プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

日韓合同ブラインド・チーム ウルトラ走破計画

 
2015/08/28(Fri) Category : マラソン
ウルトラ・チャレンジャーズ・クラブ(旧光の絆)の活動です。

今回は11月に行われる韓国ウルトラ100K「KOREA CUP100K」を韓国人ブライドランナーと日本人ブラインドランナーが日韓合同チームで共に走り、世間の度胆を抜かせる計画を固めるための訪韓です。


今回の訪韓は日本のブラインドランナーの“たいちょう”と総大将の“フクロウ”、そして僕の3人だ。


2日目の早朝から早足でソウル観光。
ベターですが「キョンボックン」へ。

2015082701.jpg

王宮内も早足で短時間で済まし宿へとんぼ返り。



そして、昼から韓国の英雄 沈在徳選手と合流。

今回のプロジェクトのキーマンです。

会って早々のフグ料理でモテナシを受ける。

2015082702.jpg

これ、最高に美味しかった。



さて、腹も満たした後は直ぐにKOREA CUP会場へと移動しランニング・ウェアに着替える。

2015082703.jpg

そして、実際に使われるコースを試走します。


それではスタート。

2015082704.jpg

いやー、感激です。

あの沈選手と一緒に併走しているのですから。




今日のソウルの気温は31度。

2015082705.jpg

暑いです。



後半は沈選手が“たいちょう”の伴走を努めます。

2015082706.jpg

もうこれだけで十分って感じだ(笑)



そして、コース試走は終了。

2015082707.jpg

沈選手、皆さんお疲れ様でした。



そして、その日の夜は
韓国ウルトラ・マラソン連盟会長と副会長、伴走クラブの会長等々のこの業界の大物達との初顔合わせ。

緊張の中、早速僕達クラブの説明と、韓国での活動と要請を説明。

2015082708.jpg

すると韓国サイドは我々の活動を大変喜んで頂き、尚且つ全面協力をして頂く所存を明らかにしてくれた。



韓国側の大歓迎の考えを確認でき、双方の距離は一気に縮んだ。

互いにプレゼントをし更に雰囲気は最高潮に。

2015082709.jpg



ウルトラマラソン連盟会長からのプレゼントはそれはそれは豪勢な物で、中にはユニークな物も・・・(笑)。

2015082710.jpg

2015082711.jpg


楽しい時間はあっという間に過ぎ、名残惜しいですが会は終了した。

今回の訪韓は可なり価値のある、実りあるものとなった。

後は11月に走るだけ。

アジア平和にほんの少し貢献出来たそんな夜だ。

2015082712.jpg

韓国関係者皆さん、本当にありがとう!

そして今回、訪韓したチーム・メンバーも本当にお疲れ様でした。





 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

今日も沢山の気付きを得ました

 
2015/08/24(Mon) Category : 会社
昨日は朝鮮の聴覚障害者の発展のため、実際に現地に足を運び活動されているEmiさんと、先輩の呉さんと3人で美味しいホルモンをつつきながら大変ためになるお話を聞きました。

2015082401.jpg

楽しくエキサイティングな一時でした。

因みに写真のサインの意味は

「I LOVE YOU」です。

Emiさん、ありがとう!





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

社内セミナー 3日間

 
2015/08/18(Tue) Category : 会社
今日から三日間の社内研修。

研修の内容は「7つの習慣」です。
ここはブレずにトコトン理解深めと刷り込みを行っていきます。




先ず初日目は既に私的成功を修めておりますリーダー達対象の「“7つの習慣リーダー”の実践プロセス」を学んで頂きます。

2015081704.jpg

これは7つの習慣リーダー達が主に職場で7つの習慣をチームメイト達に落とし込んで行くための心構え、スキル、手法を学びます。




二日目から三日目の二日間は「7つの習慣」の基礎原則~第3の習慣までの「私的成功」、自立までの習慣プロセスを学んでゆきます。

対象者は社員全員です。

2015081702.jpg

受講者は基本的には一度学んだことのあるスタッフ達ですが、もう一度初心に戻って受講して頂いております。



二日目はミッション・ステートメントから学びます。
僕の一番大好きな習慣です。

2015081703.jpg

さて、皆さん。

自身の人生、目的を持って始めましょう!


それでは二日連続参加の人達、三日連続参加の人達、お疲れ様でした。






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

今日は一人で白馬トレイルラン

 
2015/08/09(Sun) Category : トレイルラン
今回は親戚一同の集まりで白馬村へやって来ております。

白馬村と来れば、目の前は八方尾根が広がり、その奥には白馬三山が遠く見えます。

さて、こんな状況を僕が見逃す訳がございません。
なので、朝早くに起き、親戚の兄さんに車で送ってもらい、早朝4時に白馬登山道口である猿倉荘に来ました。
車を出るや直ぐさまスタートします。


夜明けまでにまだ30分ばかしあったので、赤の他人のパーティーの後ろにピッタリ付いて微かな光を分けて貰いながら前と進む。

2015080901.jpg



夜が明け始めるとパーティーの後方の人が
「前へどうぞ~」
と道を空けてくれた。

「ホホ、知っていたのね」(笑)



前方には白馬岳が凛々しく聳えております。

2015080902.jpg

さて、それでは身体が温まった所でここから走って行きます。



30分程走ると山小屋が見えてきた。

2015080903.jpg

白馬尻小屋だ。


石碑には
「おつかれさん!」
だって。

2015080904.jpg

今からが死んどいんだけどね(笑)



大雪渓では杓子岳からの落石が頻繁にあり、その注意を促す看板だ。

2015080905.jpg

左右の谷を常にチェックし進まなきゃな。


さて、それではここからはアイゼンを装着していよいよ大雪渓へと入って行きます。

2015080906.jpg



うひょ~!
これは大迫力だ。

2015080907.jpg

この大雪渓は日本三大雪渓の一つで全長はなんと3.5Kもある。
本来なら登山客で一杯なのだが早朝まだ5時なので雪渓にいる登山客は僕を含めて4~5人しかいない。
3.5Kなもんで、まだまだ雪渓は続きます。

2015080908.jpg

今、ここで後ろ振り向けば最高の景色を見れますが、あえて見ません。
絶景は頂上までのお楽しみします。




そして漸く大雪渓は終了。
ここから右手の谷に取り付きます。

2015080909.jpg

難易度は然程高くはないが、ガレが多く斜度もキツいので脚力は結構使う。




ここら辺りが本来なら小雪渓なのか?
雪が解けていて一面が高山植物の花畑になっていた。

2015080910.jpg

これには普段から花に興味のないオヤジも心が癒される。



お花畑を過ぎた頃、先ずは村営白馬岳頂上宿舎へ到着。

2015080911.jpg

ここまで来れば、もう白馬岳山頂までは目と鼻の先だ。




村営白馬岳宿舎まで来れば、もう白馬岳の丘陵伝いなので、やっと走れる。
腕を振り更に上にある白馬山荘目掛けて駆け上ります。

2015080912.jpg



白馬山荘到~着!!

2015080913.jpg




ここからあそこに見える山頂までは残り50mです。

2015080914.jpg



そして、漸くの

山頂 到~着!!

2015080915.jpg

猿倉からここ山頂までの所要時間は丁度3時間。




それでは待ちに待った絶景を眺めるとしましょう。
それではどうぞ!

先ずは今上って来た白馬村方面を見ると
辺り一面に雲海が広がり、下には白馬沢が見える。

20150809111.jpg

これは大迫力だ。

反対側の景色はというと。
この景色はもっと凄い!

2015080928.jpg

左から燕岳・槍・穂高・剣と北アルプスを代表するボス・キャラ達が全て一望出来るのだ。
これは北アルプス・マニアは必見だ。



散々絶景を満喫したところで腹が減って来たので先ほどの白馬山荘でモーニングを。

2015080917.jpg

標高2,930mで摂るケーキセットもこれまた贅沢(笑)



モーニングを食べ終えて、時刻を見るとまだ7:40分。
時間が有り余っているので白馬三山(白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳)の一つ、お隣の杓子岳山頂を目指す。
白馬岳から一度一気に標高を下げて、また一気に上る。

杓子岳山頂到着。

2015080919.jpg




杓子岳から見た白馬岳です。

2015080918.jpg



さて、暫し天空のトレイルランを楽しみます。
これ分かります?
左手は数百mの断崖絶壁です。

2015080920.jpg

おのずと道の右寄りを走ってしまいます(笑)




すると杓子岳の次の三山の一つ、白馬鑓ヶ岳が前方に見えて来ました。

2015080921.jpg

今日のトレラン行程には鑓ヶ岳まで行く予定はありませんでしたが・・・。
もう一丁行くことに。



はい、白馬鑓ヶ岳山頂です。

2015080922.jpg





鑓ヶ岳山頂から次なる丘陵を見ると、こんどは天狗平が見えてきます。

2015080923.jpg

「ん~、あそこも走ってみたいな~・・・」

でも、ここは“ぐっ”と堪えて引き返すことにしました




さて、ここからさっき来た道を戻り村営白馬頂上小屋へ着きました。
今からあの大雪渓を下ります。
あれを下るとなると、相当な脚力を使うだろうと思い休憩を兼ねたルービー・タイム。

2015080924.jpg

ルービー・タイムを終え、そこから一気に大雪渓を下る。



約1時間10分で白馬尻小屋へ到着。

2015080925.jpg

上高地から見る前穂を見上げる景色も好きだが、ここから見上げる白馬岳の景色も今日好きになった。


あの白馬岳との別れを惜しみながら、最後はレッドブルで乾杯。

2015080926.jpg




そして、最初のスタート場所である猿倉荘へ到着。

2015080927.jpg

お疲れ様でした。

いや~、しかし今日のトレランは本当に心の底から楽しかった~!

北アルプスって本当に最高だ!

※(因みにこの日は猿倉から白馬村までの約11キロのロードを走って帰りました)



そんなこんなの白馬トレイルランニングでした。

2015080916.jpg

SEE YOU!






 
コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
 
 

デート

 
2015/08/02(Sun) Category : 日記
週末の日曜だというのに嫁は仕事。
皆さんお忙しいね~。

おまけに息子は夏休みの林間学校。

娘は部活動の合宿明けの休みなので一人で暇をしておりました。

そんな娘が何だか可哀想になり、予定していた灼熱トレーニングをキャンセルし、急遽娘とデートをすることに。


で、さっそく娘と出掛ける。

先ずは錦糸町で映画「アベンジャーズ」を見て、そまま浅草巡りへ。

2015080201.jpg



浅草で娘が前々から欲しがっていたキャップを一緒に選ぶ。

満足げな娘。

これで一通りのオヤジとしての一日の役目は努めた。


だから今度はオヤジの番。

早速「ホッピー通り」へ。

2015080202.jpg

ここはいつ来ても酒飲みが沢山いる。



そして、僕らも「鈴芳」へ。

たまたま一等地の場所を取れた。

2015080203.jpg

娘はもちろんウーロン茶だが、今日は何故かビールが美味い。


つまみの進む。

2015080204.jpg

全ては娘効果か!?



今日はそんなこんなの
ほのぼのとした娘との一日でした。

2015080205.jpg

SEE YOU!


あ、そうそう。
最近の頬でピース・サインをするのを娘もしていた。

娘よ、前も顔を小さく見せたいのか・・・。














 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード