プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

嫁の北丹への挑戦まで残り1週間(筑波山にて)

 
2015/06/28(Sun) Category : トレイルラン
只今嫁は「UTMBへの道」のためのポイント取りに向け、獲得ポイント対象の大会完走を目指し、仕事と子育て、家事をしながらも日々過酷なトレーニングを積んでおります。

そして来週は、毎回幾人ものランナーを熱中症へと追い込む、真夏の灼熱地獄。
あの「北丹沢44k」に挑む。

早速、今週末も我らがトレーニング・マウンテン
筑波山にやって参りました。

2015062801.jpg


先ずは筑波神社から弁慶茶屋までの激坂を本気で上る。
(僕は2往復)

2015062802.jpg



弁慶茶屋へ到着

2015062803.jpg

ここから頂上へは行かず、そのまま“つつじヶ丘駐車場”へと繋がる“おたつルート”を下る。



入山して直ぐにだが、霧が掛かって路面がぬかるむ。
慎重に下らなければ尻餅必至!

2015062804.jpg

だが、これはこれで良い練習になる。



つつじヶ丘からお次は筑波山を巻いて「筑波高原キャンプ場」へ。

2015062805.jpg

掛かった霧が森林の香りを運び、ただでさえ気持ちの良い気分を引き立ててくれる。


“つつじヶ丘駐車場”から“筑波高原キャンプ場”までは約3キロの緩やかなアップダウンが続く林道だ。

2015062806.jpg
(ここで嫁に追い付き、嫁カメラマン)

この林道エリアは時速14キロのスピードを出して追い込む。




筑波高原キャンプ場へ到着。
ここから今度は女体山山頂へとアタック。

山頂到着。
昼頃から掛かる霧のせいか、山頂には数人の登山客しかいない。

2015062807.jpg

しかし、これはこれで幻想的で心癒される。



頂上からは来た道をまた下り筑波高原キャンプ場へ。

そこからは筑波高原キャンプ場→(3k)→つつじヶ丘駐車場→(2k)→筑波神社と約5キロを再び時速14キロで追い込み今日のトレーニングは終了。


トレーニング後。
今まで気にも留めていなかった大きな杉の木に物凄いパワーを感じたので少々そのパワーを分けて頂くことに。

2015062808.jpg

嫁の北丹完走と
自身のUTMF完走祈願のためだ。



そんなこんなの

筑波山トレイルラン・トレーニングでした。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

息子と東京タワーを上る!?

 
2015/06/20(Sat) Category : マラソン
今日は息子と半蔵門はジョグリス主催のラン・イベントに参加。
東京タワーへ上るのだ。

とは言ってもエレベータで上るのではなく
半蔵門から東京タワーまで走り、展望台まで階段で上るのだ。

何だかよく分からないまま準備運動をする息子。

2015062002.jpg
※(写真、一番右)



そして、大人達に混じりイザ!
東京タワーまで4キロのラン。

2015062003.jpg




(㎞/6分)のペースで東京タワーへ到着。

2015062004.jpg



東京タワーのスカートの中を覗く。
このアングルからは初めてだな~。

2015062005.jpg


そして、階段の入口。
正に未体験ゾーンだ。

2015062006.jpg



この日は天気も晴れて、最高の汗っかき日和で、半蔵門からここ東京タワーまで結構な汗をかいた。

そんな状況での階段上り。

段数は600段。

それではレッツ・ゴー!

2015062007.jpg


約5分掛けて展望台へ。
(早い人は2分で駆け上るらしい)


展望台での記念撮影も流石にバテ気味の息子。

2015062008.jpg

でもな~、実はこの後、階段を下って
またさっきの半蔵門まで走ってか帰らなきゃならないんだよ~。



暫しの自由時間内に大好きなアイスを与え
ご機嫌と体力を補充させる。

2015062009.jpg



何とか文句も言わずに半蔵門ジョグリスまでの最後の4キロを大人達と走りきり
最後は引率のジョグリス・スタッフ達に拍手で称えられ上機嫌の息子。

大人の僕も良い家族サービスが出来たし良い汗もかけた。



そんなこんなの
息子との東京タワー巡りでした。

2015062001.jpg





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

2015.八重山トレイルレース

 
2015/06/14(Sun) Category : トレイルラン
さて、今日は八重山トレイルレースの日。
距離は38.5キロ。
これで三週連続の強レベル大会の出場だ。

天候は小雨。

早速、準備を済ませ、いざ会場へ。

2015061401.jpg



会場へ着くと、30分前だというのに、もうスタート・ゲート前はランナーで一杯だ。
大慌てで僕も何とか良いポジションを確保する。

2015061402.jpg


おいおい、40キロ級のレースでワラーチで出場する強者もいるよ。
しかも、芝生バージョン

2015061403.jpg

僕もこういう如何にも強そうな脹脛が欲しいんだよな~・・・。


今日の大会はレベルの高い方達が大勢いるような感じだ。
7月の北丹、9月のUTMF、10月のハセツネとビッグな大会に皆さん照準を合わせに来ているのだろう。



そして、いよいよの


     スタート!


スタートをして直ぐにトレイルへ。

すぐさま標高を上げていく。
先ずは八重山を上って下りる。

八重山を下って暫しのロード。

2015061404.jpg


次いで日野原峠→土俵岳→丸山と今大会最高標高の三山をアタック。

2015061405.jpg

この日は天気予報では曇り時々雨となっていたが実際には小雨となりトレイルラン的には丁度良い感じだ。

漸く今大会最高標高の丸山を越えて一気に下る。



そして20キロ地点の関門に到着。
ここまでのラップタイムは3時間ジャスト。


さて、休まず後半戦へ突入します。

スタートして約3時間。
時刻にして11時頃から日が射して来た。
このせいで上からは太陽光に下からは湿った草木や土から物凄い湿気が生まれる。

この二本杉の峠越えは本当に応えた。

2015061406.jpg

上下のウェアは勿論のこと、バックパックまで汗でビショビショだ。



最終エイドに到着。

2015061407.jpg

距離にして32.5キロ。
残り6キロだ。


残りたったの6キロだというのに、この暑さで完全にオジさんの体力はパワーダウンしてしまったよ。

2015061408.jpg

それにしても暑い!
暑すぎる!



僕の前後の選手も本来なら走れる軽い傾斜も歩くしかない(笑)

2015061409.jpg

最後の峠の八重山。

2015061410.jpg

これを越えれば後はゴールだ。



やっと八重山を越えラスト約2キロの下りを下って


     ゴール!

2015061411.jpg

タイムは5時間57分

順位としては決して早い方ではないが、今回で色々と弱点を探せた良い機会だった。
ここ最近だが、44歳になり30キロを超えた辺りから目眩と動悸がし、一気にパワーダウンする。
43歳までにはそんなことなかったのにな~・・・。
早い所、改善方法を見付けなくては。


ゴール賞のうどん。

2015061412.jpg

このうどんは胃にしみて美味しかった~。


さて、帰ってビールだ!



そんなこんなの八重山トレイレースでした。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

2015.柴又100K

 
2015/06/06(Sat) Category : マラソン
本日は柴又100Kのウルトラ・マラソンに夫婦でチャレンジします。

因みに家内は初のウルトラ(100K)の挑戦です。

HOKAに計測チップを付けて準備万端。

205060601.jpg

そして、大会コスチュームは夏らしく、ブルー・ローズの自称お洒落なシャツで。



それでは少々肌寒いですが

江戸川河川敷の柴又公園をスタートし、茨城までの折り返しを引き返す長い旅に行ってまいります。

2015060602.jpg

今日の目標タイムは11時間台。

㎞/6分半で行けば出せるタイムだ。


しかし、70キロ地点から㎞/7分。

80キロ地点から㎞/7分半。

と徐々にペースが落ちる。

脚も痛い。

そこへ、夢が幻か!?

中学・高校時代の後輩が私設エイドを設けて応援してくれてるではないか。

2015060603.jpeg

これは有りがたい。

食べ物とかじゃなくて、親しい仲間からのエールが何よりも励みになる。


その効果もあり、ペースが㎞/6分半に戻るも40分間だけ。

95キロ地点から㎞/8分半。

そして、とうとう93キロ地点で歩いてしまった。



残りの7キロはグダグダで前へと進み・・・



漸くの


     ゴール!

2015060604.jpg

タイムは12時間39分台。

目標タイムには遠く及ばずでしたが、去年のタイムよりも1時間以上も更新したので良しとしましょう。

さぁー、お次は未だなお闘っている家内を待つとしましょう。


そして、家内がウルトラ初出場にも関わらず、大大健闘の

13時間39分台で完走!

何と僕との差は1時間だけ。

諦めずに良く頑張った!



今宵は家内のウルトラ完走のミニ祝賀会で急遽ホルモン・ミーティング。

2015060605.jpg

そ~れ、今日はダイエットなんか気にせず食べろ食べろ~!!

しかし、お前はデカした!



そんなこんなの柴又100Kウルトラでした。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード