プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

スポンサーサイト

 
--/--/--(--) Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
Comment  |  Trackback
 
 

痛恨のポカミス!

 
2014/06/30(Mon) Category : トライアスロン
週末は「若潮トライアスロン」通称“タテトラ”の日、のはずでした。

トライアスロン・オリンピックディスタンスのメッカである千葉の数ある大会は殆どをコンプリートしてきましたが、このタテトラだけは未だ不参加でしたので、今回の大会出場は本当に楽しみにしていた大会でした。

前夜に全ての準備を終えて最終確認のため案内ハガキを片手にソファーに腰を下ろす。

はがき

フムフム。

すると・・・

ムム!? 

え!?

これ、まさか!?

はがき2

何と!

前日受付が義務となっとるではないか~!!!!


僕としたことが。

僕の経験上、オリンピックディスタンス競技は「横浜トライアスロン」のような国際規模の大会を除いては全て当日受付。

よって、今大会もその先入観で当日受付だと決めつけていたのだった。

前日受付の理由は、競技場所が自衛隊基地内という超機密施設で行われるため、数々の禁止行為の説明がある為とのこと。

言われてみればその通りだな。



しかし、何という愚かなミス!

参加費が無駄になったのもショックだが、何よりもショックなのは今年はサボっていたトライアスリートの体を取り戻すための大事な一戦であると同時に、来週に控えているメインレースの「北丹沢山岳耐久レース」の最終追い込み練習でもあったのだから、これを逃しなのは本当に悔しい、と言うか痛い!

しかもポカミスで・・・。



仕方ない。

気を取り直して、最終追い込みのプランを組みなおそう。

北タン630

来週は命懸けの「北丹沢」だ。

何が何でもタイムを更新せねばならんからね。


とりあえずジムに行って神頼み。

神頼み

遅ればせながらですが、これからは案内は前もって事前に読むことにしよう。

以上(笑)




スポンサーサイト
 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

チャジョンゴ・チング(チーム名)焼き肉ツーリング

 
2014/06/15(Sun) Category : ロードバイク
今日は“※チャジョンゴ・チング”の焼き肉ツーリング。

片道約45キロ、往復90キロの軽めのツーリング。

メンバーは実業団レベルの人もいれば、始めたばかりの初心者もいます。

道中はそんな初心者のマシン・トラブルにも下の写真のように丁寧に対応します。

道中
※ソンテのマシン・トラブルにて(笑)


目的地の「ゆうパークおごせ」に到着。

ここはBBQ場がありお肉も注文できます。

BBQ1.jpg


美味しいお肉とノンアルコール・ビールを片手にアスリート話に花が咲きます。

BBQ2.jpg


この日にテーマは

「アスリートになりたければ“スイッチ”を入れろ!」

「“スイッチ”を入れたければ四の五の言わずに先ずは大会に出てみること!」

でした。

BBQ3.jpg

人は出来ない理由はいくらでも作れる。
キリが無いほど・・・。

要は本人がやりたいかどうか。

BBQ4.jpg

そんなテーマでの会話がなされるんです。

只のオヤジ達のBBQではないですね(笑)

あっ、そうそう。

只今、チャジョンゴ・チングでは女性アスリート、又はアスリート志願者を募集しております。

勿論、男性もね!

未だまだ眠ったままの潜在能力を呼び覚ませ、これからの仕事も私生活もより良い物にして行きましょう!


(※)~在日コリンアンの自転車を愛する者達による自転車チーム




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

異世界の飲み会

 
2014/06/10(Tue) Category : 日記
今日は異業種交流会!?

いえいえ、そうではなくてプロレス・ファン交流会です。

市屋集合

え!?

実は僕はプロレス・ファンかって?

実は全くの素人、と言うよりファンではありません(笑)

確かに格闘技は一時物凄くのめり込みましたが、プロレスのファンではないのです。

しかし、今日この場におられる“安生洋二”さんという選手は僕が以前、本当に大好きだった格闘家の一人で、友人である三州さんの計らいでこの場にお招き頂き、参加することと相成りました。

このお方がそうです。

安生さんと

類まれな格闘センスもさることながら
場の盛り上げ方も上手なエンターティナーでもあった。

そんな安生選手を僕は本当に好きでして、この日のも余所では言えない裏話や逸話、爆笑トークも連発で正に
“安生劇場”でした。

裏話中

マニアックなプロレスの話は殆ど付いて行けなかったですが、それはそれで新鮮で何とも言えない経験でした。

本当に楽しい一時でした。


安生さんのファイト・スタイルを見たい方は下をクリック。

安生洋二VS田村潔司のファイト



 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

2014幕張チャレンジ・トライアスロン

 
2014/06/09(Mon) Category : トライアスロン
さーて、今日は地元幕張で開催される
「幕張チャレンジ・トライアスロン」の日。

この日は友人であるKさん、Tさん、Sさんも参戦する。
しかも、Kさんはこれがトライアスロンのデビュー戦になる大事な大会だ。

しかし、ここ連日の悪天候の関係でトライアスロンの予定が
ビーチラン500m + ロードレース5000mとなった。
※因みに本来はこんな大会
2012幕張チャレトラ

可なり残念ではあるが、ここは気持ちを切り替えて楽しく、そして全力で取り掛かろうと自身に言い聞かせる。

それでは4人のオヤジ、行っきまーす!
集合幕張

志賀さん


あ、そうそう。

Tさんのジュニアも行っきまーす!

田中さんジュニア1
※因みにジュニアの部は
ビーチラン250m+バイク+ラン。


5,500mの全力疾走自体、久しぶりだが
これはこれで疲れるよ。

先ずは僕がゴール!

その次に“西のアイアンマン”こと

Tさんがゴール!

田中さん



続いてトライアスロン、デビューの予定であった

Kさんがゴール!

そんて



30代の部で一人で戦っていた、成長著しい

Sさんがゴール!

志賀さんゴール



そして、この日

最も大人達に感動と勇気を与えてくれた

TさんジュニアのY君がゴール!

田中Jr

そしてY君はなんと!
年代別1位を受賞しました。

ジュニア表彰


今日は悪天候ということで、可なりのコース変更となり残念な結果にはなりましが、その代わりに田中さんの息子さんを含めたジュニアの部で、沢山の感動と気付きを子供達から頂いたオヤジ達でした。


サービス・ショット

田中さん親子





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

柴又100K 

 
2014/06/01(Sun) Category : マラソン
今日、コンプリートするのはウルトラ・マラソンである柴又100K。

今日は32度まで気温があがるらしいので、先ず間違いなく終盤は身も心もボロ雑巾になっているんだろうな~(笑)

柴又スタート前1

それでは、そんな不安を抱えながら、もう既に暑い中


       スタート!


この写真は何でしょう?

「ほら、来いよ日差しども!」
とでも言っているんでしょうかね(笑)

柴又2

因みに豆知識ですが
俗に言うウルトラ・マラソンは100K超のマラソンを言う。
そしてウルトラ・トレイルランは70K超のトレイルランを言うのです。

因みに今回僕はこのウルトラ・マラソンは初体験です。

それと、これまた因みにですが、僕は過去UTMBとUTMFのどちらも完走しております。
どちらも160K超です。

だったら平地の100Kなんて余裕のヨっちゃんだろう?

いえいえ、違います。

例えそれが平地であっても“アスファルト”は辛いんです。



それではレース運びと共にそれを解説しますね。

僕は今まで何度も真夏のレースには参加して来ました。

32度の気温の中、江戸川の河川敷を走って直ぐに気付いたのですが、山には森がる。
ですから必然的に木陰の中を走るのですが、これは違う。
常に直射日光を浴びなければならない。

この写真は約60キロ地点だが

柴又倒れる寸前

もう、我慢の限界。

陸橋の下の日陰へと急ぎ休憩!?
いやいや、打っ倒れたと言った方が正解だ。

柴又倒れる

ここまで何とか5キロを38分で走って来たが、ここからはもうランナーとはとても言えないペースだったよ。

そうさな~、5キロを50分だったよ。
本当に。

ウルトラ・マラソンを体験して思ったのはもう一つ。
トレイルランは実は誤魔化しが利く。

その理由は平地、登り、急な登り、下り、急な下りとで使う筋肉が微妙に違うことだ。
微妙に違うから同じ部位の筋肉だけを虐めることはない。

しかし、このウルトラはマラソンゆえに平地だけを走る。
そう、同じ部位の筋肉を徹底的に虐められるって訳だ。


100Kを舐めてました。

スタート前の予想以上のボロボロ雑巾で会場へと戻ってきました。

柴又ゴール前


そして、漸くの

        ゴール!

柴又ゴール



これが完走メダル。

嫁のメダルも


あ、そうそう。
100Kの部とそれ以外に60Kの部があるのですが、嫁が60Kの部を無事完走したらしいです。

あいつも頑張ったな~。





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。