プロフィール
 

おっさんガッツ

Author:おっさんガッツ
1971年誕生/在日コリアン3世/2児のパパ/サラリーマン/
心身鍛錬のため始めたマラソン。
ですが突如トライアスロンに目覚める。
目指せ!
バッド・ウォーター!

 
本番への道!
 

青梅30k

 
訪問ゲスト数
 
 
カテゴリー
最近の記事
最近のトラックバック
 
 

UTMF (ウルトラトレイル・マウントフジ)169K

 
2014/04/27(Sun) Category : トレイルラン
さーて、とうとうこの日がやって参りました。
去年のUTMBに続いての2度目のスーパーウルトラ・トレイルラン。
UTMF出陣の日です。

コースはこのように富士山の周りの山々をグルッと一周して帰ってきます。

地図1

高低差はこんな感じ。

地図②

去年のコースの距離が変更され、161Kから169キロになりました。



見て下さい。
受付会場はご覧の通りのスーパーランナーでごった返す。

UTMF3



今日の僕の出陣ウェアはこ~な感じで、胸には統一平和を願った「統一国旗」と、そのイメージカラーをそのまま全身で表してみました。

UTMF4


いよいよ、スタートのカウントダウンが始まりました。

UT5

流石にドキドキするなー。


それでは

満を持しての


      スタート!


それでは生きて帰って来ますね~。

先ずは舗装路を数キロ走りトレイルへと向かう。

UT6

結構、精神的にユトリがなかったせいか、今回の写真の数は可なりの少なめです。


30キロ地点のエイドに到着。

UT7


エイドでは長居は無用で、数々のエイドでの滞在時間が長いと、それの積み重ねが後々のタイムロスに繋がってくるのだ。

さて、先を急ぐぞ。

UT8

ここから一気に気温が下がる。

5月の富士は当然のことならが寒い。

UT10


40キロ地点のエイドへ到着。

UT9

最近、もう珍しくないのだが、この辺りから胃の調子が悪くなりはじめる。
パンもお菓子もバナナも胃が受け付けない。

そんな調子で何とか初日目の朝を迎えた。

UT11

実はこの日は予想もしなかった出来事が・・・。
想像以上に早い段階で睡魔に襲われたのだ。
右にフラフラ、左にフラフラ、そしてたまに逆流性胃炎で嘔吐する。
これの繰り返しだ。


そして、約100キロ地点となる中学校エイドに到着。

UT12

ここへ着いても相変わらず何も胃に入れることが出来ない。
でも、そんな事はどうでも良かった。

とにかく早く寝たかった。
時間のロスに繋がるが、迷いはなかった。
我慢できずにこのエイドで仮眠を取る。

UT13

どれぐらい寝たんだろう。
嫁に起こされてみると胃の調子が若干だが戻っている。
急いで富士宮焼きソバとお汁粉を胃にぶち込む。

途中、もう一度手荷物検査を済ませ競技開始。

UT14



既に100キロを超えてくると登りも下りも殆ど歩きの、平地さえも時速6キロぐらいでしか走れない。

しかし、ここからが本大会最大の難所である「天子三山」だ。

UT15

これでもか!これでもか!

と試練を与えるがごとしに設定された難コース。

UT16


漸くこの山のピークを過ぎたのは、ご覧の通りの夜になってだ。

UT17

この毛無し山も大変な思いをして下る。



そして、麓エイドへ到着。

ここでも迷わず仮眠室へ駆け込み

寝た。

UT18

この時点で自身の目標タイムには遠く及ばず、何処かで僕の中のスイッチが切れてしまったようだ。
ここでは何と40分も寝てしまったのだ。

でも、気持ち良かった~。


でもね、これが何度仮眠を取っても後からあとから睡魔が襲ってくるんだよ。

そして、また次のエイドでも

寝る。

終盤エイド

実はこの上の写真の時、頭の中では

「あ~気持ち悪り~」

「もう二度と出んぞ~」

「リタイヤしようかな~」

と何度も繰り返していたのであった。




二日目の朝を迎える。

この二日間で初めて綺麗に見えた

雲海に浮かぶ富士。

UT19


エイドも最終エイドに到着。

ここからゴールまでは残り11キロだ。

UT20



何とか麓まで下って目の前胃には綺麗な河口湖湖畔に出る。

残り3キロでゴールだ。

河口湖1

スタート会場の賑やかな騒音が聞こえる。

河口湖2



沢山の村人達や既に走り終えているランナーの声援の中を何とも言えない嬉しい気持ちで潜り抜け。

無事




      ゴール!

そして、長く辛く楽しいUTMFの旅が終了した。

ゴール後 (1)

タイムは45時間

目標タイムの35時間台には程遠いが

ま、これが今の僕の実力だろう。

しかし、このウルトラトレイルは本当に自分が試される大会であり、一段階強くもなれる大会だ。

終わってみればの感想だが

また来年もエントリーしたいと思う。

そんなこんなのUTMFでした。

ウルトラ・トレイル、最高ー!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

会社で初の「女子会!」

 
2014/04/21(Mon) Category : 会社
今日は何と!

会社始まって以来の

初の「女・子・会!」

嬉しくて、気になって、参加したくて

熟慮に熟慮を重ねた結果、
記念すべき第1回目という事なので
「女子会」ですが
男性である僕も参加させて頂きました(笑)

女子会1

今日はそんな女子会の中でもお姉さん分のOさんの誕生日会も兼ねていたので、勤務地のスタッフからのサプライズ色紙のプレゼント。

女子会3

Oさん、感激のあまり嬉し涙する。




いやー、色々と話を聴いて、話も出来て


本っ当~に楽しい一時でした!

女子会2

女性は会社の宝です。

これからも頑張って行きましょうね~!


あ、そうそう。

次からは参加は控えますね。

「女子会」ですから(笑)




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

第6回 東丹沢トレイルラン(UTMFまで残り5日)

 
2014/04/20(Sun) Category : トレイルラン
さて、本日は夫婦でトレイルin東丹沢トレイルラン。
僕にとってはUTMFのための最終調整、嫁にとってはドキドキのメインレース。

スタート前に岩切のアニキと。

今日はなんと嫁の勤め先の同僚の女性1人と男性2人の計3人も参加。
内2人の初級者と嫁の3人の伴走を努める事となった。

今日は結構な寒さです。

前

東丹沢レースの距離は32キロ。

では張り切っての

スタート



     スタート!

序盤1



序盤はお約束の約10キロの舗装路が続く。

なのでお三方はの表情には未だ笑顔がこぼれる。

序盤2
※(写真一番左の青の女性、真ん中の緑が嫁、手前の赤の男性が同僚)



向こうまでコースは伸びておりますね。

第1関門まではマダマダ舗装路は続きますよ~!

序盤3



漸く第1関門に到着。

第1関門

ここから本格トレイルに突入する訳です。


突如と現れるガレ群。

中盤1




少々幅のある小川も渡る。

中盤2



すると目の前には丹沢名物の激坂が。

中盤3

ここからグングンと標高を上げると同時に息も荒くなる。




すると突然辺りが霧で覆われる。

中盤4

これを機に一気に気温も下がって行く。



すると冷たい雨が降り、それが最後にはミゾレへと変わって行った。

見て下さい。
残雪??


中盤5

流石に初級者のペースで体も温まらないので僕の体温も急降下し、タマらずリュックからゲルを取り出し袖を通す。



今大会のピークである姫次に

この笹の群生地のコースを抜ければ、後は下り基調だ。

中盤6

ここからの下りは路面は泥んこ状態で本当リスキーだった。
仲間もコケて僕もコケた(笑)



その難所を何とか抜け出す。

中盤7



そして、漸く第2関門へ到着。

第2関門

制限時間は残り20分のギリギリの通過タイムであった。



さぁ、ここからはゴールまでは舗装路だ。

と、思いきや!?

何と最後の最後に激坂が!!

終盤1

今年から新たに追加されたコースなのか?

ここで一同、心が一気に折れる(笑)



峠から見る麓の残り桜の何とも綺麗な景色。

終盤2



さー、残り3キロの標識がありましたよ~。

皆さん、後もう一息!

終盤3



ゴールの待つ会場が見えて来ました~。

終盤4



そして



      ゴール!

ゴール

最後は同僚と一緒に一枚。

初心者なのにデビューが30キロは本当に良く頑張りました。

嫁も頑張った。

後は来週、俺が頑張る番だ!



それでは

そんなこんなの東丹沢トレイルランでした。




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

社内セミナー第3弾 「計数&機械調整」

 
2014/04/17(Thu) Category : 会社
さて、弊社の今年のテーマである「学ぶ、教える」の文化を育むのシリーズがまたまた始まりました。

今回はその第3弾

「第一回 パチンコ計数&機械調整」について。

講師を務めるのは弊社のF課長。

社内1

皆さん、数字になると本当に眉間にシワを寄せます(笑)

無理もありません、このような研修をするのは実は数年ぶりなのですから。





しかし、数字も“慣れ”なのです。

そんな彼ら彼女らに分り易くセミナーを進めるF課長。

社内2

中々、宜しいじゃないですか~(感心)





難しいことでも、新しい物を学ぶ時の彼らを見ていると、険しい顔をしながらも何処か楽しげな、夢中な表情を垣間見ることが出来る。

学ぶこと、新たな知識が増えるってモチベーション向上に繋がるし幸せなことなんだよね~。

社内3

それと、強い組織ってのは実は数字にも強い。

社員一人ひとりがサービスも大事だが数字にも強くなくてならない。

正に「文武両道」が大事。


そして、僕達も確実かつ着実に組織を強くして行きましょう!





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

教え子からの大好物

 
2014/04/14(Mon) Category : 日記
先日、出勤すると僕のデスクの上に何やら小包が・・・。

小包



開けてみると

なんと!?

僕の大好きな“イカめし”だ!

イカメシ



送り主は先週千葉に遊びに来た、元教え子から。



彼は神奈川出身でありながら、遠く北海道は長万部で責任ある職に就き、日々職務を全うしており、向こうでは妻子もいる。

いかめし


ありがとう

ヨンイン!


そして、頑張れよ!





 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

またまた陣馬へ (UTMFまで後13日)

 
2014/04/12(Sat) Category : トレイルラン

既に「UTMF」まで残すところ2週間を切った。

と言うことなので今週末も陣馬山へ殴り込み!


今回は家内もトレーニングに参戦。


先ずは陣馬高原入口からの登山道から頂上手前までの激坂を3往復。

陣馬口1

脚力は何とか大丈夫だが、やはり心拍数上昇がキツイ!



そんな僕に触発されたのか、何故か家内も2往復。

嫁

家内の2往復目は一般の登山客とペース変わらず(笑)

まぁ、でも自ら2往復するとは大したもんだ。




今日の陣馬山山頂からは見事なまでの富士山が一望できる。

再来週はあの日本一の山をぐるっと一周するよ。

富士さん

さー、このまま景信山まで走って小仏バス停から高尾駅まで走って行くよ~!






 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

シーズン到来 約1年半ぶりのスイム

 
2014/04/11(Fri) Category : トライアスロン
トライアスロン・シーズン到来!

昨年のUTMB出場とその練習のため少し離れ気味であったトライアスロンだが今年からまた始めようかと考えている。

てな訳で、約1年半ぶりとなるスイムの練習。

スイム

僕の大嫌いなスイムだ。

そんな初日目の練習は300mしか泳げなかった。

と言うか、フォームが全然ダメ。

初心者に戻っているよ・・・。


頑張ろう!




 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
 

「小さな鈴の音」活動の韓国チーム・ミーティング

 
2014/04/06(Sun) Category : 日記
さて、先日は「小さな鈴の音プロジェクト」日本チームの定例ミーティングが開催され、色々な意見を交換と意思確認が出来た、そんな有意義な場となりました。

今回は共に盲人砂漠マラソンに挑戦する“韓国チーム”との初となるミーティングだ。

皆さんの職業はというと現役弁護士主婦、現役内科医、元特殊部隊出身の現役警察官とこちらも日本チーム負けず劣らずの錚々たるメンバーだ。

そして、盲人のランナーは何と何と、韓国では数々の前人未到のチャレンジを成し遂げた伝説のランナーだ。
※(韓国初の盲人ランナー、フルマラソン225回完走、100K200K数十回完走、盲人ランナー代表で朝鮮※北朝鮮にも2度訪朝)



満を持してミーティングが始まる。

早速、プロジェクトの説明と意義、今後の合同トレーニングの日程がプレゼンされる。

sabaku.jpg




皆さん、真剣な面持ちでプレゼンを聴く。

説明1



質疑応答も活発に飛び交う。

説明2




ミーティングも無事に終了し、ここに集まった皆が競技前にも関わらず意気投合し結束力を高める。

韓国チーム


本当に短い時間でしたが、競技前にも関わらず既にファミリーになる。





その他にも「21世紀財団」理事長の今野さんのお力添えで“ソウル大学、元副総長”の方や“人間開発研究所”の会長等々、韓国では物凄い人達です。

人間開発会長



今回は思いもよらない経験もした。

伝説の盲人ランナーとそのご婦人(盲人)とを連れて三人で食事に。

盲導犬デビュー

食事をしながらの会話の内容だが、伝説のランナーは何とフルマラソンのベスト・タイムが2時間45分。
しかも年齢は50代ですよ。

そして、40代の体もガッチリした健常者(僕)が年上の盲人ランナーに

「3時間を切るにはどういった練習をすれば良いんですか?」

と指南を煽いでいるんだから笑える。

本当に障害者だから弱いとかハンディーがあるとか、又は少しもそれを物ともせずに強く生きるのは、本人の気の持ちようによって、どちらにも成れると痛感しました。

その他に受けた指南は
「タイムへの挑戦よりも、如何に60歳、70歳を過ぎてもマラソンを続けられるかを追求し、それに向けた練習をすることが大事だ」とか

「時間が無いは言い訳だ」※(これは弁護士の主婦も警察官も言っていた)等々、幾つかの良い話を聴きました。




さー、お次は7月に初の日韓チーム合同のトレーニング合宿を富士山で行われます。

その日が本当に楽しみでしょうがない。

あ、そうそう。

盲人ランナーも伴走者も韓国人は本当に良くお酒を飲まれます。

だから合宿当日は“ウコン”も沢山もって行かなくてはね(笑)

しかし、この三日間は本当に有意義で楽しい一時でした。

改めてこのプロジェクトにチームの一員として携われることを幸せに感じております。

このプロジェクトに関わる全ての人に感謝です。


------------------
【番外編】

この期間、本当に上手いもの食いました。

韓国人のアスリートは酒も好きだがグルメも多い。

この2泊3日の間に頂いた料理の数々。


太刀魚の激辛鍋。

グルメ1

ウ~ン!! 美味い!




こちらは薬草をふんだんに使った薬草料理。

グルメ2

ク~!! これも美味い!  




こちらはホルモン焼き。

グルメ3

うう・・・、これは70点。

でも雰囲気で90点!





こちらは石焼の上でのご飯炒め。

グルメ4

これもグッド!




最後はイカのチョンジュ・ピビンバ。

グルメ5

これも一本!




この期間、こんなに食べて運動はゼロ。

案の定、3キロ太ったよ。

嬉し悲しい・・・。







 
コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
 
Home | Top ▲
 
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
 
 
リンク
最近のコメント
月別アーカイブ
ブログ内検索
 
 
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
QRコード
 
QRコード