プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

第6回 信州戸隠トレイルラン

 
2014/09/28(Sun) Category : トレイルラン
さー、今日は「戸隠トレイルラン」にやってきてます。

見て下さい。
この爽快な青空を。

14092801.jpg
(戸隠山)

今日は僕にとっては久々となるレースとしての参加。
と言うのも、現在フランスの「CCC」の参加を熱望している嫁に応えるため、嫁のペーサーを基本としレースに参加しております。
よって、まぁ~それはそれは遅いペースで走っておるのです(笑)

そんな中、今回嫁は28キロの部と僕は41キロの部のエントリー。
そう、嫁のペーサーをしなくて済み、思いぞんぶん持っている力を発揮できる、文字通りのレースとしての参戦です。

もう、それはそれは嬉しくて嬉しくて・・・。

スタート会場には7時からスタートをする41キロの部の選手達でごった返す。

14092802.jpg

そして、いよいよスタート3分前。

今日の僕は気合が入ってるよ~。
スタート・ポジションも前の方を陣取るよ~。

14092803.jpg

そして、久々の自身のレースが


        スタート!


あ、そうそう。
今日の僕は本気モードなので写真は少なめです。
(順位を落としてしまうので)

作戦はこうだ。
今日のコースの高低差表をみてのとおり、大きな山は最初の二つの山と最後の山一つだけ。
残りの中盤は比較的平坦に近いのでミスター平地ヤロウの僕としては得意なエリアだ。
よって最初の二つの山は気合でトップ手段に食らい付き、中盤の平坦エリアでは息を整えながらペースを落とさずタイムを維持し、最後の山で持っている力を全部出し切る作戦だ。

140928高低差


先ずは戸隠スキー場である瑪瑙山を一気に駆け上がる。
作戦どおりトップ集団に食らい付く。

が、瑪瑙山を登りきる前に千切れてお次は第2集団に食らい付く。

登山道分岐を差し掛かる前にまたまた千切れて第3集団に吸収される。

登山道分岐の山頂での絶景は素晴らしく
流石に足を止めて写真を撮ってしまいました。

14092804.jpg

後ろの後続選手の笑顔の写真もパチリ(笑)

14092805.jpg

この山を今度は一気に下り、中盤に差し掛かります。

中盤は舗装路と遊歩道がメインでした。

第3集団からも千切れたのでしょうか、前にも後ろにもランナーがいない状態の孤独ランが長らく続きました。




すると今大会名物、戸隠神社の「274段の階段」に差し掛かる。

14092806.jpg

この階段は長い。

本来ならば少し長いくらいの階段なのだろうが、約20キロを走って来た脚で上るには長すぎる。

階段はまだまだ続く。

14092807.jpg

上り切った後は、レース最初に駆け上った瑪瑙山めがけ、また上りです。



最後の瑪瑙山の上りは下りはキツかった。

余りのキツさに意識がモウロウとしたよ。


そして、漸くの


            ゴール!

14092808.jpg

タイムは6時間04分と6時間を切れなかったが、順位としては大満足の総合38位
年代別でも9位と過去最高の成績じゃないかな~。

14092809.jpg


そして、28キロの部に出場していた嫁も笑顔で

          ゴール!

14092810.jpg


皆さん、大きな怪我もなくお疲れ様でした。

パワースポット満載の戸隠で、一足先に紅葉を楽しんだ

幸せ一杯のひと時でした。


そんなこんなの戸隠トレイルランでした。

それでは




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

私事ですが、一つご報告を

 
2014/09/24(Wed) Category : 会社
色々と考えましたが、僕の知り合いの一部の方達が、今だ「僕が参加している」と誤解をされたままというケースがありますので、やはりこの個人のブログの場をお借りして報告をさせて頂きます。

昨年に立ち上がった「小さな鈴の音」プロジェクト。
日本、中国、韓国の三カ国の盲人と伴走者で4大砂漠レースにチャレンジし、それを通して冷え切った東アジアの友好の懸け橋になろうというプロジェクトです。

これに当初から参加をし、メンバーと共に活動をしておりましたが、活動の過程の中で生じた「意見の相違」から発足当初の日本チームと共にプロジェクトから“離脱”することとなりました。
詳しい事情や経緯についてはあえて公表は致しません。
何卒、ご理解ください。

離脱をし、もう二ヶ月が経ちます。

今現在では離脱した日本チームと共に理念に沿った新たなプロジェクトを温め中です。
これに関しては機が熟したらご報告させて頂きます。

ですので「小さな鈴の音」には僕は参加はしておりませんことをここでお知らせします。






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第1回 九十九里トライアスロン

 
2014/09/20(Sat) Category : トライアスロン
さて、本日は「第1回 九十九里トライアスロン」当日の日

天候は生憎の小雨で気温も少々寒いです。

以前、過去に何度か投稿しましたが、僕は心の底から雨が大っ嫌いなのです。(トホホ・・・)


しかし、ご覧あれ。

説明会場には大勢のトライアスリート達!

14092001.jpg

何と、この日に大会参加者は2000名を超えてたそうです。

日本のオヤジ達は、まだまだ元気いっぱいだ!

よーし、俺も何だかスイッチが入ったぞー!



トランジッション・エリアで支度をする。

今日がデビューの「サーベロ・P5」を引っ提げて(笑)
※(しかしこの後、レース中に悪夢が待っていたのだった)

14092002.jpg

今日はパチンコ・アスリート・チームのメンバーが結構揃いました。

ベテラン I さんと今日のレースがトライアスロン初となる KI さん、そして仙台からは“北のアイアンマン” KUさんが参戦。
カメラマンで SIさんも??
そして僕の合わせて4人でのレース参加となります。


それでは

寒い中

      スタート!


先ずは流れの早い川を流れに乗って泳ぎます。
僕は泳ぎは決して早くないでが、流れのせいで驚くほどスピードが出ます。
これには思わず錯覚をしてしまいます。

勿論、折り返した後は流れに反して泳ぐので進まないったらありゃしない(汗・・・)



漸くスイム・アップ。

お次はバイク。
今日、初めてお披露目する“サーベロ・P5”がとうとうベールを脱ぐ。
そして、バイクを規定の場所まで全速力で押す。

〈知らない人のために〉---------

トランジッション・エリア内では自転車を乗ってはならず
規定の場所までバイクを手で押して行かなくてならない。

----------------------------------

「早く乗りたい! 早く乗りたい!

ニュー・マシンで風を切るぞ!

絶対に転倒はしないぞ!」

と心の中で叫びながら、自転車を押すペースがドンドン上がる。
そして、悪夢はやってきた。

「ガシャーン!!」

何と、ハンドルが突然独りでに曲がりバイクを倒してしまったではないか~!!

それはそれはスローモーションだったよ。
濡れた路面だったが乾いた音を立てていたような。
傷がいってた。
ゆっくり見たかったが、レース中だから入念に確認も取れない。

まだ一度も乗ってないのに・・・。

てな訳で、ニューマシンに初乗りする前に落としてしまいまた(笑)


この後、半分泣きながら自転車を漕いで
何とかバイク終了。
風は切ってなかったような・・・。


お次は最後のランへ。

これは走った。
今シーズン最後のトライアスロンだがら思い残しがないよう心拍数マックスで。

そして

       ゴール!

何だか顔が笑ってないでしょう。
実はこの時、先ほどの自転車に入った傷のことで頭は一杯。
14092003.jpg


大会も終わり、今日の参加メンバーで軽く打ち上げ。

この日のヒーローは何と言っても、今日がトライアスロン・デビューで無事に完走を果たした金さんだね。

14092004.jpg


さて、これで関東のトライアスロンはシーズンオフですかね?

これから僕はトレイルランのために、また山に籠ります。

そんなこんなの九十九里トライアスロンでした。

では・・・。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

ロング・ライド in 鴨川

 
2014/09/14(Sun) Category : ロードバイク
今日は来週のトライアスロンの大会に向けたロング・ライド。

コースは稲毛を出発し≪稲毛→市原→牛久→養老渓谷→勝浦≫の折り返しピストン。
距離にすると約160キロのツーリングだ。

そして、今日はゲストで高校の同級で同じ業界で働く友人と。

それでは早速

  ゴー!!



暫く国道16号線を木更津方面へと下ると市原に。

そこから左折をし内陸に入ると大多喜(養老渓谷)へと入って行く。

大多喜へと入ると本格的な山岳コースだ。



途中の養老渓谷駅で暫しの休憩。

養老渓谷駅

ここから目的地である鴨川までは、市原からここまでの距離と同じくらい走る。



漸く鴨川に着きました。

友人も僕もヘロヘロ。

ここで海の幸を死ぬほど食べたよ。

鴨川の食堂 (1)

友人は丼物と丼物のダブル丼物。

「おいおい、いくらなんでも食い過ぎだろ」



そして、また来た道(山岳)を引き返し、約160キロのツーリングを終える。

時間にして約10時間。

コースはこんな感じ。

ルート

いやー、友人と走る千葉の山岳は疲れたけど、やっぱり気持ちの良いものだ。

よし
これで来週のトライアスロンの準備はOK!

それでは皆さん。

今週も張り切って行きましょう!



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

南アルプス・リベンジ

 
2014/09/06(Sat) Category : トレイルラン
またまた南アルプスにやって参りました。

実は今日、本来であれば「佐渡国際トライアスロン」参加の予定でしたが、ある事情により参加を見送ることにしました。

よって、近場である南アルプス・トレランとなった次第でございます。

今日は家内の働く職場の仲間達、僕と家内合わせて四人での鳳凰三山トレイルランです。

本日は早い組と遅い組との2班で分かれてのアタック。

それでは早速。


トレイルに入るや森林の香りが。

1409061.jpg

木々と土が織りなす香りは、今まで溜まったストレスを一発で発散させてくれる。



前日の天気予報では曇りとあったが、現場は雲一つない快晴だ。

1409062 (1)

森の中にいても汗が止めどもなく流れる。



約3時間半を掛けて鳳凰山の丘陵に到達。

見て下さい。
向かいに聳え立つ見事なまでの「北岳」を!!

1409063.jpg


北岳を正面に左を見ると!?

こ雲海の上に顔を出す、これまた見事な富士山。

1409064.jpg

まさに絶景かな!


それでは今日は前回に行けなかった地蔵ヶ岳まで行ってきますよ~。

1409065.jpg

鳳凰三山丘陵トレイルの始まり始まり~。


途中、走りながらも正面は鳳凰三山の丘陵の景色に、左を見れば北岳、そして右を見れば少し遠くに八ヶ岳と・・・。
このロケーションの中をトレイルラン。
もう、これ以上の贅沢はない。



そして、薬師岳から約1時間掛けて地蔵ヶ岳に到着。

1409066.jpg

周りの景色とは裏腹に、何だか不気味な雰囲気が漂ってます。

ここは昔からある霊場で、この沢山のお地蔵さんは「子授け地蔵」らしいです。

折角なので、この「賽の河原」の地蔵にまつわるお話を。
〈引用文〉----------------
鳳凰三山地蔵岳と赤抜沢ノ頭の鞍部の砂礫地を賽の河原と呼ぶ。賽の河原には、朝になると沢山の子供の足跡が出来るという。 子供の欲しい夫婦が沢山並んでいる石地蔵「子授け地蔵」の一体を持ち帰り、家に祀っておくと子宝に恵まれるという。子供が授かったらそのお礼に石地蔵を二体にして賽の河原に返すという風習があった。一時は100体を超える石地蔵があったと言われているが、こうした風習も廃れていた。しかし近年になり復活したという。
------------------------

賽の河原から真横には通称「オベリスク」がある。
あの尖った岩ですが、小さく見えますが実際はバカデカく、岩の下までは少し上らなくてならない。

1409067.jpg

そして、あの岩の裏側までトラバースすると鎖場があり、そこを伝ってオベリスクの天辺に行けるらしい。

一応、チャレンジしてみたが・・・。

無理、危険すぎたよ(汗)



とりあえずオベリスクの真下で休憩。

14009068.jpg

おそらく生涯で5本の指に入るであろう贅沢な休憩だ。




最高の景色を惜しみも下山に入る。

下山は家内に相談をし、僕一人で下山することに。

自分の練習をしたいからね。

そして下山。

1409069.jpg

この日、往復で約28キロを10時間掛けてタップリとリフレッシュしました。

いやー、最高の週末でした!

そんなこんなの南アルプス・トレイランニングでした。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード