
僕も5回は転倒、内一回は岩に身体を激突させる豪快な転倒も。
これは本当に痛かった。


ここで余計な個所の筋肉を使ったせいか、今まで順調に来ていた体調だが異変が始まる。

先ず、睡魔が襲ってきた。
しかも、この泥んこエリアの真っただ中で。

漸く恐ろしい下りが終わり舗装路に入るも体が動かない。
すると今度は嘔吐。
逆流性胃炎が始まった。

この何の変哲もないアスファルトの平坦な道で200人に抜かされたと思う。


次のCPである70キロ地点までやっとの思いで到着。
しかし、残念ながらタイム・オーバーの失格。

ここで、僕のUTMFは終わった。




疲れた体でどうにかこうにか帰宅し武具を整理していると、大会出発時に「これ、役に立つから」と持たされた嫁お気に入りの魔法瓶がこんな状態に。
一瞬、何でこんな状態なのか数分考えたが思い出した!
泥んこの下りで岩で滑ってその岩の角に脇腹から落ちた時にやったやつだ。

あの時、実は間違いなく骨が折れたと思ったが何ともなかった。
その時は不思議と思っていたが、これのお陰で助かったのか~。


20150920508.jpg


~総括~
タイム・アウトで失格なんて何年ぶりだろう。
確かにコース・コンディションは本当に悪かったが、現に時間内に山を越えている選手もいる。
てことは
今回の敗因は練習不足が100%の理由だろう。
去年のUTMFはクリアーしているから今回も大丈夫だという何処かに傲りがあったのだと思う。
まだまだ拙者は甘いんだな~。
これからも精進しなくては。


そんなこんなのUTMFでした。


必ずリベンジするよ!





スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment3  |  Trackback0
 
 

第7回 多摩川源流トレイルラン

 
2015/09/13(Sun) Category : トレイルラン
さー、やって参りました!
源流トレイルランです。

この所、少々忙しい日々が続き、トレーニングの時間が取れずのコンディションです。
ですので、今日はタイムを気にせずトレランを楽しみたいと思います。

今日は約760人の参加。

2015091301.jpg

見て下さい、後ろの方まで凄いでしょう!


そういう僕はこのポジション。

2015091302.jpg

タイムは気にしないですが、この大会はスタート直後は狭い道が続くので渋滞必至。
なので、それを回避するためのこのポジショニングです。


それでは

       スタート!


序盤は標高を約700mを一気に駆け上ります。

2015091303.jpg

9月に入ると巷では「もう夏も終わりですね~」的な雰囲気だが、なんのなんの、夏は終わっちゃいね~よ。
十分に蒸し暑い!!




漸く最初のピークが終わり暫く走れるトレイルが続く。

2015091304.jpg

この多摩川源流トレイルランはこのような走れるトレイルが多い。

だから走れる下り勾配も多い。
今日は自身の体について自覚が出来たのは、身体は重くなったが下りが下れていること。
実は忙しくトレーニングの時間、特にランニングの時間が取れなかったが、短時間でも出来るウェイト・トレーニングはシッカリとこなしていた。
特に“レッグ・プレス”だ。
身体は重いのに下れるのは間違いなくこのお陰だろう。

でも上りはキツイ!
当然か・・・(笑)



終盤の上り。

2015091305.jpg

皆さん、もうバテバテだね。
僕もだけど。



漸くゴール・ゲートが見えてきた。

2015091306.jpg


     ゴール!

2015091307.jpg

一応、タイム
25キロ 2:57:25 120位/760人

練習不足にしては、まあまあかな。

とにかくUTMFまでに体重落とさなければ。



そんなこんなの多摩川源流トレイルランでした。


SEE YOU!





 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。